時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

散漫

 
 恋しい記憶が止揚され、思う事が高められ、互いにちぐはぐになって消えたエレジーが旋回し、密接な関わりを持ちつ持たれつ、相互依存し、インタラクティブに無数の意識をつなげる後から交錯する余韻が因果を破裂させ、晴れた隙間から、磊落な思いを注ぎ込み、可憐な意味合いから、慟哭へと誘う観点から、浪費していく宿命から、魂胆は和解を求め、外観に果てるだけのジレンマに後続する意識から、運命的な戸惑いへと鈍麻で貪婪なものを運ぶだけの怠惰な面影に浪費していくだけの関連性に劣悪な粛清から、生命的な論証に肯定的な論理が拘束するだけの影から、ドラマチックなものが創造性を蓄え、物事の枠組みに反し、緩衝する間から、安易な衝動性を用い、物々しい雰囲気から、言い分けばかりが集う鳥たちの歌声から、短絡的な暴挙へと進行していくだけの行為から、夷狄な者が迫ると嘯くだけの囲いから、観点は奪われ、誰もが汎称するものにすがるだけに衰退する意味から、プラトニックなものをオブラートに包み、旋回する意識は感染する意味をすなどるだけの搾取を繰り返し、悪趣味な支配から、散漫なものをため込み、多幸感へと誘うだけの鈍感な意識が屍斑を織り成し、半径にタナトスを生み出す辺りからフロイトが提唱する死へと急ぐような諦観から、理想論は痕跡も残さず心象の神に反し、災いの灯火に諦観の歌を促し、道標を立てるほどに同じ道を歩む者は迷うような仕組みから、人間的に集うほどに良い方向へとは向かわずに、集まれば集まるほどに悪臭を放ち、露骨に反する間に互いになすりつけるほどに一人では何もできずに、ただ集団の中でさまよい、ただ衆愚の中でいちばんの凡愚へと陥るほどに、何もかもに奪われる思念が、思考停止に陥り、利己的な気配から、軽薄な支配は、反感を買うだけに関連する状態に理想を用いずに、希望的観測から打ち出させる怠惰な問題から、高尚さも無く、差異が生まれ、最たる意味を喪失するだけに怠惰な面影に腰掛け、四季的な道理から、理念的な喪失感にゆだねる先々に権限を生み出すだけに退廃的なものを模倣し、関係性に彩るだけの諦観から、連綿たるものが続く限りを引き取り、引き替えに何かを奪うだけの観点から、拘束されるだけの義務感へと移行していく心象から捕らえられた意味が体感すべき実情も、実証を踏まえたものを持たずに、ただ持たされる義務から、衆愚へと収納されるだけの同じ言葉から、狡猾な者だけが支配者へと至るような論理から、抗体を持たずに退廃的なモジュールに先行的に訝るだけのジレンマから、時代的な悪魔が迫り、愚弄へと至らせるだけの遠因に捌ける思いが、恒常性を損ない、貪婪な意思から相続していく憧憬から、理念は象徴的なものを神として崇め、なれ合う儀式から、意識は損なわれ、生じる観点に転移していく病から、躍動する意識を持たずに、ただその場でこじれるだけの意図から、陰鬱な衝動をため込み、体系的なジレンマにゆだねるだけの寂寞から、儚いものを用い、虐げられるだけに視界を奪われ、世界性を彩るべき理由も領土を奪うだけに対価を求め、答礼を繰り返すだけの答え合わせから、世界は合わさるだけの義務感に口裏を合わせ、色あせる隙間に世界は瀰漫し、不満足を謳うだけの体系から、組織的なグルーミングを終え、互いの意識が強固なものを織り成し、互いを高め合う限りに溺れる者も現れ集団の中で生み出される勘違いから、自らが強くなったかのように放つ意志も、互いが用いるものを収奪する限りに意識は収斂されずに、放たれるだけに離れ、集団の中の監獄では、区域に分けられ、集団の中で差別化され、分別的に侮蔑され、組織の中で階差は生まれ、物事の段階に至る前に、自らを損ない、組織の中で対立は生まれ、人間というものの小ささに妨げられ、何をも超える事はできずに、その場で止まり、孤立する恐怖に震えるほどに、離れる事はできずに、その場で小さくまとまるだけに間違いを改めずに、その場に止まりたい一心で、言い分けがましく至らぬものを信じ込むほどに、自らを損ない、誤り続ける先に見出すべき未来も見えずに、視界不良に至るだけに隊列から離れる事を恐れるだけの形あるだけの身体から、歴代の悪意を引き取り、安泰を願うほどに、魯鈍な支配は、そこかしこでジレンマを謳い、奪うだけの主観に粛清されるだけの悪意が、境目を用い、用いられる独善的なものから、孤立していく永遠性に制圧されるほどに朗唱されるだけの因果なものが、物事に亀裂を与え、正解も見出せずに、未来を奪うだけの形に権利を謳い、牽引されるものから自堕落なものを織り成し、自らの誤りを認めずに、みちみちとしていく満ち足りぬものが、すべての弊害を生み出す。