時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

現実



 デカダンな夜に嬲られた心情が荒ぶるストーリーを旋回し、膠着する意識に事実上の敗退を告げるだけの出来合の真実から、遊蕩していく意識が折檻されるだけの段階に迫るだけのガイダンスに逆らう余韻から、慢性的なあいまいさがマインドに差額を求め、支払われる義務が、死すらも乗り越え、孤独を謳歌し、追従する意識に果てる現実から、引き出される苦悩へと後続するだけの意識が接続され続けるだけに唾棄する思いが、瞬間を飛び越え、応じるだけの思いを除去し、更迭する意識が、今を飛び越えとぼしいものを掲げ、高じる由縁に境目を用い、有する過程に排されるだけの間に間違いを施し、疑念を謳い、緩慢に馳せる動機が油然とわく雲に乗り、脳裏に宿る緩慢なシステム上の廃棄物として指定されるだけに去りゆく心情に豊かなものなどが蛇行し、大それたことを吐き出し、破壊的に受理する定期的な思いが高揚し、観点を疎外させるだけに些細な出来事に緩衝しては、なびく思いが盛大な模様や、寛容な意識へと疎外され、世界性を損なうよろこびに敷衍する意識的な感応から、収奪されるだけの露骨な支配もモデルケースとして、義務的なものを孕むだけに代価を求め、閉じる思いが性懲りも無く求めるだけの意識的な主観に排斥されるものに食らいつくだけのデカダンな餓鬼としてさまよう夜のよりどころにたむろする末端で卑賤で貧寒な悲観者たちが、緩衝する先々を食い物にし、空疎な観念の関係性にニヒリズムを用い、貧相な身体を浮遊させ、融合や統合などを謳う限りに欺瞞は、緩慢な不満を誘い、惨憺たるものを疑念に変え、捏造される真理に真偽を用いずに善悪に利用されるだけの正義と悪的な主題に求められる答えにおとずれる差異に応じずに、そのままに物事を受け取る限りに犠牲心ばかりが捏造され、同情心が生み出す悲劇の過程にカテゴライズされるだけに得るものとは、得る限りに延々と演繹する運命から、命令されるだけの思想上の錯乱から、最たる意味を浪費するだけの宿命へと齟齬する意識上の回線を麻痺させ、破壊された脳内に純利を求めるだけのお咎め無しの精神の聖域に正常なものなどを謳い出す限りに慢性的な痛みを破壊的な情事に逆算し、閑散とした主題に生み出される原理を破棄せずに、ただシステムのサクリファイスとして、指定される義務に空疎な異化を謳い、同一化していくだけの若気の至りから、訝る現状に生み出される差異に求められるだけの逓減から収穫されるべき愛すらも、あいまいなものに至り、価値とは売買されるだけの物事に収まるだけの主題へと相互依存していくだけの短絡的な界隈にひしめくアンニュイなものを行いに重ね、あざとい者だけが物事を引き延ばし、悲観的に至らせるだけに世界的なものに好悪を告げ、つたない思いが応じるだけの答えに唾棄される事柄に応じるだけの悪意が捻出する歪曲から、委曲を尽くして応答する猜疑心から、退廃していく面影に捏造される差異に頓挫していく天変地異から、いそいそと逃げ出す明日から、空虚なものを謳うだけの観念は、ただニヒリズムを主人としてペシミズムを主軸にする思春期の迎合から、慢性的な痛みを抱える壊れたこころから、頃合いを捏造し、瞬間を陥れるだけの犠牲心から、偽善的なものが膨らみ、高揚する観念は、決して高次に至らずに退廃的なモジュールとして機械的な原生ををさまよい、応じるだけの答えはコギトを破壊し、はびこる悪意を転用し、回線を混濁させるだけの応答へと盗用されるだけの観念にねじ伏せられるだけの現在に放たれる独善的な放出から、簡素な怒りが支配する疑念へと即座に転嫁していく意味合いが、破廉恥な偽装を施し、包蔵されるものを大切にするほどに、体系的なものに拘泥し、感性を損ない、創造性を失い、ただ自らのみすぼらしい精神に虐げられる自らを傍観する離人的な消費から、証印を奪い、認識し続けるだけのつたない意味合いの奴隷として、意思を刈り取られるだけに貸し借りが流行り、仮死化する精神は、シミュレーション効果の中で硬化し、枯渇した乾いてカラカラの精神は、表面上の評価をたよりに、浄化作用を求め、些細な出来事に緩衝していくほどに、自らを同化させる対象だけを求める生物的なかくれんぼへと拘束されるだけの因縁に剣呑なものを用い、モチーフとされるものを信心し続ける限りに信じるべきものとは、自らであることを喪失し、相似する物事に捉えるべき意思も、意味を損ない、異常な精神は、世紀的なものに時代的な要素を加えるだけの兌換から、価値を捻出し、あたかも自らが正解であるのだ、と示す限りに物事に裏切られるだけに打算される事柄に応じるだけの嘔気から、吐き出されたものなどに一切の正しさは現れない。