時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

どこかに吹く風のように

幼い二人は、どこに帰るのか、と艶麗な月日に尽きる面影が、馳せる思いの順序を組み替え、次々に迫る意味を独白しながら、シナプスをたどり、悠遠に猛る思いが、均等なものなどを破壊し、派生する意味を問い質しながら、たしなむ今にも、猶予も無く、ほどける今にも魂胆すら残さずに、次々迫る思いを継ぐ意志すら、根底から、飢渇すれば、すれ違い断続するものばかりだ、と場面に罵声を浴びせ、静謐に迫る物語の加工された意味に鈍麻な意思を伝えながら、はびこる意味とは、永久に重なるだけの呪詛から乖離し、理解にほどける今にも背伸びし、青天の霹靂を迎え、階差を携える安易な答えから、実直なものなどが世間体などを盾にし、奉る意味から抱擁される愛から理解を妨げるだけの現前に馳せるものから、もだえる意識に感応するような履歴から、時間を携え、この空間に排除されても尚、孤独であるとは、唯一の思いを重ねるだけの高揚感を出向き、孤独であるからこそ、兌換されるだけの価値として義務的に消費される位置に意味を用いずに、一途に自らを正すような実直さだけが横溢し、眼前に迫る有形に反し、求められる物質的な猶予から、放たれ残さずに食べ尽くす餓鬼どもの憂鬱に関し、かかずらう意識が、ジャズ的に迫る音階と楽しく踊り、応益に反し、加工された意味に汎称とされるものを謳うだけに惰性なものが迫り、感性を奪うだけに至るような従順さから、差別化されるだけの関連から、開祖などを謳い、短絡的な戦争へと至らせるような憎しみの経路から、迎合される理由に服従させるだけの幼稚さに要理は昏倒していき、共助に至らずに、強要されるだけに転換される意味から、独創的な真理を描こうと、もがく漠然としたプロセスから、理想は根源に限界を生み出し、殺伐としたものを今に瀰漫させ、不満足を謳い、普遍性を謳い、偽装される真意に演技を続け、擬態化するだけの互いが咎め合うだけのある一日に差し引きを生み出し、最たる意味にもだえる意識が発散させよう、ともくろむ間に籠城する心因性から、制圧されるだけの問題に井蛙なものとして迎え入れる原理に幻想的なものがもだえ、朦朧とする意識に蝉蛻すべき意思が、脱ぎ捨てるべき位置から、今を抜き取るだけに瀰漫する場所から位置づけられるだけの懐疑的な身体から、朗唱する真実に道理は利口さを損ない、悄然と焚き付ける問題との不一致から、雰囲気に横領される原理的な理想論がリゾームを携え、リンクする真理の巣窟でアニミズムに汚れ、風景に封緘され、送りつけられる恋文から、高利貸しどもが戦列を成し、観点を奪うだけの占領から、毒々しいものが虐げる乱立から、統合をもくろむほどに施される原理に偏執していくだけのアニマから、感応する主観に現象とは絶えず希望的観測をまき散らし、惨憺たるものを垂れ流し、緩衝するように見せかけるだけの贋物の価値から、加工される義務に延延と演繹していくシステム的なゴミ捨て場から、死しても尚、苦しむべきなのだ、と謳う宗教的な汚穢から、議論は硬直していき、あいまいなままのアニミズムに透過しない感覚が恒久的に苦しむべきなのだとか謳うだけの敗者の理論からルサンチマンニヒリズムが倍増し、バイタルを奪い、感銘を受けずに、簡単な欺瞞から瀰漫する不満足が、他者に悪いレッテルを貼り、這いつくばる意思が、倦怠感を示し、壊れた神経が描く真偽が、真実を奪い、短絡的なものに攻め入られ、抽象的なものを奪い合う闘争から、倒錯する原理に偏るだけの対価から、値は奪われ、権限を謳い、自律神経が狂い、くくりつけられる身体がめまいを起こし、しっかりと前を見られぬ間に連動する意識が喪失していく四季的な俯瞰から、空間的な輪唱にせめぎ合う原生にうごめくシリアスな根源から、思想は始祖を失い、現状打破をもくろみながら、恒常的なものを求め、適任するかのように示される餌として使命を謳い、物事を牛耳る間に理想は論理を壊し、昏倒する意識は、壊れたままの思念で逆上していく現在に下克上を続け、つたない思いが、昇華を続け、流浪する意識が、はじまりやおわりも持たずに、用いられる是非にアレルギーを抱え、対等を謳う事により、互いを痛めつける意識が見せつける階級的なものが後悔などを誘い魯鈍なものを引き寄せ、正解を求めるだけに意思を奪うだけに展開される今から欺瞞は生まれ、瀰漫する不満足から、俯瞰を奪うだけの倒錯から、統括されるだけに増す憂鬱から、風化しない意思が暴走し、暴利をむさぼるだけの権利から離れ、憚る思いが放たれ、配備される間に確かな愛を浸透させ、今をしのぐからこそ、勇躍する意志は、最大限の風を利用し、止まらずにうごめきうごかし、つかまれずに、つかまえられずに、たじろぐ今を押し続ける。