時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

万象になびく言葉



 眠る速度は加速し、魯鈍な夜に明かりを灯す意識は、静謐に揺らぎ、透過していく今にさかのぼる儀式的な散漫さに傲慢な者が促すカタルシスや、意識的な疎外感や、シオニズムに混ざる心音や、豊かな価値を謳うだけの欺瞞から、不平等を謳い、専横する主義に反し、かかずらう意識に暴力的なアナクロニズムを謳い、新たな支配の強度が増していき、緩慢な支配へとさかのぼるだけにかかずらう意識が戦列を離れ、あいまいな夜に逆撫でする意識の敷居を飛び越え、突きぬける意識が敢行し続ける先々に定理すら無く、導かれる要理に行き過ぎる過程に反し、敢行する意思だけが、世界性を打ち砕き、兌換される価値に加工される今に邪推する意味から、惨憺たるものを引く継ぐだけに安易な生活感を謳い、寛容に至るべき意味を浪費するだけに裂ける時代や、状況に膠着するだけに魯鈍な意識は整容されずに、混沌へと巻き込まれ、間違いを改めるべきなのだ、と強制する規律を誰が作り、誰が操作しているのかを、見直すこともできずに、ただ従うだけの概念の蓋然性にこそ反し、緩衝する善悪が、互いを咎めずに、互いが影響し合い、すべての均衡を保つかのように影響し合う形に血族関係が生まれ、可能世界に果たされる義務や、空疎で安易な支配に清貧さを謳うだけに些細な出来事に物語は巻き込まれ、毎日に惜別を与え、勇躍すべき今に相続される価値や形などにファシズムが迫り、帝国主義的なものを生み出し、対抗すべき意識も、退行するだけに意識的なものに疎外され、最たる意味を損ない、そこかしこで軽薄なものを生み出すだけに対立する現時点から、浪費されるだけの宿命論的な諦観から、対比されるだけの心身に加速していく資本主義的衆愚が生み出した悲観的な民主主義的認識に適応すべきなのだ、と強制力を与え、唱える矯正から、意味を軸に言い得たものなどは、その場で破壊されるだけの共存共栄を謳い、滅ぼされる関係に諧謔なものを用いずに、ただかたくなな意思のアナグラムにロストしていく真実が、浪費されるだけの主題に導かれるだけの答えに関係性を生み出し、観念を奪うだけに至らせるような関連性に連動していく意識的な捕縛や、法理に基づき、その場で落ち着く理念は、罪と罰を用い、物事のモチーフを罪で測るような関係性から乖離すべく、理解を超えた意思が見出す空疎なものや、拘束されるだけに憚る意味合いに募る意識的な互換性から、緩衝していく今に境目も無く、破壊的な義務感を孕ませ、世界性を奪うだけの昏倒から、痕跡も無く、裁かれる必要性すら無く、用いられる規律に成敗され、用いられる罪という無知を背負わされるだけに整容される義務から被る究極性に興じる安易な痛みとの交錯から、魂胆は対角線上に結ばれる交換性から、高揚していく観念は、爽快感と諧謔を織り交ぜた悠遠へと引き延ばされる祝福へと転じる限りに、憂鬱な夜を所持せずに、消費すべきは、飼い慣らされた贅沢にあらず、その場を楽しむことに尽きるのであり、用いられる税を支払うだけの義務を打ち破り、与えられる愚意に従うよりも、要理に反し、関する間に適度な適応などを求めずに、ただ与えられたものに抗うのが、生命の新たな義務として提示すべきであるし、用いられる定理とは、支配するための亡者どもの私腹を肥やすだけの定義にすぎないのだ、とプロパガンダすることにも正しさは生まれず、そこには短絡的な革命的事業たる暴力が生まれ、新たな力は、新たな支配をあてがい、ただ暴力的に抹殺していくだけの関係性におとずれるリリカルなテロリズムは、事務的な行為を孕み、信じるべき自らを喪失し、ただ観念に迫る蓋然的な症状に吸収され死に至る病へと加速していくほどに自らのニヒリズムを全体的な世界性に巻き込み、個人的な世界性におとずれる終焉を周辺に巻き込み、自らの永遠性に制度を加え、自らを捨て去る限りにおとずれる幸福などは、克服に至らず、実直に至らずに、ただ短絡的な意識を開示するだけに簡単なものを選び、自らの意思にさんざめく残虐性に安易な理由を授け、あたかも自ら流動するかのように示す辺りにも、何かの支配は生まれ、低劣で卑俗なものが支配する関連性や、扶養するだけに生まれる普遍性が提示する理想論的な昏睡から、階級的な愚鈍さに懊悩する憧憬的なルサンチマンや、認証すべき愛を知らずに、建前で愛した限りに陰る本質に生まれるニヒリズムに奪われる観念や、認識すべき現在にいびつな権力で支配するだけに至る怠惰なデカダンスを用い、モチーフを売りさばく富裕な者から生まれた定理や定義や法理などに答えは無く、ただ自らを超克する限りに陰らぬ情念は、情熱すらも飛び越え、自らの業火へと飛び込み、燃えたぎる意志は、何をも飛び越え、善悪すらも正否すらも不潔に感じ、がんじがらめになる意識に保たれる均衡すらも破壊し、分裂的に至る敵意に対し、新たな愛を与える。