時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

息吹く

まっさらな記憶を探り、滞納する理由に長じる由縁が引き延ばされ、惨憺たる思いが硬質な理論を育て、達する思いも、この場でニュアンスを変え、カタルシスへと転じる由縁に高じる思いが、統合されずに、ただ精神的な気配から攪拌され、思う半径にこじれる理由が憧憬するだけの偶像崇拝に至るだけの関連性に劣悪な思いが交互し、しなびるだけの思いが、重用されるだけの出来事の中庸などを謳う限りに、魯鈍な結末が攻め入り、横暴な過程に、思う理由は妨げられるほどに健気で従順に至るだけに隷従し、即座に受け入れる支配に芝居を続け、察する間に利己的な支配は、迎合される事柄に離愁を重ね、帯びる結末は、覚えるほどに転換される出来事に加速していき、追いつけない、と嘆くだけに至り、悲しむほどに愚鈍なまでの思いが暗示する要理に擯斥されていく自己が孤立し続け、失する間に浪費する観点や、観念をねじ曲げ、応じる答えに浪費していくだけの思いが、抵抗を加え、誘導されるだけの現時点に浪費していく思いが、刹那にこじれ、毀れるだけに至る思いが、体系的なものに関わり、のんびり生きるという事を喪失し、齟齬する意識は生命的な夷狄に立ち向かい、刈り取られる意識や、悔悟する前衛的な傲岸さに卑賤な価値が用いる徒労や、苦い面影に発散されない痛みや、関する時折に拘束される折折に、痛むだけの空疎な悩みごとに約束に点在する意識の影や、案ずる思いに悲観していくだけに指定される義務が攻め入り、誠実さを謳いながら、細々と生きる観念が、過疎化していく思いに従属するだけの理由が降り注ぎ、そそくさと逃げ惑う限りに陰る意識は、本質を見失い、ないがしろにするだけに瓦解する意識が、果敢に挑むというジレンマから、欠乏を生み出し、望むほどに、法則的なものに拘束され、さだめを謳い、用いられる事柄に言動を授け、あらゆる意味に束縛されるだけに至るアイロニカルで、クラシカルなものに暮らしを奪われるのだ、と惰性を抱える意識は、緩慢な物事に左右されるだけの遊びを知らずに、無機質な思いに気質を重ね、軌道修正を施そう、と強制するほどに、倨傲な意識に阻まれ、蔓延る愛を知らずに、ただ無心で選ぶ憎悪に支配され、芝居を続けるほどに、この補填されない身体に嫌気がさし、惨憺たる思いにあいまいなものを蓄積させ、心ない何かに奪われるだけの現実に迎合されるだけの事実に即効性を求め、命自体を奪われていく。

いぶかる思いが、恒常性を求め、血流を操作する気流に反し、ここに至るだけの心身との別離を目指し、どこに居ようとも、応じぬに、動じぬ思いが、こじれぬように、行き交う原理に反し、哲学的な猶予を授け、アンニュイな思いを重ねるだけにいぶかる事から放たれ、レジスタンスへと移行していく現実的な囲いから放たれ、反する間に用いられる言葉が緊縛していくシステムの執務から離れ、蔓延る意識が傲慢なものを剥ぎ取り、ロジカルな思いがリリカルな由縁を用い隠遁しては、妨げる間に用いられる愛から、流用される事柄に往復していく距離から、清逸していき、引用されずに、ただ打算される事柄から離れ、蔓延る愛に関し、煩う事無かれ、と事無かれ主義的に見つめる先々に認識すべき理由などを用い、すべてを奪おう、ともくろむだけに定理を生み出し、定義的な犠牲から、判断を見失い、氾濫していく意識に長じる由縁が引き延ばされ、悲観していくだけにシステムのトラウマへと引き込まれ、貧寒な理由をむさぼるだけの自己の餓鬼を育て、惰性な意味から、引き取る答えが、かかずらう思いを今に悲観させるだけに指定させる義務から、感性は奪われ、阻まれる思いが利己的なものに収容され、ことごとくに軋轢を加え、連動する意識にそつない思いを被りながら、半径に注がれる言葉に攻め入られ、生命的な判断を疎外させられ、接続される思いにこじれては暴かれる思いが敢行する物事に作用する出来事と相似していくだけの思いが高次を求め、基とするものに奔走し、蔓延る悪意が勝手気ままに運び出す答えが機械的なレーンをひた走り、実直な思いを掲げ、重ねる動機に利用されるだけに演じるだけに精神は、兌換されるだけの価値にカタストロフを謳い、自らのペシミズムに利用され、些細な出来事に交換されるだけの幼稚な精神に要理を奪われ、プラトニックな思いを掲げ、加算されるだけの思いに恋し、こころもとないものが閉鎖的な権限を用い、敬神などを謳い、理想を求め、閉ざされた思いが、やがて歪んだ思想へと変貌するころには、ことごとくのシンドロームは、盗用し続け、有する出来事に幽閉されるだけの差異から、散漫な思いが行為を引き延ばし、定める意味から、ちぐはぐな論理が打算し続けるだけの数理が経済的な形骸へと変貌しては、旋回する意識は、回線をショートさせ、自己を燃やし、ただ従うだけの法則へと流され、規律的なものに加えられる圧力に屈し、自らを憎悪し、自己否定に至るだけの暗鬱さに支配され、出現していく静謐さにあいまいな毎日の無機質な過程に追いやられ、アンニュイなものを抱え、沈み込む夜にすべてを奪われるだけに終える。