時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

空疎な空間

証言されるものの影に隠れる悶える命が始まりを告げる。惨憺たるものが苦痛を伝え、つたない命が羽ばたき結ばれる無数の命の暗い闇に歪み、リズミカルなこころに帰り着き、コギトが暗澹とした宇宙に起爆し、一人語るすみずみに迫る孤独に混ざる本心が亀裂を帯び、美醜に飾る明るい所以に切り開く意味合いが飛沫になり、塗り替えるべき未来に傾向はカタルシスを促し、エモーショナルな日々に理不尽なものが迫り、願いすら届かぬ暗闇に沈み込む苦しみも、思い返せば寸前に捉える目的が飢渇し、苦痛を感じるほどに卑屈なものや、悲観するだけに感覚は奪われ、阻まれる間に俯瞰は空虚なものに囲われ、かじかむ間に蝕まれる痛みが記憶をかき消し、形容されるものや、形式的なものがちぐはぐに交わり、若いだけに不安定な恋愛に拡散される屈折した光りが悲観を伝え、攪拌される精神的なエネルギーが集わせる光量や、高揚する意思に充電される先に満ち満ちていく意思に仰々しく迫るものが無関心に迎合される短絡的で、支配的な言葉に弄られ、空疎なものを抱え、重ねる意味も完全性を損ない、そこかしこで安易な答えを用い、空白を埋めるだけに至る現在に被ることも、満ち足りずに立場を用い、考えることすら忘れ、猥雑な現在に定期的な理由を流動させては、告白する精神の微粒子を集め、定義的なものを破壊する。活用されるものが真理を打ち出し、打倒するものに淘汰され、統合される先に対抗する理由に伝う先々に乖離した意味が機械的な動機を謳い、怠慢なものを抱える今に集う現時点から放たれ、理由を超克する。悲観する暇すら無く、日増しに現れる現実を蝕むことに打算される価値観的なものが敵意を忍ばせ、物事を左右させるだけに最たる動機を損ない、概念に捻出されるものに介する間に理解すべきことすら拒絶され、些細な動機に帰路を結び、季節を蝕む喜劇的なものがエモーショナルに迫り、次元を倒錯させ、描いた現実を踏破し、破壊的な道理に迫る無感情なものが、離人的に乖離させる精神の表面をすなどり掬う間に帰巣する動機が住まう意思に分断される些細なものに揺れ動き、自由自在に事態を捻じ曲げ、偏る精神がカタトニーに変わり、膠着する不自由な精神を捨て、誰にでも媒介可能な自分を押し広げ、平静を保どう、と満たされない思いや、満ち足りない思いを形容するものなどをなぞり、俯瞰に迫る改革や、快楽を謳う愛に体制的なものが迫り、現実を奪うだけに懐疑的なものに疎外され、現れる意思は、同居するものを操り、交錯する権力に差異化する相互作用する間に俯瞰は貧寒なものを重ね、かさばる思いに強要されるものを共有する、と謳う意味から、意思などは損なわれ、ただ操作されるだけに至る。


神が用いる差異が見出すべき未来を紡ぎ、私はこの空間の異質なものであろう。神が用いる空間に過疎化していく地域に行き交う原理的で原始的な残響に讒言や、金言などがほころばせる真実に心情は侵食され、些細な動機を超越し、超克する隙間に色合いに形成される隙間に帰属するものが響き渡る間に、神は自らの行間に超過していくものを文学的な空間に変え、現実に迫る無垢なものから、拘泥せずに高揚する意思が羽ばたき、嗜む愛から調和する距離から、彼と神の位置や、長じる所以に生まれる神を超える者や、惰性なものを促し、現実を奪うように仕向ける次元から提要されるものに軋轢を加え、空疎な文言から妄想へと至るもつれるこころに阻まれる現時点が傀儡に変わる先に願いに逃れるだけの理由を破棄し、破壊的な常時に迫る重複し、反復していく妄想に反し、自らの裏取りを終え、神は君を奪おう、と応用される真理で意味を蝕み、未熟な精神に交わる意味から君自身は神に奪われるだけに至る心を捨て去り、対話的に迫る和解から外傷を伝い、修正される現在に形容されるものなどに認識するものが、終焉を伝い償い歌う呪詛から誕生した神が君に迫り、最たる意味を損ない、そこかしこに食い込むものに拘泥する現時点に交差するものの中心に現る権力から、憤懣を謳い、つくづく強要されるものが、最愛のものを集め、興じることに儀式的な騒ぎから、緩慢な道理に滲む血や、重用されるものに反し、関する間に奏でるものが世界を包み、世界とは自身であり、そこに自我すら無く、時間すら無くて、ただ現れるものを迎え入れる自己解決や、自己決定を謳うことに権限などを用い、問題点に戦争を相互させ、現時点に関与する秀逸なものに絡まり、孤独を操作するだけに強要される意味に歩む先々で対立するものが背徳を謳い、妨げる間にまるまるとした神を迎え入れ、開示する間に響き渡る意思が意味を徴収する神が集める税金から、差異は生まれ、裁かれる間に狂騒へと帰還し、帰り着く意味にコアすら無く、ただ浮遊するだけの心身が認識するものなど無意味なものであると謳う隙間から無垢な風が迫り、悲劇を乗り越え、自らだけが意味だと知る。