時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

秘密


 まだ見ぬ明日がほどけ、適度に揺れ動くジレンマも、時代的な陰鬱さを背負う事で、短絡的に物事を捉え、途絶える意識は、初々しいものを持たずに、ただ虐げられるだけに数々の慈愛に導かれるだけに同情を用い、物事を計算的に捉え、意思を途絶えさせるだけにたどたどしい思いが、今にかかずらい、瀰漫する影や、不満足を用い、譲与する理由に観点は疎外され、肥大化する意識は、被害妄想へと至るだけに満ち足りないものをリベラルなもので染め上げ、些細な出来事に伏せていく観念は、生涯に疎外され、端的な理由に慢心を運び、短絡的な思いに固執し、聡明な意志を持たずに、枯淡にあえぐ渦中に進路は逆算されるだけに悄然とした意識に保たれるだけの均衡が、強固なものへと変貌し、咎める隙間に成し遂げるだけの後から、高尚なものがあふれ、背反する意識に階差など無く、ただあふれるものが、物事を包み込む事に与えられる影響とは、自分自身の内外の指針とならず、ただ用いられる満足に快感だけが迫り、妄想的な模様が倍増し、万感に迫る浪費するだけの統合性から、淘汰されるだけの精神世界に寂れた記憶が、緩慢なものを運び、慢性的な憂鬱へと変貌していく陰りから、果たすべき義務に果てるだけの疑似的なものが敷衍し、背景を廃墟に変えるだけのエゴイスティックなペシミズムや、スタティックな思いが深層心理に木霊する音をミキシングし、最たる意味が反響し、叙情的な主観に理念を与える以前に、超自然的な思念は、前衛的なものを重ね、折り重ねる時間に欺瞞を重ね、その時間制の永遠の渦に吸い込まれ、物事が、原子にまで分散され、遮られる生命は、途端に自らの永遠性にふやけて、言葉も無く、退行していく陰りから、起算される原生にはびこる意識に背反していく限りに生み出される意味だけが高揚し、打開していく先々に最愛のものが生まれ、埋め込まれた意識や、介在する意識の住処に退廃的な接続を行うだけに邪推する精神は、静謐なものを瀰漫させずに、自らの不満だけを折り重ね、唾棄する間にあいまいな進路を授けるだけに明け暮れる意識の断末魔がサイクロンを生み出し、最たる意味を破壊するだけに至り、創造的に至らぬから、訝るだけの現用に課せる理由が横溢し、オーガズムを求めるだけに用いられる物事に惨憺としたものが生まれ、行為そのものに徐行するだけに意識が軽薄な理論を用い、文言に捌けるリスクから、離床する先々に定理を生み出すだけの無為から、無情な形式に折檻されるだけの形跡から荷担するだけの意識に除外されるだけの横柄さから散漫とした意識は、対価を求め、今に疑念を用い、犠牲心を謳い、快活なものを魯鈍なカタルシスを求めるだけの信仰心へと移行させるだけに最たる意味は損なわれ、そこかしこで背負うだけの義務感から、課せられる世界との絶好を謳い、懐胎する死や、深夜に咲き乱れる意識の花や、恒常的な信用を謳う悪意から、色あせる先々に嗄声や、性別を超えた腐乱や、ぶしつけな解除法から、時々に朗唱される神話に加工された品位に隠逸していく思いを投与し、有する過程に導かれ、美化される意味に印象は高潔なものを喪失し、相互依存するだけに損壊していくだけの関係性に生後から書きためたメタファーを吐き出す暗澹とした侵攻から、更迭される意識に迫る独占欲から、照合する今に満たされる思いが流動し、齟齬するだけに聡明なものを咎めるだけの酩酊をメルヘンに変えるだけのネオン街から、カルマを疎外させるだけの永遠回帰的な定型から、諦念を謳うだけにねんごろにつきあう先々に最たる意味をぶつけるだけに感応する言葉が、事柄を覆い尽くし、私は、私である事を俯瞰に授け、さしずめ自分を他者のように扱い、あいまいな今の偶感に風化していく思いが浮遊し、抱擁する今に意識は創成され、成層圏を超えて、宇宙に超過していく意識が観点を疎外させ、生涯に砕けて、あらゆる時間から離れて見る世界とは、世界として認識する以前の景色に形式を生み出すよりも、要理に導かれ、他人行儀な意識に観点を生み出すだけの浪費を促すだけの経済に形骸化していくだけの一過性の義務感のギミックに惜別していく限りに陰る真理は、心象に照合されるだけの物事を正解と呼び、そこに押しつけ当てこするだけの世界を世界として手なずけ、訂正される現在に昇華すべき理由も持たずに、肖像に砕ける冷厳とした事実に移行していくだけの身体をほどき、あらゆる自由からも放たれる今にこそ、思うだけの自由に利用されずに、本質からの正解を認可し、認識するほどに形式的なものに関わり、用いられる自由に利用されるだけに至る事に信用などを謳うから、真相は、当てずっぽうに物事を判断し、本質を見抜く事ができない。