時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

限界を持たぬ精神

価値観に交錯するものや、委ねる先に結い続けるものが軽快に行き交い、いぶかる現実に形容されるものなどに行き違い、魯鈍な意思が無神経な支配を受け入れ、軽薄に妨げる今に限界を生み、関与する間に悲劇が加速し、誠実さを損ない、そこかしこで選りすぐられるものからエクソダスし、怠惰な国家を捨て、自らの権力に帰り着くだけに、行き交う力は、純粋なものを重ね、問題に拘泥せずに、行き交う先に膠着せずに、錯綜する先に確実な意味すら無くなり、完全性を謳うほどに、惰性なものを抱え、観点を損ない磨り減る先に愚鈍な支配は高揚感を誘い、煩わしい今に虐げられ、支配的に物事を酷薄させ、嗄声を促し、悶える者を嘲笑うマゾヒズムから、弱者を排除するシステムに提要とされる一切が嫌疑を用い、物事を裁く間に俯瞰に迫る空間的な憂鬱が豹変し、表現する苦しみをかこつ間に和解すべき自己が時系列で断裂し、断罪しようと容易に迫る相互作用する依存的な愚行から、行為は、まさぐられる罪に交わり、跨ぐ隙間に不謹慎な神話や処世術的なものや、金言を謳い、淡白なアノミーが機械的な社会でカオスを謳い、複製される正義に用いられる犠牲心や、カタトニーに至り、片手間に行われる社会的な生贄を探すムーブメントから、連続して執り行われる義務感に観念は抑圧され、押しつぶされては、接続されるものに反し、拘う先に生み出す権威的なものが、今に軋轢を加え、自由を謳い、意味を裁く間に、憤懣は溢れ、媚態を促す呪詛から、制圧される先に生み出されるものが浪費していくものが思考停止し、真偽を失い、妨げる間に生み落とされる無知な身体は表現を求め、乖離する身体に関わり、純然たる思いを今に吐き出していく。体系的な先に交わる夢が軋轢をはねのけ、純粋な自己に帰還する合間に、用いられる過程が景観を損なわせ、従わせる者に屈従する観点に擦り寄る慢心から飛び立ち、確かな自己に帰り着き、汚い過去に拘泥せずに、センチメンタルな所以に迫るセグメントにリリカルに消費される詩的な糧が、カテゴライズされる価値から放たれ、自己に行き着き昇華する思いが隙間を埋め、確かなものへと帰り着く間にいぶかる定理や、慈しみをこぼす曖昧な現前に迫る冷厳な意思から更迭される観点に麻痺していく陰りから、健気にものを引き取り、悲観に至る以前に、確かなものへと引き込まれていく創造的な原野に生み出されるものだけが、今からはみ出し、事実と決別していく。凄絶なものにトランスしていき、背く間にはばかる思いが弾け、迎合されるものに反し、はびこる悪意に反し、加工される義務に分かち合うなどという定理は存在せず、損なう限りの影を今に生み出し、弛む先に用いられる原理が懸隔を生み出し、意味を引き出す間に錯雑とした主体が裸子と揺らぎ、定義的な愛を結ばせ、離れぬようにと錯覚させられる愛が忍ばせるニュアンスが理想を捻じ曲げ、拘泥させる隙間に息吹くものすら今に塞ぎ込み、膠着する過程に攻め入る狭い価値観から、危害を加えられる無知な心身にアナーキーなものが食い込み、はびこる悪意に訂正される因果に蝕まれる解釈に忍ばせる悔悟に刃向かい、関係性に損なわれるものが戦慄き、疎ましく悶える要点は、同じ答えに拘う意思が躊躇い溜め込むものがもたつき、たちまちに悲劇を生み出し、結ばれる過程な訪れる諦観や、関係性に生み出される制度に関わるほどに、普遍的なことに騙され、傀儡として生きることに、嬉々として受け入れることが、あたかも価値のように示される間から締め出され、安直なものわ掲げ、意思を奪われ、意味に関わるほどに、悪の道に引きずり込まれる的な性悪説的で悪趣味な規律から、倫理などは謳われる採否から、最たるものは奪われる意思に現実味は、妨げられるだけに至る。ペシミズムがボイルされ、怠慢が熱され焼かれる身体を破棄する合間に欺瞞が迫り、感ける思いがセンテンスの寸鉄で傷つけられることに価値の血しぶきが飛び、飛沫をしのぎ囀る者からレクチャーされるろくでもない価値観にロハスを謳い、市場に用いる価値の家畜として指定された物質や物資で喘ぐ資本的な主人公として狂わされた意味に空間的な敗者として、疎外される現在に用いる懸隔からはびこる差異から、約束ごとが懐疑的なものに乖離していく隙間から過ぎ去る無知な身体から空疎なものが迫り肥大化する意識が制圧され、暗澹とした精神が行き着く先で削除される隙間に生み出される不満を生み出すものが乖離していくだけの、政治的なゲームを終わらせ、正義が謳う犠牲という悪意に問い合わせるべき理由に帰属するものから放たれ、自らに帰り着く喜びに触れるからこそ、愛を超えるような者であり続けるのであるし、そこに生み出される超越から婉然に迫りたちまちに触れ合う意識が高揚し、肯定し続ける意思だけが、正しいものを見出し未来を飛び越え、ここに帰り着くよりも、行き着く先で確かな愛を生み出す。