時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

和解



記憶も高邁なものを用い、生じる由縁に高まる思いを崇め、あてがわれる以前に用いるものだけが勇躍し、捕縛されずに、感応する隙間を伝える私情から、惑乱する思いが詩的なものを伝え、揺籃でもだえた暁から、終焉を謳うだけに明け暮れるペシミストが歪んだ成否を捉える以前に、自分とは何かなど、と現を抜かす事も無く、体現される間にひしめく今だけを捉え、次々に紡ぐ意識が段々になり、段落にひしめく悠揚な事実から、空疎な永遠を捉え、咎める互いにちぐはぐな愛も風化するだけの由縁へとデカダンなものを用い、問答するだけに、答えは自我を捉え、寂寞でひしめく浄化しない感情から、関与する間にひしめくカオスから、内面的な自壊作用を施す構造的な排斥から、いぶかる言動に排除されるだけの関係に咎めるだけの思いが、インモラルなものを謳い、モノラルな感情から蝉蛻すべく、倒錯する現在に錯雑とした関係に陶然とゆだねるだけに有効な記憶などは、この場で知性を失い、齟齬するだけに関連する事業へと拘束され、宇宙的な現用から、確証されるだけに原理的なものに疎外されるだけに知性を失い、ただ暴力的なアナクロニズムへと相互するプリミティブな本能から、凡庸なものを買い取るだけに対価を求める間から、敢然とゆだねる記憶が自虐的なものを抱え、自傷行為に至るだけのペインから、理想は供給されるだけのアナーキーさに退廃し、用いられる差異に先天的な苦悩を授け、最たる意味を喪失し、指図されるだけに投下される意味に傷つけられ、記号化する安心感への機械化を終え、行いに迫る位階秩序から、インタラクティブなものが相互依存し、損害を加えようともくろむ用途から、老廃物を吐き出し、掃きだめにエゴの吹き出物を作り、都合主義が道楽へと至るだけの恫喝から、交互する意識は、あいまいな内心にセンチメンタルなものを偽装し、自らの戦地へと送り出される関係から、懐胎する現在を産み落とそうと苦しむ間に時間とは、引火するだけの事実に燃やし尽くされ、都合良く支配されるだけの現在の貧寒さに補完されるだけの愛により領土を奪われ、良心を謳い、絶対的なものを束縛するだけに観点は軋轢を加えられ、自ら抑止する間にため込む欲望の支配が加速し、加工されるだけの品位や、倫理観に妨げられるだけに限界を生み出し、そこかしこに関連する状況から、驕傲な対応を繰り返し反復させ、背徳を続ける間にあいまいな道徳に妨げられずに、己の正しさに示唆するだけの善悪などは、与えられた材料にすぎず、外側から加えられた概念的な圧力であり、蓋然的なものなどに制御されるだけの自らの肉薄から、迫害される敵愾心から、ファシズムへと至るまでの距離に生み出される自信の虚偽からの解放を目指すべく、解除すべきこころとは、咎められずに、なんぴとたりともに擁護されず、汚されずに、自らケアするほどに景観を斡旋し、先天的なもので奪うだけの搾取から、カタトニーは生まれ、アイロニーをため込み、寂寞に体系を用い、モチーフとされる独善的な善用から、用途は正義を謳うだけに関連するもののすべてを悪として捉え、咎めるためだけに善悪を利用し、罪と罰で偽装し、仰仰しく誰のこころをも占領するだけに至る道徳などに背理法を掲げ、重ねる意味などに、意志など無く、ただ与えられた義務に従わせるべく、自らの意志などは、おざなりにするだけに意思とは損なわれ、その場で屈従すべく、すべてに手立てを加え、甘い蜜で誘い、苦しみ耐える事こそが、この蜜をもらえる的な依存性を与えるだけに脳内は、快楽物質を求めるだけの傀儡として、懐胎する苦しみを産み落とす事だけに偏り、解除されるかのような苦しみは、ただ現状から逃れるためだけに体系的なものに咎められるだけに、体系的なものに関わり、退行するだけの意思を生み出し、多幸感を誘うだけに、移行する意識は、対抗するものを見失い、ただ作られた敵を恨むだけに至るようなルサンチマンへと陥らされるだけに些細な出来事とは、些細なものに左右され、自らの意見とは、操作されるだけに至り、いびつなものに疎外され、汚穢へと変わるだけに加わる出来事は、高次に至らずに、謳われる普遍性により、偏り続けては、抵抗を加えずに、空虚なものをため込み、抗原を混ぜ込み、細胞に抵抗を加え、現在に対応していく抗体から、交互していく意識を編み込み、威厳を保ち、次元が違う場所へと移行していく崇高な精神などは、枢要なものを見失い、そこに崇めるだけの過剰な動機を生み出すだけに危うい偏りを自ら生み出すだけに継体するものを体系と化させ、緩衝せずに、感染すべく、すべてを利用し、量子の中を泳ぐ物質の大海から、解体される現在のアノミーを破壊すべく、すべてとは、領土に加えられずに、この場ではびこる意味などにかかわるほどに、敢行する意志だけを頼りに、自らを貸与せずに、短絡的なものにかかわらず、自らが織り成す事だけが、正解すら持たずに、昇華するに至る創造性にだけ制圧されぬ何ものかを産み出す。