時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

欠如

万感に迫る吐息がかかる刹那、傾向を討ち取る言動に導かれ、傲慢な裁きを受け取るだけの退嬰的な罪と罰に彩られ、厭う思いは、問いただすほどに物事に落ち度を突きつけ、追憶に孕む現状から、磊落に打ち出す緩衝した君との永劫にエゴを生み出すだけの性根に果てる緩慢なカルマから、毎日は悔悟をため込み、無知な言葉で攻め入られ、生命的なものを奪われ、制限を用いられ、軽減されない痛みに倍増していく意味が瀰漫し、不満足を謳う頃には、負担を重ねるだけに乖離する意味を履き違え、知性も無く、ただ空腹を癒やすだけの獣的な論理で、軽薄な理想を謳うだけに、無秩序に生み出される事から、交互していく意識が虐げられるだけに健全な意味を関係に結ぶだけに、管理されるだけの快楽から、開拓されるべき今に至るような原理にたどり着かずに、続く限りの凡庸さにシステム的に捕らえられるだけに対価を求め、貸与する思いに完治しない苦悩は、回帰するだけの今をさかのぼり、過去が今に下す影響などを謳う限りに、物事に義理を謳い、犠牲心などで状況を混沌とさせるだけに些細な物事は、激情をため込み、いつしか叫ぶような物々しさに、垂涎するだけの意識が、覚醒を目指し、傲岸不遜な意味を吐き散らし、跋扈する意識は、新鮮な獲物を狙い誰彼かまわず処刑台へとあげるだけに愛が無ければ、と叫ぶ今も欺瞞が生まれ、不満ばかりが、醜状を用い、物事のモチーフに緻密なものも無ければ、魑魅魍魎として、指定されるものにギミックを用い、偽装するだけの手立てを用い、高ずるだけに肉薄する状態に逃避していくだけの意味から、君が受け取る理由すら体系的なものに補足されるだけの手入れを加え、諦観を生み出し、関係に恒常的なものも生まれなければ、内外にアナクロニズムなものを備え、相対的な捉え方こそが、物事に偏りを生み、その場で呪縛を生み出すだけに至るような考え方が繰り上げる未来などに、みちみちとしていく位置から、意思は阻害され、想念にはしょられた希望から、きっと未来は散漫なものを抱え、かかずらうだけに至り、至らぬ思いが、そこかしこで屈従するだけに至るような意味合いに均等さなどは無くなり、謀るだけに至るような事から、陰湿な支配は生まれ、進行を妨げ、新たな信仰が生み出す偶像崇拝から、枢要なものは失われ、ないがしろにする瞬間に結ばれる記憶も、黒黒とした陰鬱を用い、朦朧としている意識に虐げられ、思想により、よりよいものがねじ曲げられ、諦観が迫り、関係から隠れ、攪拌される半径にきりきりと痛む退嬰的な痛みに適任していくだけに認識はよがり苦しむだけに至り、汚い情事の妨げに反し、加工される義務から、均等なものなどは、なぞられるだけに深まる嫌気から、淫蕩なものに耽り、倦怠感を生み出し、暗澹とした心情に遭難し、齟齬する思いも、心ない何かに粉骨砕身して当たり散らすだけに機械的な行為に基づく勝利を謳う帝国主義の情交から、転々とたどるだけに怠慢な原理に現を抜かし、制限を求め、何かを抑圧する事だけに猛る体系から、退廃的なモジュールを切り落とす権力の刃から、派閥が生まれるだけに怠慢な情意を用いがんじがらめにするような囚われの身の者や、悶絶する権力の犬が垂涎する果てに描かれる官僚的な天下りから、あいまいなマインドは情事に階級的なものを作り出し、裁かれる者と、ただつながれる者と、ただ隷属し、追従する者しかいないのがキャピタリズムたるものであるし、やがて何も勝つことも無く、破綻した先に描くべき未来を作るべく、今に連ねる哲学的な抵抗だけが、孤立した永遠に住み着く悪意のようなものを洗い流すかして、そぎ落とすこころに用いられる言葉も選ばれたものしか受け取らず、すべてに寛容であろうなど、と謳うような環境的な協調性などに制度を打ち出し、またもや支配に至るようなファシズムを生み出す以前に全体主義的衆愚たる快楽の傀儡として、指定される意味に止まるよりも、当面の問題に迫る機械的な嬉嬉としたリリックから、収斂される欺瞞に至る汚い過去から、枯渇するだけの情理に嬲られた土地や、裏切りにかすむ永遠に最たる意味を浪費していくだけに達観する心情に徒労を重ねるだけに用いる回路を引きちぎり、自立していく事に機械的なものの終わりを告げる事に置かれる始まりを謳う瞭然とした域から、関与するものに寄せるだけの相似する観念から、啓示されるものに反してこそ、君の信仰は勝利を飛び越え、謳われるものから放たれ、心象から飛び立ち、あらゆる独善的な作用を滅ぼすべく、放浪する先々に結ばれる事どもが、行為に基づき、期待感を孕む限りに季節は革新的なものを謳い、君に革命などを押しつける辺りに、加工された義務が迫り、君のインモラルな衝動に関与させるべく、君の心象などをくすぐり何が正のかを提示されるだけの見せる正しさこそが、正しいもののように受け取る限りに思考停止し、思想とは、歪むだけに至り、欠如を生む。