時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

切望

抱えるコンプレックスのようなものが昇華した壮年へと基づく言葉が哲学的な要素を用い、モラトリアムを伐採し、乗り越える行為から、物物しく不安げな君がカタルシスを求め、用いられる善意に反するころには、その孤独すらにすがる事は無く、ガイア論的に星を生命的に捉える事により、この星の細胞のひとつとして崇高な意志を用い、星の一部として、指定される義務を云々と語る事に置かれる傀儡的に隷属するだけの依存的な思いが、何かを崇める事に置かれる事で軽減される痛みに反し、その苦しみとの対峙こそが、この苦しみすらも超越するような考えたる何かが生まれる的な修行的な観念に基づく苦しみなどは、所詮外側から与えられた脅威に基づく答えに卑劣な想念を与えるだけに至らせるような苦しみを生み出す自己が成長し続ける事を肯定する事で、あたかも乗り越えたかのように示す事に置かれる自己などは、誰かに苦しみを与えられた事に基づき、何かを恨むだけのルサンチマンを抱え、用いられるギミックに根絶やしにされ、複製される物事に抑圧され、最もなニヒリズムへと成長するころには、私は、私では無いところで分裂的な少女を飼い慣らし、リリカルな焦土に忿怒し続ける事に分泌される差異に基づく対立から、頓挫する互いの精神的な帰路から、昏倒する存在に生成される物事に基づく距離感に理想は、利己的なものを抱え、私利私欲をむさぼるだけの自己の魯鈍さに明け暮れるだけに変わるべきなのは、己の姿か、はたまたナンバリングされた誰かの物まねを続けるだけの型番的な流行に染まるだけに情報に肥満化し、肥大化する苦悩は、邂逅を求め、過去にすがるだけに至るような弱みを抱え、要する事柄に決意も持たずに、ただのうのうと流動する事が、気楽なの、と嘯くジレンマから、惑わされる事に現れる詐欺まがいの真実や、起床するほどに、この露骨な愚行から、覚めたくないものだ、と冷めた視点で描く物事などに、真実を追い求める独善的な正義から、征服欲を用い、同化しよう、ともくろむ用途から逃げ出せずに、そのまま自己同一化していく限りに導入される情報へと譲歩するだけに、重要なものを見出せずに、物事のミイラへと変化していき、生きたままぐるぐる巻きにされ、情報から逃げ出せずに脱線する事を恐れるな的な綺麗事に情事は折檻され、世界の欠陥品として、いびつな者として、与えられるものも無くなる先に、きっと超越するような意味を用い、域を攪拌し、用いられる半径に反する事により、放たれる意志が連動し、強固な思いがこみ上げ、高じる理由に断続する魯鈍な物語に転換されるだけの意思に基づく答えなどは、此処に陥るだけにふやけた思いを後続させ、行為にひれ伏すだけに至らせる思いにこじれるだけに至り、意味も分からずに、その場で屈従するだけに空間的なものに奪われるだけの位置から、意味は引き取られ、疲憊しては、進行する物事に老いて置いて行かれる恐怖に震えるだけに諦念は生まれ、うごめく恐怖に支配され、快楽に基づき、物事の傀儡として、情報だけを追いかけるような熱暴走から、輪唱する神話に基づき、閉鎖的な腐心を抱え込むエディプスコンプレックス的なものを抱え込む事に置かれる定義を生み出した数千年の義務的なギミックにかみつくべく、掻き乱すようなものを生み出すだけに代用されるだけの人間性などから離れ、謳われる制度に基づく行為などは、今に至る原理に基づくだけの事に採用されような理由だけに基づき、犀利な者を魯鈍なものへと変貌させるだけの情報などにまどろむ今などに基づくべき答えなどに反する反復から、恒常的なものに反し続ける今の弁証法から、論理はすがるだけの思いに数々の時代的なアナクロニズムや、暴かれる原理などに悲観するだけの退嬰的なものを重ね、バンダリズムを繰り返す義務的な要素から、教祖として崇められるだけの抗いから、拮抗する物事に受理される事だけを精神性として捉え、途端に見出す悲劇とは、何か、と疑う事に生み出されるマクベス的な物語から、衰退化する意思に、スターリングラードの痛みや、陰鬱な焦土に燃やされる思想や、競うだけに用いられるアナーキーな思考から、新調されるべき意思は、起因を求めずに、ただ自然にあふれる物事に反する事に、思考停止に至らせるような思想は不必要であり、操作されるだけの利己的なバイタルを生み出すだけの怒りすらも要らず、内面的な乖離から、加速していく自己に標記される事などを追い続けるほどに、補填されるだけの情報に基づき、機械的な意思に変わり、稼働する生産的な生成こそが、このキャピタリズムでは、必要不可欠なものだ、と経済至上主義から、形骸化していくだけの精神などに役割などは無く、誰もが機械的に求める油から、軋む身体を空間に放り込み、屠られる物として、壊れていく自己を傍観するだけに至るようなものから離れるべく、飛び立つという反抗から、汎称とされるだけの人間から放たれ、あらゆる懇意から自分を引き離す。