時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

習慣性に反する

 瞬間は最大風力を用い、物事を飛び越え永遠性を蓄え、現在から背反していく。排外主義的に描く真理が絵空事や、傍観者を作り上げ、鮮明な過去から恫喝されるだけのジレンマや軋轢から、気後れするだけの認識に排される間に欺瞞を運び出し、散漫な意識が奴隷化し、過信ばかりを携え、自己顕示欲を肥満化させ、歩かせるだけの思想が錯綜し、失意の下、現象に携える意味から失踪し、端的な理由に象徴的な神を作り上げ、現在を邪推するだけに至るようなリリックから敗北感に軋む悲しみや苦悩から抜き取られる希望が症状を悪化させるのだ、と君はあいまいな今に酔いしれ、現在に希望を見出させぬから、世界からはみ出し、配備される間の質感も分からずに、あいまいな今を引き取るだけに続ける事をしないから、その場で膠着し、光沢を失い、様々な思惑がひしめく裏切りの陰惨さの計算式の中でさまよい、最たる意味を損ない、問答する意識に膠着するほどにほどけぬ思いは、施されるだけの今に引き取られ、物事のいびつさに対峙し、退廃的な物事を正解のように扱い、憤懣をため込むだけにルサンチマンに成り代わるだけの自己表現に陶酔し、自己評価が高いほどに、補填されるものに取り憑かれ、咎める者を排除するような排外主義へと移行し、その場でファシストに変わり、相対するものを破壊するだけの情緒から徴候は、はびこる悪意を接続し、様々な理由で獲物を狩るだけに至るような支配的な論理から、昏睡する意識に数多の理由を突きつけ、償いを求め、つくづくに攻め入る意味を瀰漫させるだけに些細な意味を場面に転換するだけのプロセスから、剪定される意識は茎を残し、あたかも花が宿っていた形跡を認識し、その場でまだ生命は続いているかのように思わせるだけが、存在する、というだけの認識に至らせるような虚偽から同一化をもくろむだけの精神が、存在を照らすような他者を用い、用いられる現実に消費されるだけの関係に韜晦していくだけの薄っぺらい存在に損得勘定などを打ち出し、生み出されるたゆみや差異から、対等なものを用い、用いられる事を独善的に統括しては、崩壊する現在に転嫁される意味を独占欲的にねじ曲がった精神により、拘泥していく限りに拘束し、安易な支配は、観点を損ない、その場で朽ち果てるだけに至るような存在に損害を加え、消えぬ傷に変えるだけにデカダンなジレンマは、人徳などやジンクスなどで意識を拘泥し、その場にはびこる死から逃れよう、と運び出す意識が混沌に至り、統合しよう、ともくろむ脳内も、脳幹にたまるよどんだ血や、位置に用いられる軽薄な存在や、この場で配備される間を閉ざすだけの重いだけの自尊心や、時系列にかかわるだけの空間的に甘苦や歓喜や、軌道修正を施すほどに、おどける自己へと座礁していく今に瀰漫する不満足が恫喝する現在にひしめく意味に回答を求めるだけに簡単な理由に疎外され、騒然としていく意識に貧寒なものが迫り、用いられる原理に起床するだけに期待感をほころばせ、滅びを謳うだけに裂ける今から陰鬱な証拠を残し、相続していくだけの意識は、意味深く罪深いなど、と現を抜かし、ぬるい現状に見解を求め、還元されるだけに深まる差異から、惨憺たるものに腰掛ける意味から言い分けばかりが、この場に軋轢を加え、身動きを取られぬように咎める間から、酩酊する心情に逃避を続け、綴る意識は、つたない歴史を淡々と歩き、徘徊し続ける意識は、どこを接点に、何を接続し、何を迎え入れ、答えを慟哭へと導き騙すのか? と対価を求めるだけの恋愛ゲームから、観点は愛から妨げを生み出し、些細な出来事は、現実というデータに妨げられるだけに本質的な愛は妨げとして迎え入れられるだけに愛とは、愛を用いるほどにほどけぬものを用いるよりも、その者を獲物として、はたまた生け贄として捧げる事に置かれる関係性だけが愛を問うよりも、愛を用い、何かに利用するだけの物として扱うだけに愛は、愛を理由に利用する、という物に転換されるだけに至り、扱われる愛は、厚かましい今にかまける事を忘れ、かばうべき今に閉ざされるだけの心情に統合されるだけに兌換される理由は、硬化していくだけに至る。ただ用いても、似たような価値を買い取るだけに至り、似たようなものの値が上がるだけで、何も埋められず、今に用いても、後には何も持って行けないのであり、たとい用いても、側で横着するだけに至り、着眼点を損ない、そこでがんじがらめになるだけに至り、ただあるとは、当たり前のようにあるのでは無く、認識してこそ、あるという物を見出し、追従するほどに内に孕むものは、魯鈍なものに変わるだけである。