時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

愛する予感

理論が最後の審判を謳い、折檻された思いが、差異化し、表現を対抗させ、正義を匿うだけに、捉えるべき愛の引き金を引き、貧寒な思いに革命するような、愛こそが、姑息なものを引き払い、自らの正しさに帰宅し、爆砕された思いが、驕傲なものを引き出し、裁かれる観念が謀り、省かれる思念が軽快に跳ね上がり、自らの欺瞞を飛び越え、こじれる思いに執行される罰から、正義は、自らの疑念を超克し、刻々と迫る動機が、自らの標記をへし折り、はびこる悪意を飛び越え、離別するシーンや、断続する痛みや、欺瞞を携え、正義を偽装するだけに、愛に従属する痛みに理解だけが、互いを咎めず、許すだけにゆらぐ価値観から、互いの愛はすれ違い、崩壊させる。理解のみが、互いを協調させ、バランス感覚を謳わず、ただ互いを高め合う。勝者も敗者も無いな、あるのは、感じるままのこころと、澄み渡る空だけで、俗悪な観念や、諦観などを吹き飛ばす。自由すらも超越し、杞憂であるだけの無意味さが身にしみ、苦痛に至る前に自らを昇華させるべき創造を行う、と前衛的にシンクロし、進行する意識は、自らの確かさに高まり、纏まる。マオイストではなく、タオイズムを継承し、泰然的に物事を捉え、儒教を貫通するような、真理を生み出す。大気との付き合い方を海鳥に学び、俗悪で黒々とした雲を突き抜け、あらゆる意味を照らす陽光を浴び、自然に出る行為に、良し悪しなどない。一貫した主義主張などは、自らを喪失させ、物事に偏った考えを生み、凝り固まらずに、自由に思いを広げる。時間を置けば、ケバケバした歴史のようなものが、あたかも認識が深まったように示し、正しくないことも、あたかも正しいことのように示され、問題から、自らを締め出してしまう思考停止した彼女が示す差異に、私は、何かドメスティックな感情が生まれ、ドラスティックな思いに深まる溝の中で感覚は、猥雑な座標を用い、探させるだけの自分などは、自由を奪い合うだけに倒錯する思いが、理論に離間を用い、省かれるだけに至るような教育理論などは、ちぐはぐな制度をそこかしこに導入し、あらゆる考えを喪失させるに至る。この曖昧で平坦な世界に、政府すら要らないなどと、現実との懸隔を埋めよう、と現実逃避し、悲観するだけに媒介させるペシミズムが、オーガズムを求め、悲観するほどに快楽は増す的なシステムに情緒すら無く、常道を歩かず、邪推ばかりするすれ違いばかりの関係や、景観を損なう的な猥談や、緩和しない思いが膠着し、あらゆる原理に関与し、一貫性を失い、金科玉条とされるものに反し、関するすべては、緩和を求めるように孤立していく思いが、偶像崇拝ばかりを繰り返し、復縁を求める世紀が、観点を喪失し、要する過程に導く由縁から印象にとろけ、倦怠感を伝え、陰惨な思いが込み上げ、規制される事に抑止させる自らは、解体されるだけの規制から、批判的に背反する動機が錯誤し、混沌としていく翳りから、兼用される疑問から、偶像崇拝は始まり、とどめる思いが戸惑いを生み、欺瞞を生み出す事柄に、ことごとくにはびこる悪意から受理される理由から、世紀的な悪意が生み出され、打算されるだけに禁止される物事から、可能性を損ない、安易な抑圧は、暴走を生み、制御不能に陥り、横溢する思いがちぐはぐになり、はびこる思いがこぼれる限りに周囲にも侵攻し、浸透する悪意に転じ、差別的に転換される理由に応じる行為から順序を生み出すだけに齟齬する思いがロジカルに提示されるだけの動機に投棄されるだけの物事から、カラクリは生まれ、関わるほどにせばまる思いが、センチメンタリズムを生み出し、知性を失い、奪い合う動機から、空疎な理由が受理する魂胆から、拘束されるだけの原理から攪拌される半径から、軽薄なものを疎外させ、外観に携える思いを紐解き、発芽する動機や道理が導く要因から、束縛される今から、アメリカナイズされるだけの道理から風化していく純粋なものが疎外され、些細な思いから、横暴な動機に速度を与え、暗喩的に相続させる思いから教則を生み出し、運命的にほどこされる思いから、収束していく余韻から、確かな感覚だけが、表現を確かなものに変え、関与する思いに交互し、相違する意味から、交錯する時折に様々な思惑から、応じる答えのことごとくからかけ離れ、自らに帰り着くまで、徹底して向き合う事に妨げは生まれず、たたずまいにそびえる確かな思いが、浅はかなものに支配されぬように、自らに帰り着き、安閑にひしめく不具合に生じる高貴さだけが、高次に至らず、ただ差別的に卑下するだけに至らせ、見下すだけに至るような妥当さなどが、距離感を携え、妨げる思いが、応じる答えが誠実を伝え、正義に疑念を伝えずに、成否を乗り越え、こじれるだけの意味からかけ離れ、ないがしろにされる前に、劇的な進化を遂げ、誰にも咎められずに、自らが高揚する限りに翳らぬ思いが跳躍し、世界を緩和させ、自らの足枷外し、リセットボタンを押す前に、ますます突き進む思いが、疑念を振り払い、自らの誠実さを、自らが信じる時が来たの、だ。