時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

徘徊



 襲いかかってくる時間に反し、論理的なものの外に反射する意味を負い続け、愚鈍で鈍色な雲がコケティッシュな瞬間を捉え、その永遠性に引接していく陰鬱なものを疎外させ、些細な出来事を通過し、感応する言葉や、花びらに乗るノイズや、抵抗することこそが、この権力どもが促す定理に関さず、はびこる貪婪な悪意や、集合意識下に置かれるだけの戦列や行列に立ち並ぶだけの獲物として指定される義務に犯されるよりも、浪費する宿命や、印象にとろけ、捏造された真理に基づき、何もかもに露骨な支配を促すだけの定理に規則を放つよりも、この命とは、浮遊感や自らの加速感を謳歌し、システム的な生業から解け、対立するだけの偶像や偶然に反し、たたずむ意識に抵抗するからこそ美しいものであるし、物事の圧力や、おのおのの苦しみに襲う孤独感に反し、言葉も持たずに、ただ不羈なままにマニュアルを燃やし尽くし、あらゆる論理の外側に放たれ、蝕まれるだけの答えが迫り、その場に圧力や妨げを与える限りに乖離していく予感や、結い続ける心因から、固結していく精神的なものの哀れや、あいまいな毎日に既読されるだけの憂鬱な観念や、ねじ伏せられるだけに明け暮れる位置的なものの終わりから、横溢していく運ばれるだけの運命的な鳥や昆虫が運ぶ花粉的な結ぼれから、観点は壮大なものをつかみ、哀婉に触れ、複製されるだけの真理に反し、神話的な様相が用いる完全性に反し、かかずらう意識に濫觴していくものなどは、ほとんどの意味を疎外させるだけの仕組みに至り、ただ完全な規律などを謳うだけの法則的なものなどは、このものを囲い加工し、義務的なもので覆い、主観を奪い、運命的なものに慟哭し続けていく先々に乖離していく意味合いに言い分けがましく迫るやかましい実情が、静謐な脳内を循環し、純化しようともくろむほどに裏があるものであるし、妥当なものなどは、その場で朽ち果てるだけの行為に基づき、論点を損ない、生じる由縁にほとばしるエナジーや、敷衍する意識的な互換性や、関係性に傷つくだけの連立から、恋情とは、永久にはがれ落ちる瞬間の異性を組み立てるだけに至り、訝る現状に、異物感を抱え込んでは、混濁する意味合いにふざけた定理に定位置を用い、物事をその場で膠着させるだけに得るものとは、遠因で砕け、膠着するだけに用いられるものが邪魔になり、俯瞰を奪うだけに猛威を振るウイルスと化する現前に空間的な敵意をはびこらせる悪魔的な人間性だけが、性質を制圧し、圧壊していく精神性は、世界性を求め、制圧される論調に頓挫していく思考的なものの終焉に絡まる月日に形容矛盾していく生命的な形態から形骸化していく外観に迫る概念的なものの終わりや、概算されるだけの真実に露骨な支配の形へと収まるだけに枠にはまる考えから、簡潔的なものが疎外され、その場で朽ち果てるだけに至らせるような悲劇を謳うニヒリズムへと変化していくだけに咎められる生命に鬱積するものが、陰惨な支配を印刷しプロパガンダのビラを配り続けるだけに垂涎していく意識は、かまけた時代的猶予に捕食されるだけのサクリファイスとして、定期的に提示される傲岸不遜さに虐げられるだけの自己表現を啜るだけの自己から孤立していくだけに独唱していく心理的なものの周辺に絡まる自我に孤立していく永遠性から、はびこる収斂に断続していく宿命論的な開示から、改題を狂わす申し子として、想念に寂れたラプソディーをまき散らし、昏倒していく意識から、調和を目指し、酩酊していく真理に基づき、用いられる言葉がモノラルなものに変わり、物事に単調なものを運び出し、配備される間に宿命を謳い、粛清されるだけの生命として兌換される価値に置き換えられるだけの生命とは、何を持ってして生きていると言える?のかと統合性を謳うだけにたゆたう生命は、ただ用いられる普遍性に処理されるだけの情報の一部として、問い詰める先に用いる原理に正気を損ない、そこかしこで頓挫し、おざなりなものへと消費されるだけの価値の家畜として、与えられる情報たる餌をむさぼる自らの魯鈍さに気がつかず、機械的な豚として、介在する意識に捏造されていく答えからエクソダスできずに、エクスポートされる観念で交換される欺瞞を打ち出し、移し替える憑依や転嫁から、観点は損なわれ、即座に束縛され、捕縄されるだけの真実の餌として、自ら情報や監視的なものの儀式的なサクリファイスとして、清貧な死へと追いやられる先に用いられる正義などは、すぐさま悪に翻るだけの性質を用い、物事を独善的に支配し、ただ用いられる権力だけを味方に、相対する運命に相似していく意味合いに帰結していくことに同化するだけの定義に用いられるまやかしへと姿形を変える。