時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

整合

センシティブな感性が打ち出す原理的な収納を傍観する前衛的な過去や、ここから始まる大地が求める代償などが飢えを謳い、観念を消費させよう、と世界を恨むだけに観念を加工するだけのギミックから、理論は、愚かなものだけを相続し、今に続く恨みばかりが、世紀を隔て、社会を謳い、苦悩を受動するほどに依存的な観念が、軽薄なものを運び出し、蔓延る悪意だけに充填される物事が、本質を見失い、ないがしろにする思いを瓦解させるべく、すべては、この途端で頓挫し、永遠に身滅ぼすだけに至り、隠棲し続ける私は、陰謀説などを謳う暇すら無く、肥満するだけの恨みだけが、混沌を生み出し、ただ用いる同情が生み出す受理から、奔放に逃げ出し、短絡的な動機に慢性的な痛みを抱えるだけの道理から、理性は損なわれ、その場で凝り固まるだけに至り、環境的な安易さを謳い、暗澹とした思いに均等さを謳うほどに負担させられる義務から、求められる国家的なものに反し、ただ緩衝する間に理念は放蕩を繰り返し、苦しみから逸脱し、苦しみから逃げ惑い、欺瞞をため込み、固執するだけの思いから収斂させる今が意味を重ねる。その意味とは、君を咎め、苦しめるだけに意味を置き、無数の定理を今に押し込ませ、横溢する主観に惨憺たるものを持ち込み、固執するだけに我執するほどに捨てられるものをため込み、廃れるだけに至るとか、言い放つ間にないがしろにされる意味が理路整然とすべく、すべてに誇張されるものなどは、魯鈍なものに変わり、成り代わる今に代価を生み出し、仮象とされた物事との対話すら行われずに、怠慢なものを今に運び出し、代償を求めるだけに疑念をため込む今に構築される議論は、異論を挟まずに、今に阻まれ、配備される愛に進路を奪われ、更迭される意識は、些細な動機に示唆する思いが思案を繰り返し、行動を膠着させるだけに至り、隠微にもだえる結末から、結合されるだけの従属へと偏執していき、咎められるだけに連帯感を謳い、高じるだけに至る人間性などに、正確さなどは生まれず、均等さを謳うほどに、平等とは偏り、享受するものも、途端に歪むだけに至る。

短観にひしめく正解とは、世界を用いるだけの正解の枠に収まるだけの答えを利用し、領土を奪うだけに至る。用いられる境界線や、用いられる答えを利用し、強要される罪の意識でせめぎ合う理由が罰を加えようと、互いを監視し合うほどに補填される理由のほとんどは、魯鈍な問題にかかわり、抱える事柄に横柄な態度を繰り返し、退行する意識は、今をいたわらずに、いぶかるだけの思いが兼用しよう、ともくろむ現実と、その場から離れる差異に至るまでの距離に、奇跡的なものは生まれず、今に阻まれるだけに背景に処される思いの掃きだめにすなどるだけの価値観に攻め入られ、生命的なものが今に奪われ、いぶかるだけの言動から、ねじ伏せよう、ともだえる意識に試みなどは無くなり、ほころびばかりが生まれ、時を奪い、流出していく観念から、関係性は、軽薄なものを抱え、姦悪な者を生み出し、険悪になっていくだけになれ合う悪意から、受動的な意識は生まれ、受理するほどに矜恃は損なわれ、行為に至らず、奪い合うだけの理由に利用される思いがこじれ、構造的なものに退廃し、互いを咎めるだけに至り、いたわる事を忘れ、煩わしい出来事に惨憺たるものを抱え、重ねる思いも、こじれるだけの意図に消え去り、些細な出来事に緩和できずに、緩衝していく互いの愛だけが、蔓延る悪意を打ち倒し、確かな愛だけが、理解すらも乗り越え、ひとつの愛へと変わる。

打ち出されるだけの綺麗事から、解消されない痛みが、詐欺まがいの言葉を流用しては、冷めた表情で繰り返される出来事を傍観し、進化を疑い、詰まる思いが、固執するだけの執念から、収斂すべき確かさを失い、商業的なものに壊され、些細な出来事に苦悩を携え、被る言葉が散漫な思いを偽装しては、対立する風景に掲揚されるだけの言葉を利用し、良俗なものを謳い、規律正しく用いられる世界に理想を謳う限りに陰る本質は、歪んだ正義を用い、用いられる正義に帰巣していく正しさなどが排除し、疎外するだけに至る者を押し込める収容所や、檻の中から眺めるリベラルなものの歪んだ自由から、利用される価値が瞭然とした目を用いずに、用いられることごとくを怪しむだけにあいまいなものばかりが今に増え、不当などと叫ぶほどに、ほとんどの本質は、歪んだものになり、用いられる思想に凝り固まるだけに、行為の正しさを見出せずに、見抜くべき自分すらも対象とすべき敵意に飲まれ、諦観を生み出し、膠着するだけの意思が、今を膠着させ、行為に基づく意味などに拘泥し、行為そのものに飲まれていく。

物事に抵抗する意思こそが、正しい事などを見出さずに、ただ有るものとして認識する限りに加算される現用に反し、かかずらう事無く、ほとんどの意味を飛び越え、今に至る思いに生じる事から放たれ、配下にならず、徘徊し、蔓延る悪意に転じず、転移する正義に反し、感応する限りに用いられる創造にも反し、自ら生み出す事こそ疑うべき、だ。