時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

懐疑的

空間的なニューロンに縫いこまれる痛みを櫓櫂する悲劇のヘクトパスカルや、平均的な意識に相互する上質なものから起源を謳い、奪われる価値にむず痒いものが伝い、リベラルな美意識からくたびれた価値は、懐疑的なものを重ね、簡単に結ばれる形式的な管理から、懐疑的なものは生まれず、なんでも受け入れ信じ込むような簡単な者から、なにも信じずに否定的な馬鹿者までを隈なく生み出し、空虚さを謳い、悲劇をまさぐる先に生まれる言葉にもたらされるものが物事を空間に収め、思い患う先に爛れた意識が訝る今に怪訝なものを埋め込み強要する論理から倫理観などは破壊され、境目を持たずに破壊的なものが世界を奪い、詩的なものを持たずに、ただ世界に収め濫觴するものが軽快さを奪い、加工される観点に転換されるものがベーシックを謳い、物事の深みを知らずに初期衝動にも至らずに送り届けられるファンタジーが、なんども反復し、広がる思いは、自らの永遠性に描写をさずけ、あずかり滾る余韻から因果を突き抜け、見つける横顔が映るマグカップにまじわる今に要因が迫り、激情を促す原理が即座にゲリラ化し、汎用される凡庸さや、普遍性に疎外され、原始的な倫理観や、偶像化する儀式なら、ギミックから韜晦するものが不潔なものを掲げ、現用に携える煩わしい描写から、去りゆく万象にまじわる過程から、論理的な清潔感や生活感などに渇望する芸術家が使う曖昧な色使いが凡庸なものを犯す時に、静寂の中で誕生する言葉が偶然を装い、寄せては返すものが激情を迎え、叫ぶ愛から瀰漫する無神経な言葉に乖離する散漫で、露骨な対象に出向く憎悪から、カルマが軽薄にカタストロフを出向き、要約する隙間から刺激を加えられ、空虚さを携える敵愾心から、流浪する風景がファシズムに変わり、刺激的な紙幣にせまるアンニュイな借用書や、全容に長けるものがめげずに偶然を既読し、強要される思いに寂れた雰囲気が行き着き、悄然と生み出す悲劇から審議を伝え、散漫な正義が犠牲心を歌い謀るものが誠実さを奪う根底から提携されるものが欺瞞を放ち、懐かしむものに染み入る定義からシャーマニズムが進路をさずけ、相対する風景にビジョンを与え、たゆむ精神に理念的な敗者としてニヒリズムを抱え、ポピュリズムがヒステリーを抱え、かき乱す思いに世界的なヒスタミンがなぞる何故?や、観点にせまる世界の影を縫うものが、生き死にに提示される似通うものを抱擁し、経由するものが奥ゆかしいものを奪う価値たる貨幣や紙幣が、ドメスティックでバルガーなものが流行を謳い、物事を殲滅させるわけであるのだ、とルサンチマンは騙るわけであるし、やがて過程にせまる愚弄を溜め込む意識に混同される価値などは、瞬時に隠滅し、資本主義の終わりを謳う限りに物事の影を抱え、軽薄なものにかじかみ、加算される原理にもたらされる制度や、原型を用い、型にはまる者が破壊的な物質主義者として、社会的な圧力や、曖昧な敵意をまさぐり物事を支配し、四半世紀を奪い、毅然とした住まいにせまる贋物から定期的な嘘が高邁なものを吐き出し物事を奪う。




便宜的な敗者が利己的で、高圧的な制圧を繰り返し、圧縮される猜疑心に敵対していく論理的な時計を破壊し、代理的な思いを担う敵意や、インタラクティブに結ばれる成因からこぼれるラビリンスや、無情な世界に形骸化していく懐疑的な昏倒から強要されるデリカシーに囲まれる定理に基づく進化から、起算される理由に流用される本質に迫るプシュケーや、分断されるセッションがでたらめな今夜をかき乱すような論理的な音が乖離していく意識に反響し、反旗を翻す自己に要理は妨げを生み、排斥する些細なものに擦り寄り、ずけずけと入り込まれる数多の苦しみから現況にせまるフラットなものから慢心は生まれ、くたびれる風景に形容されるものなどは、物事の本質などは見えておらず、かいくぐる思いが万象にせまり、不満を翻し、疲憊する心情のラインや敗因をたどり、触れ合う意識が、おぞましい獣として交換される義務化したものが用いる答えに支配され気配を奪われ、運命的なものに愛を奪われ、自身のペースメーカー的な伴侶から、半径は奪われ、権力的な方向性に倒錯する原理的な善悪に誂える精神的な懸隔から、形容されるものが隠遁し、陰鬱な衝動性に染み入る懇意から、訝り暴くものが透過し、解答を持たずに狂気にせまる普遍的なフライトから、俯瞰で見つめる意識に満ち満ちていくものが高揚し続け、伝える意識に感応するものがスパークし、空域に応用する飛ぶことを学ぶパノプティコンから眺める現状に卑劣な意識などを提示し、現状をなじるような悲劇的な産気から疑問に打ち出す句読点に転移する痛みのオートマティックな童謡に誂える伏線から、排斥される空の色にせせらぐものが空間を妨げ、時間の外で不可欠なものを見出し、用いられる未来に関し、もたらすべき答えは、希望を用い、あらゆる自由をも飛び越えるべきなの、だ。