時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

乖離


 心配ないからね、と広がる空から不当なものが消え去り、ただ伝わる振動だけが、反響を伝え、多目的な精神を押し広げ、死が追いやる世界から抜け出し、ただかかずらう意識に形式すらなく、つたない思いが弊害すらも飛び越え、途端に宿る聖域や、雲隠れする学徒や、清貧に長ける品性や、静謐に横溢していく死は、死を認識し、死へと追いやる苦しみへと疎外感を伝い、生きるというよろこびに慟哭し、認識する死とは、死に至る前に認識する全容に可決し、駆け引きなど無く、ただ同等にあふれる死は、死へと追いやられる先に見つける生きるというよろこびだけに汎用されずに、ただ誠実さを自らにだけ賭け継続する意識だけが、死を超越し、この場で生まれる苦しみも、続く限りに進んでみれば、見方は変わり、偏ったものを捨て去り、感情の表出に敢行されていく力の意志だけが、順序や純利を飛び越え、理想を供給し、希望を旋回し、用いられる儀式や、形式的な規律に阻害されずに、自らが生み出す力だけが、爽やかなものを生み出し、迷うことなく閉ざすことなく、途端に洗われる現在に遍在する事も無ければ、永い間に陥る内外に果てる精神的なものが晴れて、伝う原生から現用に長ける本質へと磨かれる現実から、理想は恐々としシステムの外へと出て、漏出していく真偽に基づく過程に戻るだけの過去の虚像へと短絡的な模倣を繰り返すだけに暗闇へと倒錯し等位を用い、物事を問い質すよりも、淘汰しよう、ともくろむだけに物々しい雰囲気に引き返していく現状に倒錯していくジレンマや、時代的な憂鬱を旋回し、憂悶へと至り、浸るほどに還元される激情を剪定し、尖鋭的な意識がネガティブを打ち倒すよりも、そのネガティブすらも受け入れ創造性へと昇華する先に背負う価値などは、背負わされた義務に支払われる税的な仕組みに乗っ取り、理念を損ない、そこかしこに浅薄な価値を用い、物事を支配的に牛耳る先に、認識させられた死により、自らの存在とは、価値観という薄っぺらいものに損なわれ、何かのツールとしてマテリアルとして数多に嵌まり込む状況からかすむ現在に彩られた価値に証拠も残さずに隠遁していく凝滞から投影されることごとくに旋律を授け、軋む身体に油を注ぎ、あいまいな今に儀式的な性質を阻害させるだけの規律に関さず、我に結ばれる事柄だけに前衛的な衣装を着せては、散漫な思いに加工される義務に空疎な理由を突きつけられる以前に全容に長けるものが弾け、配備されるものが門外へと急ぎ、恋情へと変化するような甘い季節に舞い落ちるグルーヴに疎外されていく愛という浮遊感に加速していく思いが、宇宙空間を突きぬけ、簡易なものを打ち倒し、意味の下へと帰り着いては、つくづくに迫るものが強固なものに変わり、階差を飛び越え、踏破する間にギミックを授ける以前に構築していくものを相互依存していく限りに陰る本質から、存在的な哀れみを謳うだけに冷然とした者が気配を隠し、君の後ろに近づき、君を操作するだけに至るような情報という快楽に譲歩していく思いが受理するものなどは、受け入れろ、と強制されるだけに謳われる協調性を疑うことすら無く、感覚に支配され、奸悪な者が謳う現実に疎外させられるだけに至るものへと偏執していくだけに至る意味から今は疎外され、騒々しく結ばれる過程から現実感を損ない、そこかしこで憂鬱なものを通過させる辺りに痛点すら損なわれ、愚鈍な感覚が打ち出す悲劇にファシズムが訪れ、無情な意識へとたどる形式的な悪意から、相似していく感覚にクラッシュしていく今から意味は、過去を形容するだけのものへと変容し、自らの権限を謳い、用いられる力だけに汎用とされるものを吐瀉し、投影されるものを背負い、現実的な痛みへと偏執していく先々に用いられるモラルを謳い、独善的な者が支配する過程から、知り合う物事が開示され、事実を突き上げ、今の苦しみを昇華させる。些細なものは色あせ、今に締結し、事実を飛び越え緩衝し、物事の苦悩を引きはがし、荘厳なものへと帰結する。最たる意味は君にぶつかり、確かな愛へと和らいで、騒いだ過去を打ち倒し、欺瞞に至るだけの偽善的なものを抱え、重ねる意味は加工される意味へと旋回し、独創的なものを喪失するだけに至るから、緩衝する隙間を済世し、きたす意味に清廉としたものだけを運び入れ、退嬰的なものを疎外させ、生命的なものに帰結し、基幹的なものにこぼす物事や、権力の量り売りを繰り返すだけの単一的な正義の名を借りた悪意から欺瞞などを運び入れ、事実をなじり、裏切りへと至るだけにつたないものを抱え、感触を損ない、冷厳とした現象に伝わる君の意思だけが、すべての意味を飛び越える。