時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

自ら歌い上げる意志



 怒りの根源は、どこにあるのか? と焦げ付くこころが試すだけの思いが雨を降らせ、複雑に絡み合う月日にゆだねる思いが、引力を与え、行為を引きつけるだけに悲観的に物事が迫り、感覚を奪うだけに至らせるような悲劇ばかりが、ピックアップされ、被害者意識を育て、惰性な意識は、退嬰的なものを抱え、アナクロニズムへと陥り、短絡的なものを信心するだけの事を大人などと促す魯鈍さから、愚行へとひた走るような原動力を与え、リリカルな私情の類似品ばかりを集め、剣呑な思いがロックされ、遡上する意識が観点を飲み込み、緩慢な永遠回帰へと失踪していく先々で倦怠感を抱え、自らの悪路に課せる重荷から理解者を集めるだけの教祖や、競争へとちりばめられたメタファーが牛耳る小説的な時折のギミックや欺瞞が不満足を謳い、俯瞰に迫るダイナミズムや、大胆不敵に迫る過程から、倫理観を促すほどに、倫理観どはほど遠いものを寄せ集めにし、厚かましい記憶に満身創痍になり、担うべき愛も、ミリタリズムを抱え、利己的な戦争へと専横されるこころは、被害妄想を抱え、リリカルな私情に同行は、散漫な思い出を語るだけにカタルシスを施し、浪費していく観念に美しいものだけが森羅万象に混ざり込み、定理を打ち砕き、自らの犠牲的な神話を超越し、聡明な時に艶やかに嘆じ、あいまいな時に伏せるだけの行為に元々の散漫さを掲げるよりも、要理にひしめく思いが言い逃れを求め、惰性な時に居残るだけに、訝る言動から、マインドは孤立感を抱え、欠ける思いが壇上へと上がり、ひたすら説き伏せる間にアイロニーばかりをため込み、場面で横着する思いが、膠着しては、昏倒していく意識に本質は美化されるだけの作品として視覚を濁し、何も見えなくするように示す事から力の扱い方も知らぬような者が示す問題提起から定理は濁され、黒々とした思いが値を示す辺りから、あいまいな価値は、暗澹とした思念を逆算するだけに大抵の気後れを感じ、加算される原理に退廃的なモジュールとして自らの空虚さを加算されるだけの物事にことごとくは、自らの横柄さに支配され、横溢する瞬間に隠逸していく思いが主体性を損ない、そこかしこで延々と演繹を続ける事に置かれる現時点の孤児として引き裂かれた母から破砕される苦悩に至らせる浄土から、悲劇的な聖域へと逃げ込むだけの心情に統括されるだけの風景に慟哭するようなジレンマに同じような感覚が、同じようなものを集めるだけに兌換される価値に感覚はいとわしいものだけを物語に引き込み、悲観的に至らせるだけに異物感を抱える過程に感性は膠着していくほどにシチュエーションの犠牲者として、カルマに奪われるだけの天昇から、定型的な観念が逆恨みするだけの現象に更迭されるだけの意識的な左遷から、端的な理想は、膠着するほどに魯鈍な支配を受け入れ、自らの奴隷として隷属する規律から、帰巣するだけの真実に浪費していく思いが指定するギミックに理想は膠着するだけの差異に偽装されるだけの自らに明け暮れる理念から、排出される思いに荷担するだけに過干渉し合うだけの理念から、間接的に入り交じる現状に透徹しない思いが、そこかしこで難しい顔をして、死へとさかのぼっては茫然自失に至らせるような依存的な姿勢から、真相は窮乏し続け、ただ都合良く忘れる身体が唾棄する主観と瞬間に思考停止し、新鮮なものを嗅ぎ取れずに、加工される義務に意識的なものは、寛容に物事を捉えられずに、そこかしこで提携されるものだけを正解として受け入れる世界から抜け出すべく、逃げ惑う意識は折檻され続け、つたない思いが、空疎な意味を伝い、つくづくに散漫なものを吐き出す限りにデカダンへと変わるスケープゴートから統合を強請るだけに悲喜交々としていく思いが界隈になびき、内面的なものに支障を与えるほどに魯鈍なものが交錯し、倒錯する現状に、堅実なものは無くなり、堆積するものが零へと変わるころには、自らの無限性へと転成し、現時点を籠もらせる隙間から、毀れる曙光が、降誕を促し、途端に神へと変貌していく咎めもとがも外れた大概の思いが修繕を促し、照合するだけに打開すべき今に押しつける価値にあてがわれる答えに磔にされ、偶像崇拝へと至らせるような償いを謳うだけの苦痛から、空虚さに迫る昔話や、無情な実体にかさばる思いが問い質す現在に偽証されるだけの答えを認識し続ける誤りの法廷へと立つ者が物語る隙間に思想は、物事を途絶えさせるための罠の餌として撒き餌され、餌付けされた心情が査定するものだけを信仰し、行為へと逆算させるような愚鈍な者が示す物事に流されるだけの対象が、ただマジョリティーに促され、済世を行わず、ただ自らの意思を損ない、手なずけられた者として、問題自体を引き裂くような者にならず、引き継ぐ者として、どのような場面でも自分の意思とは、誰にも占領されぬように、と。