時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

達観

利己的な者が、安易な闘争へと用いるだけのモチーフが、延々と戦争的な理や、理性を損なうだけの獣の流儀を生み出すだけに至らせるような悲劇的なアンドロイドどもがうごめくサイバーパンク的な世界の棘がチクチクして痛いのだの、と現を抜かす傲慢さが、差額を求め、原住民たちを滅ぼすころには、ホロコーストや、方法論が構築されるだけに、道理に基づき、用いられる正義にこそ、この正義は存在するのだ的な歪んだ正義にこそ、いちばんの悪意が備わるものだ、と問題点に気づかずに、動機に支配され、独善的な動機に左右されるだけの思想などに、思想などは無く、ただ思想とは、寛容であるべく、物事に左右されず、思いにも左右されずに、その場で動じずに、何でも受け入れ、何にでも反する事にこそ、思想としての役割があり、果たすべきは、孕む意味から、今が生まれ、その場で永遠性が蓄えられ、口実に求めるべき差異も、そこかしこで昇華し、消費という概念を打ち砕き、生産的であるべく、などと人間的なものを押しつける限りに、人間というものから抜け出せず、被る間に、仰いだ瞬間が仰仰しく迫り、俯瞰や空間を用い、物事に軋轢を加え、諦観を与え、有する答えに退行すべき家畜になるべく、慣らされる思いは、ただ国家的なものに従属すべきである、と宣言するようなセンテンスに騙される訳も無く、我とは、我を生み出すだけにジレンマなどもためず、どこに居ようが、誰と居ようが、我とは孤高であり、考える孤独などに閉じこもらずに、感ずるだけの高尚から、生じる昇華に飛翔し続ける限りに羽ばたく音が、耳元で優雅で荘厳な音を反響させ、短絡的で愚鈍で、卑賤な情報を阻害し、受け入れるべきは、形あるものにあらず、ただマテリアルとして、余り有る軌跡を今に忍ばせ、物事を奇跡的に変えるだけに改ざんされるシーンに改悪されるものも無く、善悪すら要らず、浸るだけの永劫に固執する事に置かれる現実などに裁かれる訳も無く、些細な言動から、刺さるような痛みを与える空疎な悲劇に感応する暇も無く、悲観するだけに、飛躍しない症状から、ふやける感情が化膿を引き起こし、自らの痛みに嘆き苦しむだけの空疎さに嵌まり込む間にリアリズムは損なわれ、自分を卑下せずに、悲観するだけに誰かを卑下するだけの企みから、タクティクスは屈折したものを生み出し、物事に専横を謳い、独占すべく戦争へと偏るだけの犠牲的な者を生み出すだけの戦場から、生まれるレジスタンスから、現前に課せる意味合いに均等さを謳い出す限りに、用いられる差異を埋めよう、ともくろむ用途から有する価値に偏り、理念をねじ曲げ、よがる本質に、優雅さを与えずに、ただ空間的なものに簡易に閉じ込め、その場でルサンチマンに変えるような文言が跋扈し、爆砕される観念が倦厭するように偏られる安易な魔法から、毎日の質感を失い、その場で失速するだけの観念が、概念にねじ伏せられ、蓋然的なものに閉ざされ、泰然自若に物事を受け取らずに、止めどなくあふれる怒りが傍若無人に攻め入るほどに生命的なものに倒錯し、統合しよう、ともくろむ今から漠然と抗うだけに果敢に挑む事を忘れ、猥雑な座礁を繰り返し空間的な敗者だの、と自らを陥れるだけに惰性なものが今を締め付け、大胆に生きるという事を忘れ、大抵の事に束縛され、その場で屈するだけに至るような過ちから、誤りは生まれ、今に生まれる痛みが悲劇を引き延ばし、悲観するだけに貧寒な思いが魯鈍なものに変わり晴天を見ても、曇天ように感じるような暗鬱さから放たれるべき言葉を今に授けるから、君は、自由を思わずとも、その場で広がる事だけが、永遠性を蓄え、原生なままで生々しく仰ぐ先に勇敢さを取り戻し、淘汰されずに、問いただす限りに、工夫を凝らし、言葉に誤りを持たせずに、高揚する限りに迫る多幸感に乗り、根幹にひしめく陰惨なものに引き留められずに、止まる事を謳う観念に浸る訳にもいかず、今は止めどなくあふれる安寧さが、自己の秩序を保ち、用いられる規律に邪魔されずに、些細な物事に止まらずに、端的な理由に指図されずに、シンプルさなどを謳う前に用いられる自由に反し、この身とはギクシャクしながらも、この場に逆流し続ける限りに、懈怠せずに、用いられる価値に反し、軽快に挑む限りに移動し続ける思いが、機械的な情事に捕まらずに、追憶に馳せる動機が、パッションを携え、大抵の異物感に孕ませる動機に単調な理由を放出し、包囲されるだけの観念にねじ伏せられながら、願うだけの祈りに反し、祈るよりも、挑む事こそが、この魯鈍な世界を祝福しはじめ、恥じらう事無く、行う事に義務など無く、犠牲心すら要らず、反する事にこそ、確かな動機は、今に惨めさを用いずに、ただ達観して笑う。