時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

聳立

妨げられぬ思いから生まれる高揚感が、全貌を包む。絶望に阻害される事無く、満喫する瞬間に固定観念が生み出される以前に出し抜く思いが、強調される意味を突きぬけ、ちぐはぐで、他人行儀な身体が浪費するだけの栄養が、永劫に続くような感覚だけが、想定される物事に置いて行かれず、用いるとは、創造だけに存在する観点にぶつかり、あらゆる物事を創造的に捉える事だけが、満足などを超越し、紊乱な思いを超克し、快楽に押しやられずに、今に結ばれる観念だけが、疎外されずに、超越を繰り返し、兌換される観念に反し、価値をひるがえし、邪推するだけの人混みを飛び越え、重用される物事の至福などに結ばれず、高揚するだけに、果敢に挑む事に生まれる征服欲に反し、起伏に生まれる無数のジェラシーや、ルサンチマンから抜け出し、空回りしても尚、孤独であろうが、この今に耐えよう、とする限りに、途端に生まれる絶望とは、愚行を重ね、交互する君との意味が、距離を携え、今に難癖を付け、つたない意味に発信される情報を常用する限りに、依存的に捉える物事の従者として、隷従するだけに至る情報に咎められ、途端に配されるものの規律に支配されるだけの従順さだけが、物事との差額や、苦痛を支払うだけの体系に発揮されるだけの事柄に往復する思いが、応用する事柄に消去法的に疎外され、損得勘定で、義理人情を謳い、同情的に増長する意味が、異端的なものを監査に加え、空洞化するジレンマから、時代的に転移する痛みに分裂する疎外感から、孤立するだけの恐怖に打算される進路や、シンドロームに至るまでの軌跡に短絡的な思いが交互し、嫌悪感をため込み、たじろぐ思いが収容されるだけの自堕落な差異から、簡易な出来事に悪化していくだけのデータ的な還元から、加算される原理にゲリラ化していく仮死化した意味合いに既読されるだけの情報から、重要なものだけを抜き取り、提示するプロパガンダへと貧寒な意思が妨げる今にシャットダウンされるこころに内服薬を配るべく、ベクトルを転換される物事に重要な季語との結ぼれや、蔓延る悪意との戦争や、ゲノムとの対立や、胎教ひしめく孤独な母胎との対決や、ガンマ線ひしめく宇宙の終わりとの競争や、還元される永遠に捕縛されるだけの譲与されるだけの自由との決別や、権限を用い、裁くだけの輩が支配するだけの情理に基づく規律の退廃や、還元される価値に簡単な理由が領土を奪い、失われた思いを引き裂き、この思いが、事なきを得るだけに、観点は、疎外されるだけの物事に相互交換されるだけのついて回る論理から、知性は咎められ、途端に追いやられるだけの意味に郷土などを求め、魯鈍に求める場所に痴愚を重ね、知が封建を謳う限りに、議論は、欺瞞を携え、官僚主導でもくろむ生きる事の呪縛が生むシステムに追いやられ、横溢する瞬間に傲岸不遜な私欲がむさぼる動機に、無知な思いが狂奔するだけの偶像崇拝的な卑賤な価値から、カタストロフを生み出すロジカルな痛みから、浪費される観念は、汚物たる金銭を追うだけに快楽を使い分ける傀儡として、指定される義務に生み出される快楽の階段を登る事だけに安易な支配を受け入れ、迎合されるだけの資本主義的な衆愚に操作されるだけのプロレタリアが用いるニヒリズムに疎外される事から、肯定すべき資本主義的な意味合いも、君の未来を奪うだけの傀儡政治が、懐疑的な転換を続け、ただ立場を守ろう、と咎めるだけの互いとの距離感を埋めるだけの喧噪から、戦争は生まれ、埋もれる心情は軋轢を加え続けられ、その場で苦しむだけの損得を奪い合い、ただ単調な日々に訪れる絶望を食する事に転嫁される意味合いや、今にも生み出される苦痛によがるだけの心情が追い求めるだけの価値などに、価値などは無く、ただ与えられたものに生み出された価値に偏るだけに果敢に挑む事を忘れ、今になおざりにして、追っ手が来ない、と安心するが、内心では、自らが生み出す焦燥感に苦しむ欠如から、たしなむ道理に貧寒な要理を重ね、動揺し続ける事にシステムの犬として、息吹く観念に疎外され続け、つたない思いに品性を削がれ、そのままで生み出す動機にマナーなどを謳い、自らをがんじがらめにするだけの監視社会的な似非民主主義的な皮を被った超社会主義的な者どもがうごめく苦痛を抱えた国家などという価値をアナーキズム的に処理する以前に関係性を切り落とし、鋭利な主義に思想などは要らず、ただ反する事に作用すべき思想などに頼らず、自らの思考だけが、デカダンなものを打ち倒し、タオイズム的にたゆたう心情だけが競争の終焉を告げ、宗教的なものからの脱兎から、神の終わりを告げるニーチェの理から、施される事の意味に反し続ける事に置かれる超越的な観念から、演繹し続ける限りに、ことごとくは、乗り越えられるだけの価値を用いずに、ただ与えられる事だけに、打開する理由に快感を用いずに、ただ対価も持たずに、抗う事にだけ用いられる関係を疎外させ、用いる権威が謳う権利に反してこそ、この命は、理由も持たずに、自由を謳わず、今に至るだけに極まる自己を聳立し続ける。