時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

奥行き

瞬間は断裂し、知がうなり、記憶の奥底で古い面影を消し去り、形式をぬぐい、求める計算から遠く離れ、今に綴る軌跡だけが、継続を促し、延々と損なう限りに思う影を、そこかしこに残しつつも、今に残す軌跡だけが、続く限りを緩衝させ、物事に反動を与え、愛された奇跡や、契合されるだけの犠牲的な身体や、無関心で不感症気味な連中の支配から遠ざかり、短絡的な道理に気配を隠し、かかずらう意識に情緒すら無くなり、内面的な飢渇から、散漫な動機に延々とすなどられるだけの価値から、観点をぬぐい、長じる思いが聡明なものを携え、相続していく思いが、枯渇する限りに過去をすなどり、端的な意思を失い、憎悪をため込み、固執するだけに至らせるような動機から、反乱を謳い、怠惰な思いが悠然たる様相を掻き乱し、未熟な思いが制圧され、俗物的な者が、魯鈍な意味をまき散らし、抽象的な歓喜から、苦悩を巻き込み、修繕されない思いが皮肉を歌い上げ、散漫な意識が同化していく限りにつつがない思いも、今に継続するものを破壊しよう、ともくろむ用途から、有する形に由縁を用い、物事に拡散されるだけの気配から乖離しては、様々な思惑が、枠組みから放たれ、離れ合う意識が、純然たるものを捨て去り、ただ到来するものを受け入れるだけに民族的な邪推が、習慣的な違いがずれていく限りに擦れ合う民族は、互いを受け入れられずに、互いを破壊するだけに至らせるような儀式的な違いから、欺瞞を携え、譲り合うこころも、言葉を持たず、ただ互いをその場で幽閉するだけに弊害を生み、排される愛も、破壊的なものを用い、求め合うほどに用いられる事柄に動揺させられるだけに外側から排されるだけのギミックに収まり、弛む心情が、続くだけの普遍性に俯瞰をぬぐえぬ腐敗から守れずに、ただ間違いを改めれば、この罪も与えられずに、どの罪も押しつけられずに済むのに、寸前でていたらくな問題を吐き出す破壊者が、過干渉を求め、信仰心などを押しつけ、抑圧するだけに至る心理的な悶着から、妄想性を孕んだ心理的な不和から、乖離し、改ざんされる先々に転換される意味から、収斂され、凄絶に時と結ばれる時折も、織り込まれる刹那に恋の音や、勇敢な戦士の精神性が、世界性を突き破り、雨期を越え、荒ぶる精神にブルースや、青春の素因にまぶすべきリリカルな音が木霊し、昏倒する意識に受理する思いが、行いを越え、光年に隔てた距離などに惰性なもので巻き込むだけの理由からコネクトされるきな臭い物事から放たれ、続くとは、この先に反復する意思にさえずる希望のようなものが、規模すら有さず、ただ己の価値だけで階段を登るようなつらさも、想念に蔓延る悪意に鎮座せずに、その歩く姿だけが、命からがら何にもすがらずに、姿形は違えど、延々と蔓延る意識が受精し続ける思いの歯がゆさを今に産み落とすような物語から、遠のく意識に受理する思いが羽ばたき、自らの羽ばたく音が遠のき、思いの端々に遊離していく高揚感だけが、雇用という観念や、公用に収まるだけの関係から解き放たれ、自由すらも用いずに、革命すらも要らずに、要する形に融合する事すら不潔である、と宣言して、このときめきは、時々に迫る破傷風的な敵愾心や、徒労を重ねるだけに欺瞞を放つ高尚や、躍動するほどに道理を捕食し、蝕むほどに補完しよう、ともくろむ権力に目録を授けようなど、と用途に不満を促すだけの欲望の犬から、閉鎖的なテクノロジーに傲慢な裁きを求める終末論者や、貧寒な意思をモチーフに怠惰でデカダンなロマンを促す詩情から数百年も過ぎた辺りから、均等なものなどが話題の種などをばらまき、慢心に果てるしがない思いが、詩情を破壊するまでの文化的な異論から、倒錯する現前に果てる思いは、次から次へと続くからこそ、この淡々と措置される事に義務を孕ませずに、反照された物事が、黄金に変わり、横溢する瞬間が豪勢なものになり、この見るものすべてが、綺麗にさんざめき、あらゆる権化が、論理を倒錯させる辺りに、関連する物事すらも、つたないものではあるが、その放つ輝きに慢性的な痛みは消え去り、機械的に枯渇するだけの心象から解き放たれ、互いを恨む事を辞め、エンディングすらも無くなり、ただ死する先にも続く外側が今を包括し、確かな思い出と別れ、怠惰な物陰に腰掛け傍観するよりも、今を傍受し、冒険する先々に転移する病と和解し、判然と尽きる面影に終わりも始まりも無ければ、この時系列すら、自分が促し作ったものであるし、物事にも妄想ばかりがつきまとい、今に期日も尽き果てるが、次の日になれば晴れるし、尽きようが無いものが、この生命というものであり、そこに役割すらも無く、用いる事も無くなれば、この意思とは、十全と続く事を謳歌する。