時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

裏切る位置

大きいも小さいも無く、差異も儚い動機に導かれ、幽遠に引き裂かれ、可憐に連動するちぐはぐな思いが被る先に悲歎に暮れるだけに明けない夜に欠ける思いが木漏れ日に透過され、些細な出来事がアップデートされるだけの体系的な憂鬱から規約を重ね、くすぶる互いがニュアンスにもだえ、惜別に震える身体から、加工される義務に炸裂する叫びから、感応する身体に迫る広義の解釈から、横暴なセンチメンタリズムが空しさを売りに、運命に働くだけの記号から、暗澹とした思いが運ぶ気後れが、希望を喪失するから、過程を損ない、その場でむさぼるだけの空しさにのさばる記憶から、侏儒たる思いを運ばせ、意識に疲労感を与えるだけの耐えきれずに、構築されるだけの理論に疎外され、喪失感にゆだねるものが、この場でルサンチマンに変わり、アイロニカルに至る前に、その場から放たれ、用いる意識を旋回するよりも、定義から離れ、与えられる理論に反し、緩衝する間に参照されるだけの定理に基づく意味に止まるよりも、逃亡し続ける先に掴まえられぬ思いが、その場から離れ、はびこる悪意に転換されるだけの動機に繁殖していく痛みから、緩衝する間にふれあう記憶から、不動の者と、なりもたつくモラトリアムから、もろもろの転換期は、歓喜を迎え、寂れた記憶に酷なものを与え、カタストロフへと至らせるような精神世界の終わりから、汚穢を謳うだけの厭世主義者が見出す終焉から、周辺は、続けるという意志を損ない、その場に止まるだけに位置と意味に絡まり、かかわるほどに、自らの正しさこそが、定理に変わり、定義を生み出し、概念を支配するのだ、と妥当な位置から、支配的な論理にかすむ記憶が擦れては、愛された記憶もその場で死滅し、死をモチーフに乖離した理解は、理性を損ない、その場を破壊するだけのジレンマを生み出し、兌換されるだけの価値に至らせる商法から、収斂される先に生み出される改悪から、回顧するだけに、すがる過去に枯渇するだけのニヒリズムから、滲む面影に提携されるだけに軽快なリズムから、起算されるだけに採算合わせ、最たる意味を損ない、因果に止まり、泰然と構える先に感情移入しては、しんみりと結ばれる思いが、放たれる主観に移行していく行為から、引きずる後に生み出される関係から、兌換されるだけの消失から、観点は損なうだけに粗暴なものに支配され、芝居を続け、つたない愛に引き取られるだけの影から、形を見出すだけに、未来を損ない、予想されるだけの意味合いに飢渇し、機械的な道理に理解を想定し、相乗効果を強請るだけの境目から、邂逅する現在に近づく意味合いから、近未来とは、よどんだ過去に囚われ、退行するだけに至り、明け暮れる動機は、掃きだめでエゴをため込み、対価を求め、笑顔を売るような媒介から、抗う快楽から、理論上の消失から、損なう影から、浮遊する主体が、正体を求め、自らのメランコリーに加速しては、細胞単位にまで憂鬱をため込むようなジレンマから、肉薄していく自己の敵愾心から、抵抗していく論理に乖離していく状態に浸るだけの空疎な安易さに恒久的な陰鬱さを抱え、根底から飢渇するだけの動機に排斥されるだけの観点から、改善されない痛みにいぶかる現用にはびこる悪意が倦怠感を担い、滲む記憶から、いぶかる現用に果てる今に長じる雄勁さから、希望が広漠たる様相にかかわり、解消される痛みから、いたわりが生まれ、初心な実情から、照合される今に来る状態に組み込まれる最愛のものから、物物しい問題が示唆する愚行から、荒涼たる思いが、太古の歴史を引きずり、ヒステリックに描くわびしいものから、後悔を謳い、妨げられる問題に憎しみを媒介指せるほどに魯鈍なものが文字の寸鉄を用い、モチーフとされるだけのものを模倣するだけの包囲網に突き刺すべき意味から、君が用いる欺瞞に浸るだけの空疎な悲しみによがる征服欲から、整容されていくかのように提携するだけに用いる普遍性が利用する統合から、投影されるものは、同じものであるべく、似たものであるよりも、相似するようなものであるべきなのだ、と人間機械論的に描かれるリビドーから、高邁な者がよどませる世界性から、制圧されるだけに映じる自らの行為におとずれるジレンマから、じとじとしたものが記憶を濡らせ、穢された怪訝な身体から、アニマは消え去り、軌道修正をもくろむだけの虚像から、競合を求め、戦争状態へと至らせるような闘争から、逃亡し続けるニヒリズムは、最もな神を求め、自己批判を繰り返し、言い分けがましく用いられる信仰にいらだちを昇華させ、あるいは、空しさの孤児を解放すべく、懐胎される真理を自らに身ごもり、子供が子供を産むような逆算から、弱者に変わり、投影されるものだけを受け取るだけの歪みから、いぶかる言動は、高揚感を持たずに、雇用されるほどに補填される苦しみの繰り返しに偏り、自ら反復させるべき確かなものに鳴動せずに、共同は怠慢を謳い、瀰漫する不満足を叫ぶだけで、、物事の確かさに触れずに、何かを偏執させ、崇拝するだけに至る原理などに見解は廃れ、疲れるほどに、誰かの意見に偏り、自らの意思とは、損なわれるもの、だ。