時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

永遠に癒えるもの

見るものすべて鈍色で魯鈍に見える路地裏のロジックや、誰かの胸裏になびく思いが、恐慌などを誘い、顔の無い者たちが打ち出す内面から、真偽に基づき、自由とは、ただ利用されるだけの価値を置き、今に真理を生み出さず、打算されるだけの物事に唾棄され、瞬間的に途絶える思いが、咎められ、統合されずに、鬱積する状態にジレンマを重ね、敢行する意志に反するだけの自己から、孤立するだけの思いが御身を苦しめ、苦行を生きるからこそ、この空虚なものを排し、ただあるがままの愚かさから超越し、真摯に挑む姿にこそ、嘯く者どもの至福を飛び越え、延々と演繹する先々に奪われる主観も無く、ただ達するままに領土も持たずに弊害すらなく、廃れずに、疲れた身体を引きずりながら、引き取る思いは、オーガニックなものを重ね、抱える思いに邪推すら無く、つたない思いが信仰を謳う以前に、侵攻するものに反し、流されずに、流れる事にも反するからこそ、簡易な範囲にとどめられずに、とがめられる事も無く、途端に浮揚する思いが昇華を続け、つたない意味が、確かな真理に基づかずに、ただ自らのフォースだけで、永遠性を出迎え、永遠とは、今に重なる事の積荷を取り外し、瞬間に永遠性は深まり、何事にも掴まえられずに、その場に浸透し、深浅を持たず、価値や距離にも無く、途絶える事無く、瞬時に長けるだけに、測る事を辞めた途端に深まる意識が、何事にも掴まえられずに、途端に敷衍し、空間全体を包み、つたない時間から取り外された後から、浸透する思いの丈がたゆみ、ただそこにあるとして認識される事を途絶えずに引き込み、ひたすらに時間に反する事に置かれた自己から、時間的な猶予すら要らず、至らぬままに、今に引き延ばされる事に罵声を浴びせ、俯瞰に届く深度や、私欲にみちみちたシンドロームや、自己の深層崩壊や、人口楽園的な融合や、雇用から離れ、阻まれずに、永遠に蓄える思いが、その場すらも捨て去り、つたない思いが、続く限りに有効とされるだけの空間の安易さに暗澹とした思いを重ね、時間に追いやられる、という死の恐怖に震えるだけの不安が、今に観念を生み出し、即座に創造の外へと吐き出されるだけに、手元に残る君の苦しみや、実感が無いからこそ、感じよう、と思う事が愛だ、と知る事に置かれた意味に極まる愛こそが、愛を愛として認識する以前に自由を自由としてとがめる以前に広がる意思だけが、意味を掴み、ただ達する愛に愛は、あいまいなものを敷衍しながら、負担などを促し、魯鈍な愛に変わり、鈍麻なものを抱え、重ねる思いが、蔓延る愛に支配され、押しつけられる価値の家畜として、指定される義務たる餌を食い続けるだけに、駆逐される動機が、屈託無く笑うべく、ベクトルとは、ねぎらう事に置かれずに、侵される動機に反し、背反し続けるだけに、秩序や階級を持たずに、組織的な愚行に支配されずに永遠に染みいる思いが、現実を超越し続ける限りに越権していく先々に行為に基づく反意だけが、退嬰的なものに鋭利であるべく、互いを高める行為にだけ、高次に至る原理を授け、回路を改造し、動作に重みを与えずに、抗う思いが先々に影響を加え、動機に不純なものを持たせずに、ただ純然たるものが、十全とした思いを抱え、重ねる思いに道理を生み出し、多感な状態に抱え込むものが混淆され、俗物的なものから、超脱し続ける先に隠遁する思いが、途端に頓挫しても尚、反する限りに関するものとの対立こそが、姑息な支配からの脱兎を生み出し、短観に軋むだけの孤独こそが、この思いを強固なものにし、君をとがめずに、途端に確かなものを強調し、強要されずに、ただ展開していく思いが高揚し、行動に懇意なものを掲げずに、ただ重なる思いが、重用するものに関するものに陥る悲劇から救い出すための知を増やす限りに、思想は要らず、思考する限りに錯雑としたものや、カオスに陥らずに、懊悩する今にも途絶える事無く永遠が浸透し、途絶える事無く、その思いは中間点を持たずに、永遠に一点に吸い込まれ、その思いも、永遠に入り込み、滞る事無く伝わる先に滞留する事無く、落ちる先々に乖離していく思いが、途端に配備する愛に進行を阻害されても、反する思いだけが、緩衝していく価値にも反し、かかずらう思いに対象とするだけに憎悪を媒介させるだけに至らせるような状況から離れ、放つ思いが、強要するだけの論理を爆砕し、やがて思いの証拠すら残さずに、その場に陥る事で生まれる傷痕に変わり、ただ短絡的な動機に陥る事無く、今に引き延ばされる場面に止まらずに、その場で永遠に変わる事をよろこび、要する形に求められるだけの計算式に反し、関する間に破裂しては、蔓延る悪意のようなものに反し、関する正義に反し、犠牲心に反し、敢行する意志に反し、いたわるものに反し、ここに残る事に関さず、我反する事により、答えも持たずにためらわずに注がれるものに反し、物物しいふんいきに反し、感情的な今にも反する先々に生まれる創造性だけに、関する。