時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

分裂的な夜

ためらう夜がゾディアックを歌い上げ、星々が熱情に孕むガンマ線や、胃袋に貫通する聖母の迎合から、永劫回帰していく主体をひるがえすだけの予言が、原生な時間に対立し、空間的に移行していくだけに刻まれる時に反し、かかずらうだけの夜に印象をとろけさせ、嗄声を促す夜光虫たちが、ネオンにぶつかる音が邁進しては、博徒たちが泣き叫ぶ情愛も冷めた原子炉の中で更迭されるだけの意思は、無感情な披瀝を執り行い、ロジカルな静謐に透徹すべき死が印象に統合され、前衛的な生へと昇華し続ける先々に巧緻な意思が、ファイナライズされ、磊落で、不羈奔放なままの意思が、凄艶にとろけ、統合される以前のプリミティブな精神に軽薄な漏洩を伝えずに、卑賤な価値にカタルシスを求め、浪費されるだけの観念に唾棄されるだけの淵源に果てるだけの思いが信仰心を生み出し、ファシズムへと移行するか?はたまたブルジョアな観念が、ジレンマを生み出す劣悪な物事に劣等感を生み出し、省かれるだけの意思が、誠実さを謳い、緩慢な差異をシステムに生み出すだけに惰性な支配が、還元するだけの形有る価値から、リアリズムを喪失するだけの現実に統合されるだけの幻想的な記号や、邂逅し続ける先々に凍てつく移行するだけの永遠に、センチメンタルな落伍者が後続し、諦観ばかりを生み出し、物事に階級制を生み出す限りに平等や自由を謳い、扇動するだけの革命から、戦争的ななれ合いが、退嬰的な国家を偽装するまでの愚行から、数千年の過ちは、歴史を被害妄想で埋め尽くし、運命が利用されるだけの価値観の家畜として、物事の弊害をむさぼるだけの豚として、あるいは、家畜である事にすら気づかぬ者どもの閉鎖的な観念が、生み出す情報という麻薬に依存するだけの存在とは、求められる事に緩衝する対象としての存在を失い、倒錯するだけの観念が唾棄する意味合いに近未来は、均衡を失い、薄い膜に包括され、支配されるだけの異物として自らを分裂的に傍観し、プロテクトされるだけのプロパガンダの犬として、過労し続ける意思は、情報に虐げられ、自らを疲れさせるだけに精彩を欠き、観点を損ない、与えられるだけの情報を餌として、衛生的な意思は損なわれる。

退行し続ける自身が、毒素として、自身に弊害を与え続けるだけの退嬰的な映像に寝込む心理的な朦朧から、盗用されるだけの観念に与えられる外側からの影響に苛立つ慢性的な因子に欠けるだけの性根から、端的な理論は、リロードされるだけに、整然とせずに、たちまちにもたつくだけの思念に相似するだけの出来事に緩和しよう、ともくろむほどに黒く歪む時系列や、時空間に加速していくだけの速度について行かれぬ自身が、自己を喪失し、その場で、事件の藻屑と化するだけに過ちを繰り返す状態に濾過されるべき主体も粛清され、総和を求めるだけに同調するだけのおざなりな意思が制限を生み出し、用いられる状態に受理されることごとくに成果を上げるだけに、知は損なわれ、その場で考えを放棄し、還元される事柄だけに正しさは生まれるのだ、と惰性な答えに緩衝するだけの意味に基づくだけの答えの影を追うだけに兌換される価値が、カタトニーを生み出し、膠着し分裂していく意思は、指定された意味に止まらず、その場の深みにもはまらず、自身の表面で溺れ、中間点を持たずに、ただ揺らぐ自己の表現に理を用いずに、ただ反抗的に反発し合い自己から、心象は損なわれ、分裂的に至るプロットが、あらゆる分岐を隔て、ただその場で分裂的に消費していく加減に指定される義務の傀儡として、指定されるだけの今に基づくだけにもがくほどに、良識有る者になるべきだ、と支配される気配は、居心地だけを求め、遮られるだけの関係に経過していく動機が、愚鈍な答えに効率を求め、安易な答えに基づき、相対する自己から、標記とされるものをまさぐり、勇躍できずに、その場で凍り付くだけのシステムに反さずに、我に反する限りに物事の負荷が迫り、不快感をあらわにし、認識されぬ事までをも信じる限りに対象的なものを持たずに、ただ自己の元で緩衝できずに、分裂し続ける限りに、自らを認めずに、見つめるべき自分を損ない、ただ分断されるだけの領域に最たる意味を見出せずに、退嬰的な問題にかこつけるだけの過去から、枯渇するだけの動機が、油然と湧き続ける思念に邂逅し続ける限りに、退行する自分が生まれ、嵌まり込む間に利己的な支配の経路は生み出され、経過と共に老けるだけの間柄に半径は、快活な動機を損ない、そこに現れる観念が、継続する短絡的な誇大妄想が、酷薄な性状を生み出し、脳幹を妨げるだけの詰まりをそこかしこに生み出す。