時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

精神世界の格納庫

受けた心象的なダメージから、精神的な飛躍を遂げ、外側から与えられる刺激が、創造的なものを生み出し、アンニュイな心情に真実を映し出すかのように見え隠れする本質から、本性は攪拌され、求められる自然と、藝術的な昇華から見出す接点が悪路を絶ち、淡淡と結ばれる果てに描かれる浸染と、奔走する意識が巣立ち、鮮明な過去を捨て去り、遠のく意識が続く限りに覚醒し続ける限りに負荷は必要無く、砕かれた意味合いにほどける今から、侵蝕していく意味合いに空白を生み出し、運命的な邂逅から、補填される現実に爽快感を補完させ、こじれる後から真実すらも濁され、にこやかに消え入る不悉からくる空疎な面影に絶えずシンクロする一気呵成で創り上げる論考から草臥れた由縁に原始的な思いが突きぬけ、原理的な風に拡散される思いが終焉を巻き込み、始まりも、終わりも謳われる前に不自由も自由も不実なものを重ね、善悪で大義を濁すだけに人間的な哀れに憐憫を求め、元手が幾らで、簡素な思いが救出され、吸収されるだけの偽善的で独善的な笑いから、私とは、ねじ曲がるものであるし、やがて渇望する現在にていたらくなものがモチーフとして、不当な思いを重ね、かさばる理由に透過されない思いが、なあなあに変わり、内面的なアナクロニズムに信管は無く、自ら発火し、討ち滅ぼす先に恬淡な物語がふやけ、履歴を抹消し、少年期のファシズムや、知性のかけらも無く、鈍麻で貪婪なものが傲慢さを生み出すメディアから帰任するものなど、ほとんど餓鬼でしか無く、足指にほどける煌煌としたものは、流動せずに、センチメンタリズムに支配され、思考停止に至るだけの思想へと転換され、変化するものも、今に妨げられるだけに至るような痛みから、乖離する理性は、真理を死に当てこすり、生きるとは、分別ある大人が侮蔑する事に隆盛していくものこそが、このキャピタリズムという幻想に帰還すべく、飢渇する者だけを延延と生み出すだけに顕官が滅ぼす妨げも哀れみも、ひとつの同情により、いとわしい鎧を自らに着せ、飢渇するだけに補填される恨むという意思から、意味は、憩いなどを求め、意思すらも疎外させ、争点を失い、自らの統合を謳う限りに生まれる闘争から、参画する意思から、攪拌される半径に生じる自らの利点や、締結していく自己の座標を求める計算式から断交していく陰りから、日照りを抱えた孤独が、偏執する最古の怒りから、陰鬱なものを加工し、それを売りさばくような輩が生み出す作られた悲劇が金になるような時代から、時代時代と責任転嫁するだけに計算ずくの人生から、迎合される事だけを受け入れる事を高尚などと謳う原理から、理想は、供給される義務から群像にとろけ、熱情する意思は蒸発し、散漫なものに飢渇し、あらゆるものを相続しようともくろむだけの黒い者どもの至福から、祝福を受けるサイレンが鳴り響く分裂的な肖像から、鮮明なものなど、どこにも無いのだ、と泣き叫ぶアノ子の面影も、垂れ籠める鈍麻さに、貪婪な欲望に囲われるだけの離人的な過去から、枯渇するだけに現在に浸るまでの軌跡から、脳内の血流をとどめるだけに、兌換される形に加勢していく暗鬱の支配から逃れられずに、加算される原理から、理想は恐恐とし、先天的な痛みに耐えかねず、自らを爆砕し、生み出された爆心地で引きこもるような衝動から、安逸をむさぼり、報う事ばかりをもくろむだけにもくろみとは、編み込まれる現在の健気な愛に気がつかず、ただ能動し続ける限りに乾く本質が、変性意識などを求め、昇華を目指す仮想的なものから生み出される快楽から、可憐な現象に移動し続ける事に置かれる現前に果てる自らの衝動から、燦然と輝く幻想的な保身から、進化し続ける先に濫觴するものが発揮するフォースに判然と突きぬける量子的な思いから、応じるものに反し、関する間に災いを生み出すだけの閑散とした思いにふやける衝動が、動機を越え、透徹していく域から、意味すらも超越するような企みから、枠組みを超え、窮境に陥るだけに踏みにじられる現在に懸隔が生み出され、駄作な思いや、ダークネスを抱え、混沌としている春を越え、配下に下るだけに空間的な悩みを抱え、内外に果てる悪性の思いが嘆じる秕政からあいまいな毎日が激動を迎え、収斂される先に連動して陥るものを生み出すだけにバージョンアップされ続ける悠遠から、悲歎に暮れるだけに空洞化が進み、空席ばかりが目立ち、明晰な判断も無くなり、眼前にふやける理想は、利己的で保身的な街路に果てるだけのリビドーから、拡散されるだけの道理に促され、瓦解する限りに独占されるだけの儀式に偏る理性が、理想を損ない、行いにおざなりな理由を用い、反故にするものから、物事は、軋轢を加え、空疎な理由に補填されるだけの離間から、物事との懸隔を広げ、疎外感と孤独感ばかりを倍増させ、曲がった思いを今に生み出すだけに至る。