時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

体系的なものの終焉


 何かを伝えるということは、静かに行われるべきであるし、やがて来る未来のために受け入れるべき寛容さだけを押し広へ、昇華する優雅さに観点は、露骨な支配を取り外し、誰かが騙る言葉に正しさを求める経路から、朗唱される真実に背反し、加工される義務に観念を奪われ、信じ込まされているものを信じ込むほどに、魯鈍なものへと偏執するだけに至らせる痛みから、陰鬱な衝動をため込み、言葉を用いるほどに独善的な商法へと放置されるだけの印象に更迭される愚行から、昏倒していく意識は、訝るだけの実情に永遠性を含ませ、俯瞰に迫る現前に対処しきれぬ思いが対応し続ける嘘から、根底は飢渇していき、印象に求められる統合から、性質は、精神的な迎合を施し、奔走する意識は、消費される事柄だけを行為にまとわせ、交わる先で長ける思いが磊落に至り、訝るだけの現状のファシストたちを蹴散らし、緩衝する先々に確かな思いだけが流動しては、寂れた気持ちに惰性なものを運ぶよりも、要理に築く意味合いに均等さを用い、排斥される平等から断続する思念が、修繕される先々で軽薄なものを選び、配膳されるだけの餌を食べ、つくづくに憂鬱なものを排斥し、管理下へと置かれる意識から、奴隷的な意識へと駆り立てるだけの価値観を地殻変動させるべく、隆起する思いが聳立し、勝利を叫ばずとも、弔うたちまちに現れる規律に反し、倫理観を謳うだけの現実に疎外されるだけの孤独を恐れずに、本質に現れる言葉から、抗う意識が高尚へと至り、悄然と立ち尽くす間に欺瞞を運ばせるだけの世界を征服するよりも、老子のように寛容な意識で恬淡と世界を押し広げる先に行方すら無くなり、淡々と至極の時を堪能し、能動し続ける意識だけが、続けるという行為に魯鈍なものを持ち込まずに、そのままである事をよろこぶ事に露骨なものは無くなり、ただ従う寄せ合う身などに圧力を加えるよりも、隠れ攪拌し、拡散するだけに解除される思いに従うだけの思考回路をショートさせ、焦熱し続ける間柄に背反する命に宿るべき堆積する愛から解析する先々に形状すらも無く高々と持ち上げる称揚から、短絡的な動機は、命に動揺を用い、朦朧とする現在にゲシュタルト崩壊し、後悔は浩然と用いられる意味の波に飲まれ、言葉も無く消え去った苦しみを記号化し、暗澹とした世界を形成するだけに至らせた苦悩が老廃物に変わり、心身を腐らせ、空洞化する意識にルサンチマンニヒリズムを生み出すだけの義務感に課せる意識から、陰鬱なものをはびこらせるだけに明け暮れる悪意が、あいまいなものをマインドに当てこすり、自我を孤立させ、高次へと至らずに、言い分けがましくやかましい本質から、本心は利己的なものを定理に離人的に行為を消費していく先に逍遥する意識が快楽を求めるだけに唾棄する感情とは齟齬し続け、相互する意識に交換されるだけの行為が、ことごとくの後に続き、綴る意識は、陰鬱な消費を続け、衝動的な魂胆から、行為は合意を求め、光景に消費されるだけの感情の成長段階に課せる意味合いが、鏡像段階の統一感から、麻痺していく感性が、光景に引きずる跡から課せる意味合いに印象は吐血を繰り返し、空腹を癒やすためだけに体系的に軽薄なものをため込む集団意識から、収納される現前に消費される感情などは、どれをとっても現在の奴隷化を施すだけの非道さをため込み、たちまちに苦しみを植え込む受け答えから、個体へと送り込まれる苦しみは集合概念に与えられる悪意が旋回し、固執する思考は、思想を間違った読み方をし、何かを恨むために多面にためらわずに与えられる影響に木霊する意味を吸引するだけの域に勘違いを生み、段落に果てるだけの意識は、印象に統合されるだけの普遍性へと偏り、喚起するものに呼び止められるだけに投影されるものを受け取れずに、咎める感情に移行していくシステム的な哀れみから、暗澹とした感情は主体を損ない、そこかしこで空腹を用い、強請るだけの感情の層状にあいまいなものに用いられるものに相対し、さすらう意識は互換性を求め、交換されるものの普遍性の偏りの牢獄に入れ込まれ、固定観念に支配されるだけに中庸を知らず、知性の奥行きを知らずに、浅薄なままで受け取る形に価値をあてがい、意味自体を見失う形に価値を押しつける限りに横溢する真理は信用などを求め、魯鈍な決議から、決意自体を歪ませるだけにゆだねるべき価値は、勝ち誇るためだけの名称へと偏りを示し、用いられる肩書きにより、見方を変えるだけに至るような現在に正しさを謳うような者である今にこそ、何かをひるがえすような本質を見出し、用いられる中庸などに本質などは無く、ただ現れる観念などは、与えられた義務にすぎずに教え込まれた事に真実などは無い事を知るべきなの、だ。