時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

欺瞞

猛る意志がごうごうと迫る風に乗り、リリカルな詩情を今に浴びせ、あいまいな世界に心証を移すだけに運命的なものに抵抗を加えず、その場に飲み込まれるだけに孤立感が増し、疎外感に至るような日々に陰鬱な衝動が、照合を謳い、原理的なものに奪われる成因から、清貧を謳い、原始的なものに帰還し、モニュメントとして生きる遺跡と化するべきなのだ、と蛇行する意志から、苛む意味から、空洞化していく動詞に、動揺が迫り、狭まる意味から、はぐくまれる幼稚さに、配備される間柄や、あいまいな毎日に迫るマインドに敵意を突きつけるだけの蓋然性から、妨げられる今に傍観者として、立ち尽くす理由に流動しては、整合されるだけに透過されない思いが差異を用い、錯誤していく意識が恫喝を続け、ドライブし続ける自由な真理が、一気呵成に続ける意思に正攻法なもので爽快感を浴びせ、開祖として生きる事に用いられる信用すら不潔に思い、応じる答えにセンテンスが死滅し、ただ強迫的に迫り、意識を蛇行するだけの答えが用いる敵意に祝言を謳うだけの儀式的な整合性から、途端に締め付けられるこころは、用いられる答えに左右されるだけの恋路から、世界的な孤児として、世界性に阻まれるだけの空間的な加速に置いていかれるだけの場所に意味を求めるだけに定理から損なわれる存在としてはぐくむべき愛を持たずに、阻まれるだけの愛に疎外されるだけの根底から、枯渇していく思いは、収斂されずに、集結していくほどに、その場での孤独に野ざらしにされ、空虚さをため込むだけに退嬰的なものとして、センテンスをねじ曲げ、勝利するためだけにためらわず扱う政治性から、正直者などは生まれず、職業としての政治家が生み出すものなどは、魯鈍で無価値な者ばかりであり、大衆に近づこうとすればするほどに、自らを穢し、聖域を謳い、原理を束縛し、齟齬する意識から、ずれが生じ、誠実さを謳うほどに、魯鈍な欠乏から、結合されるだけの意思から、意味は疎外され続け、つたないものが崇められる先々で定義は、天敵を生み出し、締結していくほどにおどけた意識は、形式に嫌疑をかけ、誰もが誰かを咎め、奉る先々に収斂していく動機が、革新的な悪意に転移していくほどに愚鈍なものを掲げ、誰かを締め付けるだけの超情報社会から、超監視社会的なものを生み出した景色から、正式なものに栄進すべき博徒が画するだけの堕落した主体に中央集権的なものに集合していくだけの堕落した大衆から、大意は縫い付けられ、ぬぐわれない思いは、縫い付けられた保身から、たらればを謳い、追考するだけに虐げられるものを弱者として見捨てる限りに生まれる同情から、動機はコネクトを求め、応じる答えに拘束されるだけに犀利なものを失い、応じるだけの答えに呼吸すらできずに、出来合の真実に倒錯するだけに踏破すべき問題も物物しいものを掲げ、門前払いされるだけに至る意味から、いたわるべき動機も、君の意味に鎮座し、展開すべき意思も、恬淡さを用いずに、損なわれるだけの過去から価値をすなどり、粉骨砕身して事実に消滅していくだけの陰気な衝動から、生じる由縁は、自己犠牲的で利己的な動機が、革命を謳い、テロリズムに理性を損ない、所持した意味に隠滅していくだけの理想に呈する意思が、聡明な意味を用いずに、何かに濁されるだけの動機に道理を奪われ、理屈に生じる言葉が、こじれる意図から意味を引き出す限りに陰る本質が、真実を損ない、所持する意味にフォーマットされ、不本意なものに疎外されるだけに即座に転移する悪意に奪われる意思が、意味を損ない、逆心を携え、クーデターを引き起こそう、ともくろむ限りに貧寒なものが生まれ、奪われる価値の家畜として問い質す一過性の真実に持ち込まれる新たな企みは、最もな悪意を今に敷衍させ、普遍的なものを奪うだけの欠如に結合されていく思いが結実さを損ない、悄然と消え去るだけの些細な物事を補完しよう、と用途に補填されるだけの簡潔的なものが間隔に入れ込まれ手なずけられるだけに諦観を用い、満ち足りぬ思いは、今に阻まれ、はびこる悪意に研磨され、研鑽している意志の邪魔をしよう、と悪を尖らせ、君自体が君と差し違える辺りから、あいまいな毎日は、硬直し、行為に慢性的な痛みを抱え、従事すべき自分に帰り着かずに、帰り着くべき依存的な対象に損害賠償などを求め、罵声を浴びせるだけの諦観から、呈する理由すらも、愛に砕け、空間的な界隈に悪魔的なものを用い、暗鬱を利用し、妨げるだけの意味を兌換し続けるようなキャピタリズム的な呪いを織り込んでいくだけの情報に倒錯するだけに韜晦から隔世に迫る欺瞞が生み出す不満足というウイルスを感染させるだけに退嬰的なものが跋扈し、井蛙なものが執権をすなどり、牛耳る先に行間すら無くなり、迫るセンチメンタルで仰仰しい企みが虐げる暗闇から、空虚なものを生み出すだけに運命的なものにかさばる意識は間にすなどられるほどに、侮る空間に仮象を用い、名称に左右されるだけに折れる自己から孤立し、何が本質か、と叫ぶほどに、その無意味なものを追いかける態度が、原理的なものに妨げられ続け、退嬰的な意思を掲げ、自らに倒錯し、乖離していく意味自体に言い分けを続ける。