時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

警醒


 何に妨げられる事も無く、つれづれなびく艶麗な月日にゆだねる面影が陽炎に変わり、ニヒリズムを照らし、優雅な時に扮装する理由が偏執する以前に長ける思いが、伸び縮みし、淵源に長ける思いが、収斂されては、断続する風景に実情をこぼし、収容されるだけに働かされる毎日に位置を用い、嫌気がさすような断末魔が空気をくゆらし、前衛的に揺らぐ溌剌とした思いに嘆きを捧げ、些細な思いがささやかな行為に耽り、変遷していく思いが、先験的なものを持ち込み、答礼に複雑に混ざり合う一生涯や、骸に変わるまで外界に課せる重みに繁栄される事柄などは、鈍麻なものを現在に持ち込み、応じるだけの答えに牽引されるものに権利を授け、謙譲されるだけに上意を謳い、現前に果てるジレンマがジェラシーを持ち、保たれる現状におとずれる擦れから、愚鈍な者が支配するだけの思案は、草臥れた様相に絡まる次元から自生するものにも法で加工するだけに品位は、本意を損ない、偏るだけに至らせる悲劇から、緩衝していく経路にファシストが生まれ、紛争へと至らせる悲劇から、格納される思いが差異を用い、持ち込まれる是非との対立を終え、対岸の火事的に傍観する者どもの至福から、孤立していくだけに免疫力が低下する孤独感にフランチャイズされるだけのシーンから、断続する孤独とは、慢性的な病を運び、青々とした孤独に虚空は絡まり、加算されるだけの孤独が変容し、編纂される孤独が創造性へと至らぬから、その場の掃きだめでエゴをため込み、傲慢なものへと偏るだけの心情におとずれる差異から、思想は偏りを示し、心象が奪われるだけに至らせるような遠因から、印象は高潔さを謳うだけに運命的なものと邂逅せずに、設置されるだけの義務的なボタンを押し続けるような対比から、対等なものとは、自由をねじ込まれ、その場で等位に加工されるだけに関連性とは、実情を持たずに、事実上の敗北を謳うだけに課せられる義務は、空疎なものに偏るだけに勝ち誇るものを生み出し、加算されるだけに義務感は増し、空疎な理由で喪失されるだけにあいまいなものを敷衍させ、緩衝する先々に対立するだけに運命的なものに報復を繰り返すだけの反復から、怒りは頒布され、巨大なルサンチマンへと変貌し、自らの怪物を打ち倒せずに淘汰されるだけの現状にこじれる刹那から、扇動されるだけにため込む軋轢から、用いる是非に流用されるだけの徒労から、肉薄する精神が迫害され、些細な状態にこじれる先々で淫蕩なものに耽り、敢行する意志を用いずに、保つべきものへと保身を攪拌させ、最たる意味を喪失し、投影されるものに投げかける疑問から、風霜に草臥れるリベラルなものから、微かな災いを交わすような優雅さを持たずに、寛容を謳うだけでは、ただ今に至る是非に帰任するようなものを抱え込み、今にこき使われるだけに犀利な意思を持たずに、保たれるだけの是非に認可されるものだけを信じ込ませるだけの教育から、聳立すべき高次の意思は、ただ他者を見下すだけの高みへと登り、自らの残虐さに還元される事だけを真実のように扱う事から義務化する空疎な自分への対立たる弁証法へと至らぬから、問答は悶着し、懐疑的なままで搬送される意味に答えを着せ込み、偽装するだけに至るような交換から、硬化し枯渇する精神にゆだねるべき是非は、人工的なものを根源に機械的に支払われるだけの経過から、受け取る義務へと損なわれるだけの独善的なプロセスに快活なものなど生まれずに、その場で朽ち果てるだけに理解は、関与するものに定立されるだけの理由に理想は、恒久的な固結を生み、断続する思念は、簡素な理由をもくろみ、たじろぐ間にロジカルなものなどが阻み、排外主義者を生み、ただ保守的な捕囚として保つべきものをこじらせるだけに間柄に断続するジレンマから、人寰に課せられる答えに投影されるだけの退嬰的な者からこじれる今に馳せるものが偶像崇拝を繰り返し、マジョリティーな意見から、異形のものは排除され、慢性的な病へと移送されるだけの真理に排斥される現在によどんだ意思から、陰鬱な照合を繰り返し、成し遂げた後にもゲリラ化し、発信される義務に雲散霧消していく徒労から、浪費していくだけの命から、隠逸していく後に陰る本質も、信仰するだけの本質に敢行すべき死も挑む事に置かれ、怯えるだけの生から反響していく心情に答礼を繰り返し、希望を生み出さぬ限りに乾く精神は、悔悟をため込み、体系的なものに孤立し、問責を繰り返すモニュメントから、リリカルなものは、空疎なものを悲劇的にため込み、投じられる理由に理性を損ない、損得勘定で行われるだけの義務化したものに支払われるだけのものを本質として捉え、途絶えるだけの意味に堅持されるだけのものだけが、真実として受け取られるだけのものを認識し、間違ったものを育てるだけに訝る。