時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

空間との対峙

謙譲されるだけの美徳に還元され、歓迎される事だけが、惰性なものを生み、生活を制圧し、物事に圧力を下すだけに、空虚なものが妨げ、孤独なほどに騒がしく、むさぼるだけの貪婪な身体から、「ちぐはぐ」なものが阻み、正攻法の論理や、膠着する意識に鈍感なものを授けるだけに肉薄していく空白から、渾然一体になるべく、ビターな感覚から、区間に緩衝すべくたしなむ愛などに欺瞞や偽善が空間に先走り、ただ短絡的な忘れるな、という動作から滅んでいく感覚が、空虚さを与え、先物取引的に先行していく潜在意識からの乾きから、買いそびれる事無く、怯える精神は、孤独から逃れよう、と有する蓋然的な囚われから、咎められないように、概観に迫る者や、外観に穴を開けるアナーキストたちを受け入れ、なあなあになるように同情心などを持ち、何かを波風立てぬように避けるだけに最たる意味を喪失するだけの空虚に飲まれ、自らの苦境に点在していくだけの意識的な抵抗から、提要とされる用途から、有する価値などは、カタストロフに至るだけだ、と叫ぶニヒリストや、ペシミストが描く終末論的な考察から、貪婪な物語が憎しみを用い、自らのルサンチマンへと粗暴なオブジェへと偏執させるギミックから、こじれていく意図は、意味を能動させずに、受動する意識から憎悪をどんどん生み出し、鈍感な者ほど、怒りの強度は増す仕組みへと変貌していく道理から、恫喝されるだけの思想的な根幹から腐り、空疎な自分に縫い付ける欠如や、空間的なものを読み取れぬものが滅ぼす先に生まれる空間的な義務から、空虚感が迫り、空白を埋めようと、葬る矢先に惨憺たるものを運び出し、排斥する義務的なものから、妄想は俯瞰を失い、空間的に騒ぎ立てる犠牲的なものへと偏執しては、雇用されるよろこびに控除される由縁にサクリファイスとして雰囲気に犠牲的に投身するだけのテイクオフから、怠惰なものを齟齬させるだけに闘争へと運び出される和解しない意識は、ただジェラシーを抱えるだけに関係に還元されるだけの価値へと偏り、スケープゴートを求め、統合されるだけの精神に敬神や悪心を生み出し、悪意に転じて正義を成す的な仕組みに立ちすくみ、衰亡するだけの理論的な構造から駆動していく憎悪が、存在を損ない、対象を探し、誰彼かまわず憑依していく仕組みから、システム的なものから乖離できずに、同化し、同一化を目指すだけにアイデンティティーとは曲がったものを捉えるだけに、自らの意識とは儀式的なものに咎められ、修繕されずに、ただ抵抗するな、と押さえつけられる事にあふれる快楽に懐胎していく創造的なものを発芽していく先々に産み落とす誰の子かも分からぬものを産み落とす事に怯える恐怖心から、不安感は伝染し、俯瞰に深まる不安感は、有する価値に用いられる是非が、是認する形に要する事に近接する事だけを雇用し、物事を占領し、専有する事だけを定理に結び、自らの手立てとして、惰性な運び出しから、配備される配下から、配役を決められ官僚主義的に扇動するだけの権威的な何かが生み出す既得権に生じる権利から、牽引されるだけの天下りから、権威的なものが戦く権力に従うだけに跪き、貧寒なものを精進させるだけに精神とは腐りきるだけに至り、痛みすら感じずに愚鈍な傀儡として、白々しく演技する前衛的な保身から、悪心は、言い分けがましく自らに迫る欲望に忠実であるべく、会社に忠誠心などを叫ぶころには、飼い慣らされた意識は、境目を知らず、自ら生み出した快楽の段落に描かれた価値観に苦しみ、どこまで何を用いても駒のままで、このままもがいても良いわけも無いのだ、とか言い分けがましく打開する先々に描かれる意味すら慟哭し続ける内心から、制圧されるだけの抑圧された動機から、最たる意味を其処ない、動じぬ思いは、乗じる由縁に寂寞を絡め、緩和せずに、超克を用いずに、一途である事や、意地を張り続ける事や、答えに拘泥する事で、行為に圧力をかけ、健全なものが政治性を用いずに、自らの識見すら無く、ただ流されるものが支配するだけに至るだけに流れるものが見出す政治性などに制圧されるだけの悪漢どもの支配を終わらせるべく、無抵抗のまま生じる由縁に対処していく動機が抵抗を加え、空疎なものに支配されずに、侵蝕していく物事に訂正を加え、有する価値がカタトニーに至る以前に乖離していく精神が、キャピタリズムキャタピラーとして、貧相なものを運び出すような仕組みの終わりが来ているのだ、と終わりを謳うだけにうるさくつきまとう終末論に倒錯するだけの現時点から下克上すべく、すべての位置にはぐくむべき愛が対象にばらまかれるほどに、愛は価値として買い取られるだけに欺瞞をため込み、不満を用い、憤懣に至り、瀰漫するものが、意識的な仰々しさに示唆する観点から、緩和せずに、ただ反発し合うだけに信用などを謳い、森羅万象に進行していく意識的なものが制圧を繰り返すだけの戦争へと至るような偏執から、ゲートウェイされる互いの意識が、ひとつにつながる事を目的にしないネットワークから、毀れる意識は、倦怠感を抱え、愚鈍な記憶をまさぐるだけの過去に引きずられ、今に続くべき意思を持たずに、意志に扇動され、虐げられるだけの思想に飲み込まれる。