時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

求めること

結ばれる思いが真理に届き、滞らずに瀰漫する風景に察知すべき理由も応答し続ける限りに忌憚無く連なる意思が順序を飛び越え、倒錯する位置や、命を秤にかけずに、絢爛豪華な意思に遭遇し相互する意思が荘厳なものを携え、延々と演繹し続ける先に便宜的に乗り越える万象や、弁証法的に設立していく刹那に滞るだけに至る原理的な勝者や敗者すら居なくなり、倒錯する現実に倦怠感を重ねる現前に果てる命や祈りすらも超越する先によどんだ意思などは、くみ取る原理にリリカルなものを授け、預かる原理に投影される物事に走り去る先々に軽薄なものすら無くなり、陶然たる様相で交錯する現在に対立していくだけに現れる原理に緩衝せずに、ただ反発する先に理想は、供給されるだけの悪意に転嫁し、感染経路をたどり、軽薄なものをすなどるだけの論理から、権利や、原始的なものを発症させるだけに受け継ぐ経緯や、帝位などが位階秩序を保とう、と用いる規律に有する過程に迎合されるだけの理由を幼稚な理想で仰仰しく支配する先にアンニュイとした私情が生まれ、運命的なものに疎外されるだけに懸隔を用い、物事に離されていく現在に研鑽され、最たる意味に最たる意味を損ない、介する間に記号化する傍観するだけの懐疑的な日常に迫る愚鈍な浮遊感から、間接的に現れる距離に施される魯鈍なものから、緩衝する間にジレンマが訪れ、引き連れるものも、つれづれなびくほどにたなびかれる思いは、ただ表れる事柄に生じる由縁をまさぐり、短絡的な傍観者として意味のひずみに沈み込み、陰鬱な衝動を抱え、重ねるものが露骨な支配を促し、侵蝕していく限りに陰る本質から、苦みを帯び、美醜を謳い体現される卑劣な偶像から、構造的な解析から、懐疑的な日常におとずれるニヒリズムに衰亡していく意識が未明の権力へと逃げ道を携え、最たる意味を損ない、原型すらもすら損ない、現実へと倒錯していく分裂的な朝から、歴史的なものに破壊される昼間から、魯鈍な支配を携え、高圧的に迫る夜へと乖離し続ける先に本質を損なう自己などに、本当の自分などは不必要だ、と不潔な意思が、騒音を携え、ニヒリズムへと譲歩していく間に介する自己から、嫌悪感を携え、悪寒迫る現実的な轟音から、後続する意識が走り去り、先々で空虚なものを運び出し、配備される間に階差すら無く、ただ単調な日々を飛び越え、とぼしい情熱を謳うよりも、この有する形に用いる強請るだけの観念に健全なものすら無くなり、粛清の闇へと倒錯していく等間隔から、関する間に生まれる点と線から、恬淡なままにもだえる不羈な量子や、原理的な原子に齟齬していく本質から、欺瞞を携え、放胆なままに描く大胆さだけが、無意識上の空間を超越し、用いられる囲いから放たれる意識は、飛び立とう、とする意思に自由すら不必要である、と宣言する理由すら不必要であのだ、と言い放つ先に、用いられる概念とは、蓋然的であろうとする結末に結ぼれを生み出し、投影されることごとくに緩衝する先に見出すべき関係性に達する合間に生まれる愛や、俯瞰に迫る空虚さに反し、敢行する意志だけが、虐げられずに、今に導かれる限りに陰る本質に裏切られずに、運命的な邂逅を重ね、快諾する現実に消費されるだけの観念に形骸化する以前に、達するまにまに迫るマニュアル通りな生き方に反し、かかずらわずに、消費されるだけの現実に開豁なものを生み出し、境界線すら無くし、内面的に敷衍していく精神的な凪を感じ、加工される義務に生まれる表面的な規律を生み出すだけの権力装置的な対象から放たれ、配備される間に苦悩を用いる以前に自由である、と思い込む今に欺瞞を用い、物事を飛び越えることを、もう一度自らの意思で考える先に用いられる現実などは緩衝する隙間に欺瞞を用い、ことごとくに消費されるだけの関係性に挑むことに置かれる原生から、ただ始まりを謳う者として、裏切りを続けるだけに怠惰な理論を構築させるだけの行為的な呪詛を能動させる収納されるだけの観念の器として、傍観し続ける先にささやかな愛すら損なわれ、いびつなものを抱え、がんじがらめになる先々で継続する意志などが損なわれ、そこかしこで消費される艶やかな差異から、最たるものが破壊し尽くされ、つくづくに迫る領土的なものを奪い合うだけの闘争から、淘汰されるだけの現実に建設的なものすら損なわれ、そこに現れる創造性だけが、退嬰的なものから昇華し、現実を踏破し、はびこる悪意が刃こぼれし、配備される間に不満すら無くなり、短絡的な満足に追いやられることも無く、すすめる間に求める意味すら、続く限りに思うことから放たれ、配備される間に寄せ合う意味が、単調なものを飛び越え、応じる事柄に横溢していく結末を愛し始める。