時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

偏り

時間との和解を終え、レジスタンスがうごめく象徴的な予感にひしめく年頃の煉獄がきらめく要因に統合されるだけのジレンマに環境的な牢獄へと投函されるだけの手紙が、断続する風景に孤立するだけの交換を繰り返すだけの安易な情理に軋轢を加えるだけに地平線で対立する偶像と、行為に求める言葉との対比から、関連する因子に充満する苦悩が宇宙へと標記されるだけの満ち足りない思いが、緩衝しては、さめざめとした愛に結ばれながら、ほどけぬ思いは、この場で死と永遠を重ね、無数の進路に分け隔てられながら、惰性な思いを抱え、用いる事に満たされぬ思いは、何かをうらやむだけのものに押しやられる思いが、横溢しながら、視点を奪われ、歓喜に居座る動機が、苛烈な収斂を繰り返し、感応する瞬間に真実は朦朧としながら、知識を損ない、生じる由縁に証拠を残すだけに快楽は、端々に永劫を分け与え、端的な理由を詩的なリズムに変えるだけに放出される猟奇的な量子や、観点を損なうだけの思春期の迎合から、無欲恬淡で居て、惰性な思いに欠けるだけの欲望に進路を与えず、きっと未来は、満たないままで汚いものを撥ね除け、有する価値に形を用いる以前に存在とは、とやかく言われる前に、居座るだけの価値に形を残す事により、悲喜交々として、交錯する途端に従属し、従順なものから処刑されるだけに終える生命に起源などを嘯きながら、短絡的な敵意を生み出し、傲岸不遜な理由を固執するだけに我利にひた走り、悲観するだけに機械的な憂鬱に奪われる本質が、憎しみを協調するころには、孤独は速度を増し、そそくさと消え去るだけにごまかす思いが、証拠を求め、軽薄な理由に生じる理由に求められる答えに偏るだけに勝ち誇る意味から緻密な動機は、散漫な思いを携え、生じる由縁に固執するだけに退廃しながら、端々に伸ばされる思いは、屈折したものを重ね、鬱々としながら、しなびた思いに恒常性を求め、相互交換される意識が、普遍性を謳い、物事を瓦解させるころには、果敢に挑むという精神は奪われ、状態に補足されるだけの理由に従属し、安心安全という神話を促し、騙されるという快楽に至り、原理を損ない、損なう途端に奪われる原理が、オーバーヒートし、破裂する頭から、こぼれる残存するだけの本心が、流動する刹那にぶつかり、混同する意識に近接する思いが、今を引きずるだけに至る。

物事の自由さを発信するほどに、用いる自由により、拘束される、という幼稚なギミックに散漫な思いは、硬質な論理を用いずに、ただ配置されるだけの意味に些細な動機を攪拌させ、監視下に置かれながら、王道を歩き、端的な支配に仰仰しい言葉を並べ、短絡的な予感に交換されるだけの口実に行為を引き取らせながら、幸せなどを謳い、引き込む思いに蔓延る自意識過剰な思いが諦観を誘い、強調される物事に抵抗せずに、受け入れるだけに安易な価値を生み出し、関係性に損なわれるだけの善意的なモノクロームな思いが、至純なこころを歌い上げ、懸命に生きる事により、軽減されぬ痛みにも耐えるような孤独こそが、君の軋轢を阻害し、こころもとない物事に文言を与えるよりも、門前払いされるだけにあたふたする空虚な身体を折り重ね、その空虚を増長させるだけのお遊びに転換されるだけの円環をめぐるよりも、この行いが永遠であるべく、蓄える事柄に何も求めずに、用いられる事柄に高じるよりも、生じる由縁をただ愛する事を覚える事により、応じる答えは、永遠性を持ち、保つべきは、今に至る痛みに蔓延る十全とした思いに重ねる問いが、よりよい考えを生み、よりよいものを生み出す事にだけ、答えは、退行せずに、構築されただけの形式に反し、関する物事に対して確かな答えを産もう、と行う事にだけ、正しさは宿り、何事にも示唆されずに、促されるだけの情報に瓦解せずに、果敢に挑む姿勢だけが、達観する現在に淡々とした問いにシステム的な何かを交わらせる以前に問いただす事をはじめ、蔓延る悪意に沈積するだけの思いの滞留物を押し流すような美徳を謳う輩が生み出す倫理や道徳こそが、自分本位なものを生み出し、犬儒的なアンニュイさが、物事に差額を与え、支払いを強制するだけの法則が拘束するだけの規律にこそ、自由を奪うものが捏造され、奪うというものが、自由を利用し、何かを暴力的なもので孤立させるだけに、ことごとくは、孤独になるほどに、過激なものに陥り、偏る思念は、孤独を抱え込み、こみ上げる思いは、孤独なままに暴力的な思想に陥るだけに陰る本質が、舐めずる意識に根幹は無く、ただ魂胆だけが、暗澹としたものを抱え、混濁した意識は、ただ暗鬱としたものに成り代わり、ただ惰性なものを抱え、退廃した意識は、ただ過激なものへと偏り続ける。