時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

乗り越えるべき意味

携える意思は、永遠を包括するたなごころの上で転がるタナトスや、狡猾な連中が繰り返す愚行などに左右されるだけの思考にていたらくな動機が乱立するだけに、動向はジレンマを抱え、刃向かうほどにめり込む意思は、その場で身動きも取られずに、倒錯し、淘汰されるだけの心身や、指針を失い、自らをかばう事で精一杯なのだ、と抵抗とは、能動的に執り行う儀式的な習慣性を孕むだけに、懶惰な輩が示す差異や、先天的な苦悩を納期するだけのペインや、何ガロンものペシミズムを飲み干す保守的なリベラルが形を生み、運命を個人主義的な衆愚で囲い、感嘆するだけに、イージーな同情ですなどるだけのこころは、いつしか、他人の言葉や文字に振り回され、自ら考える、という意思を失い、ただ流されるだけの主観性や、大衆的な主体性へと制度を移行させ、行為に基づくよりも、どこかに書き込まれていた的な感覚で情報をすなどり、短絡的に情報に支配されるだけの物事に動機を移し、鬱積する思いに蔓延る意思が、簡潔的な関係性に関連性を移し、動向にひれ伏すだけに、観念は、他者に奪われるだけに思考停止するだけに至り、行為は、基づく限りの負荷を現在に与えられ、現れる立場や、今に瓦解する雰囲気に関係性は、皮肉を用い、昏倒する意識に根源を移す事を関わり、と呼び、備蓄される観念に基づくパーソナルな問題は、ただ答えを求めるだけに、用いられる事に疑念を用いず、ただ疑いも無く従うだけに、関係性に跪き、基づく事に従うだけに明け暮れる事こそが、正しいのだ、とされる事に用いるべき抵抗を与えるべく、革命とは、緻密な意思を今に用い、モチーフとされる事にレッテルを貼る前に、鉄槌を下し、蔓延る悪意がジレンマを伝える前夜に浸透する意味が、きっと君に抵抗力を与え、迎合されるだけの観念に快活な動機を与えるべく、物事に動詞を授け、授かる思いが預かるだけの出来事に砕身し続ける孤独の奥底でぐつぐつと煮えたぎる思いが、収斂しては、散漫な安易さや、最たる意味を喪失するだけに相違する出来事に破棄される思いなどを修繕し、確かなものとは、今に相対し、対処されるままに従うだけの従属から離れ、自らの意思からも放たれ、用いられるものを深く洞察する事に、締結せずに、諦観せずに、省かれる限りに限りなく広がる意思だけが、意味を掴み、その意思だけで軽快に飛び、溺れる事無く、驕る事無く、途端に羽ばたく意志だけが、君を跳躍させ、確かな意味を乗り越え、ここに至り、膠着するよりも、撞着し、何かを恨み出す前に、磨くべきは、君の純粋な意思だけであり、それこそが、今を撃ち抜く意思となる。

この数年は、いくつもの死を乗り越えた。死を乗り越えるたびに、死に対する思いの強度が増していく。人間とは、乗り越えるべき、なにものか、と語るのは、ニーチェだが、死とは、乗り越えべきなにものか、と死を重ねるたびに、ダビングされる思いは、真っさらのままで、まとまりもなく、とりとめのない日々でも、その場にとどめるのは、不可能であるし、自らの可能世界に示される真実や、パラドキシカルなことごとくに妨げを生み出す死を乗り越えよう、と必死に生きても追いかけてくる死的な発想を繰り返すニヒリズムなどは、とうの昔に飛び越えたのではあるが、所詮は、その超越とは、自ら認識する自らの死への観念との和解たる超越であり、それは、誰かの死などを含まずして、己が恐るる死への背反たる超越であり、そこに関わる自ら以外の死とは、予想以上の重みを今に与え、歩くことすらままならぬような衝撃を今に与える。死とは、忘れるべきなにものか、でもなく、死とは、引きずるべき、なにものか、でもなく、死との調和こそが、起こる悲しみとの和解を目指し、時間を乗り越え、数々の悲しみを超克した先に、新たな死をも踏まえた思いが強固なものを重ね、数々の死は、何かの犠牲でもなく、ひとやすみでも、生まれ変わるでもなく、その死は、その場で、死として使命を加え、あらゆる疎外を今に加えては、そこかしこになにかを残し、死とは、乗り越えるべき、なにものかである、と深く今に認識させる限りに、その死とは、乗り越えるべき、なにものかであり続ける。死の表面を掬い、はびこる意味からしみわたる死に乱反射する無限性が心因にからまり、偏る思念に従属する死を飛び越え、あらゆる荘厳さを、生命に突き刺す。システムを漁る死が意味合いや近未来に軋轢を加え、システム的な支配から気配は攪拌され、自らに偏る寂れた痛みが爆砕する真理が因子を拘泥し、あらゆる阻害を今に生み出し、座礁した生は、死を乗り越えるために、自らのフォースで、地へ帰還し、同居する意味が気配を攪拌させる死が、意味につまずき、死に包括される前に互換される動機に去り行き、混じり合う思いが敷衍し、羽撃く思いがジレンマを飛び越え、こじれる後から死を捉え、乗り越える思いが死から跳躍し、ゲシュタルト崩壊する放課後に投函されるだけの手紙が死の外に追いやられながら、応じる答えに求める意味などが、愚鈍な台詞を超え、生じる運命に抵抗を加える限りに結い続ける意志だけが、唯一無二なものを創り上げる事に置かれる昇華した主体こそが、死を超克し、創造性へと羽ばたいていく。