時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

光景

到達する先にテクノロジーの終焉などを謳うタナトスや、民主主義的な傀儡と化するアイテムやアイデンティティーなどが、リリカルなものを胎盤に隠し、へその緒で語るカタルシスから、観念論的な適応から、悲劇に帰り着く先に無重力状態で喘ぐ脳内がスパークして、スパムを受け取る右脳から乖離していく音が言葉を生む共感覚から、形成されるセンテンスから、先天的に受理する複雑な過程に進化論の過ちや、希望的観測を打ち出す贋物の正義や、貧寒なモラルを生み出し、騙し合う定義や、対比されるものに避難し、疲憊する今に襲いかかる悲劇から逃げ惑う精神が被害者意識を加速させ、物事の足枷を外し、世界観に打ち出す渇望から、暴走する真理が生み出す規律を利用し、扇動する教育から離れ、ただ自らを信じ抜く先に利用することすら無く、持ち出す答えや、引き出す意味に引き返す今から価値観を屠る法則を打ち出す屠殺所の憂鬱や、勇敢なものから始末されるような資本主義的な因果論から、陰鬱な衝動が生み出す消費的な関係性が打ち出す制度が支援を謳い、多目的な支配でがんじがらめにする現代社会の権力に法則的な拘束を施され、処刑台に立ち、処刑を待つ間に思い浮かべる理由が羽化し、こころの内部で飛び交う意思の粒子や、流動する細胞や、熱情し続いる理由との乖離から、懐疑的な心情にほころぶ先々で定理を破壊し、簡素な理由に打ち出す答えに体系的なジレンマが蕁麻疹を抱え、愚鈍な静謐から還元される価値だけが、儀式的な婚姻へと根幹を結び、根元から腐るような愛に排斥されるものが危惧する先に正義などなく、接続される答えに引き出される体系的な経路を進み、改善されぬ心身の傍観者として、卑劣に交わる先にかじかむ身体からかけ離れる心に拘泥する意識的な孤独はよく喋り、君を騙すであろうし、用いる自己などは、ダミーであるし、打ち出す今などは、無意識下に置かれた、底の底で、即席なものをデータ化し、安易な考えを用い、現実に倒錯するだけに錯雑なものを重ね、かさばるものに高まるものが無ければ、苦しみに委ねる欠如に至る妨げから、リベラルなものは、利便性を謳うだけに堕落する思いが理想を謳い、疑念に悶える刹那に陰る本質から利用される価値に飢渇する妨げから、苛烈なものを抱え、嗅ぎつけるハイエナや、鈍感なケダモノたちが抱える暗鬱なものを引き取るだけの堕落した界隈に用いられる会話などを聞かずに、自らの価値以外には、見向きもせずに、奏でる意味が、今を突き抜け、つくづくに迫るものが、物事を狭めぬように、と願う先に抜け駆けし、叶うものすら無くとも、弔うままに備わるものに背反し、たじろぐ間に時間を有することすら無残なものだ、と嘆く健気さに反し、関する間に反射する愛が瞬き、たじろぐ間に確かなものを生み出し、出し抜ける先に安易な支配が生まれ、感じることを失い、相互作用を施す愛から交わる今に始まる過程から真理は喪失し、想念に長けるものが完結し、懈怠するジンクスから、需要と供給は滅んで、保護する先にバンダリズムを掲げる安易な掲げる大義などは、短絡的な暴力を生み出すだけで、用いる正義などは、たちまちに交わる先で破壊性だけを持ち、構築されるものに悩ましく始まることから騙し合うゲームへと対立し、乖離していく状態に指定される痛みから散漫な配分を施す傘下へと下る組織的な喪失感から痛みは増していき、行き違う過程に集う場所から離れられぬから、用いることに阻まれ、破壊的な感性にとどまり、統括されるままに乖離し続ける空間と神経と精神と時間から、咎める先にとどまる場所から、齟齬するものがロゴスを破壊し、肯定的なものを陥らせる願いから、否定的なものが用いる場所に観点を奪うだけの闘争に阻まれる罠から、和解すべき互いが対立を続け、拙いものを加速させ、空間的な足枷を外せずに、自由に至らぬからと、仮説に従事する拙い意思がエクソダスすべき現在に点在する部屋という部屋が業火に包まれ、傲岸不遜に至り、大義名分を振り回し、露骨な革命は、肥大化する自らの痛みに耐えかねずに誰彼構わず傷つけることが答えであり、定義であるのだ、と打ち出し咎める先に道すら無く、満たされることす、否定し、被害者意識を疎外させ、市街戦へと倒錯する世界大戦的なペシミズムを用い、弱者共通語を話すものに耳を貸さず、傾けるだけにカタトニーへと至る思想的な拘泥から、意思的な困憊に反し、曇る身体もケミカルなものに塗れ、暗鬱なものを抱え、加速する心身を追い越せずに、自らの苦しみに耳を傾けるから、偏り続ける意思は、拙い意識を操縦できずに、誰かの意見に左右され、指図される喜びに敷衍する普遍性から、世界観などを謳い、用いることに有する悲劇から、簡素なものが、間接的に作用し、閉じた世界に、開かれた社会は、解放や自由を利用し、騙し続けるであろうし、正しい目を用いても、あざむく自分が、今を不憫に思い、憐憫などを用い、ただ同情し、自己を恫喝するだけに至る。