時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

健全な思い

 

 物事のクライマックスを迎える。消費された時が永遠を織り込み、記憶に爽やかな風を与え、さまたげられずに立ち止まること無く、神秘を出迎え、たちまちに抗い、感覚を失いながら、長らくに絡まり、心理的なものに疎外されずに、ただ生まれたままを浴びて、暗澹とした精神に入り込み、混み合う意識が氾濫し、はびこる悪意を超越し、飽くなき精神で立ち向かい、邂逅する余韻や、短絡的な記憶をまさぐり、攪拌される思いが溢れていく。支え合う記憶が交錯し、克服される思いがこみ上げ、婉然に長ける思いが跳ね上がり、傲慢なものを疎外し、惨憺たるものや、襤褸降り注ぐ反復的な疎外から、インセンティブを求めるだけの定期的なものが狡猾な論理を誘い、短絡的な道理に引き裂かれ、貧寒なものを抱え込み、おのおのに迫る論調や、硬質な思いに内面的な疎外感を謳うだけに瓦解する感覚から、超克し続ける印象にやがて渇望するだけの行為にもつれ合う悲劇の部位をそぎ落とし、確かなものだけを受け入れ、迎合される先々で清廉されるものが、廉直な生き方に変わり、確証されるものなどは、物事に朗唱される範囲を閉じ込めるだけに至る心身や、真偽を謳う限りに揺動される心理は、多目的な帰り道に方向性を喪失し、相互する意識が聡明な時を掴まえ、司る思いが、超越を謳い、もろもろの悲劇を飛び越え、倒錯する原理によどんだ思いが、空虚感を携え、寂れた雰囲気に体感する欺瞞から、不満足を用いもつれる先々で迎撃される痛みや、爽やかな意思から誘発していくブラックホールや、憤懣を謳うだけに猜疑心を用い、最たる意味を喪失し、相違する限りに陰る本質や、アニマやアニミズムに編み込まれる本質や、うやむやにされる心身に偶像が迫り、風向を変え、簡単な対象に観念論的なウイルスをまき散らし、舞い込む思いが観念論な対比から、対象的なものを超越し続ける限りに得るものなどは、営利目的なものであり、問題点を損ない、所持する理由の末端から麻痺していく限りに愚鈍な意思を抱え、貧寒な理由や、かじかむ動機に鮮明なものなど無く、ただたじろぐ間にログへと変わり、域に吐き出される数理の昏倒から、行為的なモジュールにこぼされる水や、密接なものへと偏向していくエンコードや、遠因に捌ける思い出が、乾かぬ涙へと偏執していく枢要なものを損なう自己からジレンマをため込み、たちまちに現れる意味を旋回し、剪定される気持ちから、記憶的な欺瞞から相似していく観念に軽薄なものを差し込みインプットしたがるだけに違う物事から沈積する理由に理念は、解除されるべき帰り道の域へと要理を巻き込み、完全性を求めるだけにもつれる先々に開示する動機から配備される間に排斥される論理が収束され、生じる由縁に求める意味に鍵をかけ、感覚的なものを奪う敵意から、敵愾心へと至らせるだけの強いルサンチマンから、闇雲に飲み込む論理は、本質を損ない怠惰なものを抱え、短絡的なヒステリーへとスケープゴートしていき、陰鬱なラッシュから、収監される価値観の監獄へと習慣性を謳う退嬰的な隷属から、端末化していく精神は、政治的な根拠を喪失し、相似するものだけを信じ込み、備える意味に装備する理由が流動しては、昏睡する先々で形骸化していく先で指定される義務だけを空疎なものが受け入れ、進路を阻害され、因子から傲慢なものが生まれ、支配的な疲憊から、感触を損ない、緩衝する理由に均等なものだけが、人徳を謳い、閉じる誠実さにアンニュイなものが差を生み出し、再開する先々で軽薄なものを奉り、対比する神と自己から、蓄積される苦悩からのエクソダスを求め、抗う先に截然たる様相に徴用される物事を奉るだけに対立する風景から、誘発される超越的なエンコードから、艶美なものを空間的な教祖へとあるいは自らの競争へと投じられる支配から抗わずに、ただ受け入れるだけにかくまわれる思いが核融合していく由縁に心象は、至極のものを運び出し、運命的なものに恐怖を感じるよりも、自らを超越し、昏倒していく思いが混沌としていく限りに騒ぎ立てる動機から、終末論的なものがこみ上げられ、くみ取る意識から欺瞞をそぎ落とし、深淵になびくものが滞留せずに永遠に放流され、閉じることなく吐き出し続ける思いが、だくだくと流れ、自らを潮流として建設的な思いが理想論を飛び越え、唱える理由から、投影されるものがたちまちに現れ、君の強度が増し、意味に焦燥せずに、信じ抜く自分にこそ、自己を飛び越え、短絡的な世界を超越し、退屈な素因からそぎ落とす理由が酩酊する深夜に生まれる創造性が現実的なものに閉ざされずに、神秘的な思いが最愛のものをつかみ取る。