時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

創造性への磔


 アナグラムを追う普遍的な日常が変形し、韜晦していくものが、退行していく森羅万象で正面衝突し、回答を持たずに、新緑に消え、餌を求め、被害者意識の台風へと変化していく意識の過程から、編纂される意識が生産的な過程を濁し、生じる由縁に目的を喪失しながら、しなびた記憶に拘束されるだけの論理的な軋轢へと偏執していく思想的な根源から、厳然たる様相に聳立する超自然的な木々との対話や、黙示録片手に抵抗する終末論的ペシミストの群れや、傀儡と化するだけの現用にカテゴライズされるだけの現実的な様相に果てるだけの現状に用いられる抑圧に反発するような意識から観点は奪われるだけの結末へと押し出され、些細な出来事に怠慢なものを掲げ、現時点に用いられる差異から、あいまいなものを巻き込み、修羅を歩き、透徹していく現時点から、離床していく果てに用いられる快晴だけを味方に付け、つくづくは、負い続ける事により、腐敗していく心理へと移行し、行為は、元々備わるものに偏る仕組みに解放されるような憎しみを吐き出し、破壊的な受理から、幽遠に起爆していく思いがいくつもの道をつなげ、定期的な分裂から、投影される物事に鬱積していく時系列や、自壊していく苦しみや、空間的な悲しみにはびこる悪意などが定理に結びつけられ、憎しみに敷衍するだけの実情が行為に横溢し、鮮明な過去の奴隷として指定される義務を背負うだけの理論上の敗北から、根元から腐り、空腹を癒やすだけの移送を続けるだけに隠微なものに欠乏していく自己から、肯定的なものに疎外される批判的な者が蹴落とすだけの建設的な妄想から訝る現用に回線をつなぎ、同じ機械的な者として、凍結していくだけの移行から差異は、最もな懸隔を用い、はびこる邪推から、悪意を利用するだけの理論的な妄想から、頑迷固陋な者を生み出し、固執するだけの意識に最善のものなど現れるはずも無く、はびこる悪意に攻め込まれるバビロンに染まるから、贋物の価値こそが、悲劇を寄せ付け、誰もが贋物の価値を用い、モチーフとされる独善的な監獄へと統監され、用いられる権力を持つべきなのだ、と保つべき均衡も、きっと未来を妨げるだけに至るような自由を謳い、用いられる不幸を利用し、金儲けの獣として偽善的に統括されるだけの精神的な依存から、インモラルを謳うほどに、独善的な差異から、再活用されるだけの隠語から、陰鬱な衝動へと旋回する意識的な諦観から、退廃的なモジュールに破壊の呪文を唱えるだけの印象派が生み出した生命的な青から、狡猾な理論を打ち倒すべくコモンセンスを破壊し、無意識に配備されるものを翼賛する賛美歌が降り注ぎニヒリズムの夜を超えるべく、ベクトルを猜疑心でまとうようなシュールレアリスム的な結び目から、無修正の夜に移動していく深海魚に乗り、寄りかかる現実に最たる意味を見出すべく、めくりあげる先々に酩酊する深夜から、狡猾な論理を引き出すだけの統計上の苛烈な死に至る病的な愛撫から、哀願するだけに願望自体に疎外されるだけの観点から浪費されるだけの主観は、瞬間的なものに囲われ、過去は恒常的な始まりに色あせるのでは無く、瞬間に永遠を残し、与えるべく影響に、与える分だけの時を授けるように、はびこる空間にせめぎ合いながら、緩衝する事に現れる自己に永遠性とは、訝るほどに、遠因に補填される今に永遠性を残し、そこかしこでジレンマを残し、時代性の陰鬱さを引き延ばすだけに体系的な悲観から、貧寒を生み出すだけの組織的な退嬰から、体感すべき時代へと移行していく様々な闇から、創造的な適任から、認識は、俯瞰に深まるだけの現状に反復していく事に折り返していく自己からエクソダスし、屈折した夜に腐敗していく人工楽園的な夢から、悠久へと至るデカダンボードレールの耽美に不潔で詩的な夜に疲憊していく事にうごめく行為的な背理法から完結していく思いが兼ね合い、愛される事だけに質感を残し、死を乗り越える君の勇気から、勇躍すべき今と手をつなぎ、対価を求めるよりも、多幸感へと誘うような創造的な権勢から、思想を乗り越え、もろもろのアイデンティティーを打ち砕くような何かを産み出すような昔年から、接続される動機から、動詞に至るようなセンテンスの深淵に触れ、俯瞰にはびこる悪意に排除されるだけの闇に剣呑なものを持ち込むだけに体系的な権限を謳うだけのもろもろの価値の家畜として、支配されるだけの闇に位置づけられる思いが、横暴な支配を受け入れ、継続していくものが重荷に変わり、枯渇するだけに統括されるだけの数多の愛に野ざらしにされ、些細な事で孤立するからこそ、この一瞬に輝くものを掴むべく、確かな創造だけに誠実さを支払う。