時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

浮上

空間的な利用を取りやめ、空疎な世界から抜け出し、浮遊する間隔に迫る創造的なものが成立し、シームレスな思いを継続し、ただ連なる意思だけが生息するサンクチュアリへと理想を供給させ、希望へと変換される先に見出す未来も、磔にされる同情的なサクリファイスとして、抗う旋律へと誇大妄想へ偏向していくものをバンダリズムしていく意志から、殲滅を願うだけのペシミズムへと偏執していく道理に理屈は、仰仰しく羽化していくものが飛び立ち、散漫な思いを競合させるほどに、傲岸不遜な思いを掲げ、点滅する精神は卑劣なものを掲げ、乖離する現在に対立するアニマから、あいまいな世界に帰属するだけの記憶に臆するだけの問題に聡明なものすら無く、高次に至らずに、儚さを促すアナクロニズムから、鈍麻で貪婪なものを重ねるだけの人間的な成立から征服欲が迫り、複製される真実が人跡に汚され、戒律を生み出し、物事の対立がエクソダスする先に退廃的なものが怠惰なものを抱え、事態に足かせを嵌めるだけに歯がゆい現在に瓦解していくものが情理を担い、制圧されるだけの精神が記号化し、観点を損ない、象徴的なものの奴隷として、指定されるものに義務的な思いが戦列に並び、対照的なものが後続し、現在に冤罪や、懸隔などを生み、操作されるだけに至る兌換から、観点は齟齬し、聡明な者すら居ない間に欺瞞が迫り、不満足を謳い、虚偽を用い、モチーフとされるものに差異を生み出し、見出すべき未来も、兌換されるだけの価値に乖離していき、陰鬱な衝動がアンチテーゼを謳い、バイタルを奪い、初々しい運命に虐げられるだけに限界点を生み出し、観点を損ない、生じる運命に見出すべき意味も阻まれるだけに至る痛みに瀰漫する無神経な答えから齟齬するだけに至る関係に兼ねる出来事も対比されるだけに至る今に痛みなどを謳い、万世にとどめを刺すような出来事が制圧し続ける先に端的な理由すら破壊的な情事に攻め入られ、誰もが排斥する悪意に染まるだけの欺瞞から、感性は損なわれ、今に緩衝する悲劇に惨憺たるものを重ねるだけに体系的なもののモニュメントして崇められる悲劇から、仮想されるものの支配を受け入れるほどに、解けぬ意志はゾディアックをめぐり、自己に帰り着くころには、本当の自分などは瞬時に損なわれるだけに至る。

断末魔が重なる愚鈍な夜から、不動な思いが煮えたぎる先にエモーショナルなものがこぼれ、酷薄な後から現状は孤立していき、精神的なよどみからさえずる記憶に耳を傾けるほどに酩酊していく深夜に死を超克し、超える先にジレンマが生まれ、摩耗していく精神に定立していくものが定義などを謳い、支配的に生じる由縁に慟哭を用い、損得などを生み出し、かじかむ定理から、逓減していく思いに規制を生み出し、抑圧されるだけに至る精神が追い求める自由などに状況は孤立していき、自らの孤独感に重なる意味合いが肯定的なものを失い、奪い合う現実に圧力を重ね、過剰な愛から、犠牲心などが神話的な夜に交錯し、動乱へと至る機械的な気配に開示される愚論から論争は戦争状態へと加速し、仮想カオスに濁される眠れる夜の中で騒ぎ立てる夢の中で捕縛されるジレンマから、状態は加工される義務を乗り越え、対する間に生まれる精神分析に疎外される自己の中の悠遠へと加速していくことに置かれる始まりとの交わりたる由縁から、高尚なものだけが宇宙的なニュアンスを捉える途端に飛び越える意思が興じるものに本質などを謳う理由すら無く、ひたすら阻まれる間に蝕まれる愛が交接させるだけの理論的な快楽へと受胎していく真理が逃げ道を求め、走り回る現在に卑劣なものなど無く、ただ注がれるだけの愛に疎外されるだけの真理が深夜へと追いやられ、偽装される真実に観点を損なうだけに愛は損なわれ、そこかしこに乖離していくだけの情念から、理屈は分裂的に差し込まれるコンセントやインプラントや、隠語やニヒリズムや、アノミーやらが気配を攪拌させ、状況に遅い春を巻き込み、夏へと昇華し、秋を飛び越え、冬へと浮遊していく観念が、どこ吹く風と舞い込む意味とセッションし、新たな音へと偏執していく先に体系的なものは終わりを告げ、永遠性を掲げる夜へと疲憊しない心身は、懐疑的な者が謳う終焉を飛び越え、偽装される真実に疎ましく絡まる自己から放たれることに置いて行かれる夜を見捨ててでも、この空間からの自立を図るの、だ。

誰かが遮る夜へと高圧的なものが迫り、旋回する意思が低気圧を抱え、降らせる雨に濡れる心情が慟哭に揺らぎ、高揚感へといそしむ愚鈍な者が快楽的に至る現在に生命的な起源は終わりを告げるだけに償いを謳い、自身が生み出す悲劇へと開示される理念に損なわれるだけの自己を乗り越えていく。