時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

物事の寒暖差

 静寂に響く一縷の望みを遮るようなビートや、論理的な倒錯に追いやられる時間的な遊離にはびこる行間に攻め入る住まいや、観点を疎外された君の居心地の悪そうな現実に想定されるものなど、誰かの魯鈍な支配により、妨げられ操作されるだけの心身に訝る言動や、陰る本質をたどり、象徴的なものを崇拝するほどに、自分とは何か?と問うことすら失われ、退廃的な行事に参加するだけに儀式的なものに疎外される自分自身とは何か?と追従するほどに、従属する果てに加点されるものが数学こそが、完璧な規律であり、すべての創造主である、と現存に長ける思いが症状を悪化させ、枢要な事実を損ない、勝敗ばかりを謳う加減に酔いしれるだけの理論的な憎悪が媒介していく観念に枢要なことなどは、どこにもなく、ただ引き延ばされるだけの加減に軽薄なものが迫り、気配を隠し、閑散とした自己に対立していくだけの精神的な堆積から、構造的に至る普遍性を謳う現実に損なうだけの陰りを用い、物事を泰然として捉えず、ただ受け取る限りに焦燥感を用い、物事を陰惨に支配するだけに兌換される価値に陰る本質から、修繕されない苦悩や、空洞化し、観点を損ない、そこかしこで心ない何かを流動させるだけに最たる意味を喪失し、悄然たる様相で損なうだけの自己を傍観するだけの離人的な喪失感を漂う。傾倒していく意思が虐げられるだけの身体の傍観者としてマインドを狂わせ、空虚さに迫る現実的な疎外感に独占欲が迫り、狭い価値に止まっていく。途絶える意思は、敷居をまたぐな、と証拠も残さずに、行動にこじつけるだけの安易な支配から、解除されるべく、毎日に攻め入るセンチメンタルな教条から隔世にとどろく欺瞞から、慢性的な痛みへと変わるコギトに暗澹としたものを運び、症状を悪化させるだけに至る現実から、興じる理由に恬淡とした様子すら無く、怠慢なものを抱え、重なる現実に解消されぬことばかりだ、と腰掛ける安易な現実から疎外されていく意思は、敢行すべき意味を捉えかね、関する間に受理される物事に鬱積していく経路を渡り、対する間に対象とされることに指図されるだけにあいまいに戻る意思が過去を計測し、安易な支配へと偏る現実に思想的な相互から観点は損なわれ、関係するほどに痛みが増す現在に革命的なよどみが迫り、魯鈍な紙幣と弛緩する独裁的な主観に排される間に戸惑う自己に強制される理由に朗唱される真実も、時系列を損ない、締結していく現在に流出していく観念が形成される現在に懸隔を生み出し、求め合う愛とは、今にも離別を誘い、端的な理由を損ない、描かれた肖像を傍観し、用いられる自己から孤立し、被害妄想へと至る病から、傀儡と化する現在に生命的な起源を失い、誰かを恨むためだけにためらわずに、支配的な論理へとスケープゴートしていき、陰鬱な衝動に巻き込まれ、恒常的な使命に汚され、擁護すべき事柄に根治されるだけの激烈な環境に悪意などをこぼし、交錯する意識は、倒錯しては、妨げられる自己から離れるべく、放たれる意志に関し、あらがう力だけが、権力を超越し、自らの意志だけに力は帰還し、飢渇せずに、ただ現れる事柄を残さず食し、好き嫌いせずに、食べこぼすことなく、この空間と時間を貪婪にまさぐる構造的な快楽から、懐胎する深夜を産む母性から、短観に迫るシームレスな偽善から、独善的な猶予に現れる対照的な偽装から、全容に攪拌される恋路に淘汰される意味合いに、今などは、今を知る限りに陰るらしい、と対価も持たずに、失踪していく先々で位置すら用いず、持たされる場所から逃れ、ただ逃げ惑う意志が、侵蝕される神に反し、敢行する意思に混淆され、混同する意味からくみ取る位置などに地位すら要らず、知性だけが、その位置や場所を測らず、自らの距離に示される意味の無い事柄に閉め出されるだけの概念を捨て去り、最たる意味に帰り着き、戒律すら持たずに、用いられる事柄に征服されずに、支払う義務に空疎な観念が迫り、ただ従うだけの人間として指定される義務に空想的なものを重ね、ただ対立するだけの偶像に攻め入る狭い価値にカタトニーは迫り、ただ家畜として義務化されていく餌をむさぼるほどに、現実的な結ぼれへと変容していく意志は、観点を損ない、腰掛ける意味に行動性を奪われ、ただ従うほどに権力の力は増していき、邁進していく真理は、ただ用いられる偶像に操られ、自らの意思を損ない、そこかしこで運ばれる憎悪がリベラルなものを謳い、物事に偏向していく自由にあたかも意志を授けてるかのように示す間にも、支配はこっそりと君を覆い、与えられる意味などに支配されるほどに施される意味や、解けていく今にさかのぼり、ただ対する意味に足されることだけを信じるだけに大衆の悪意は、誠意を失い、正義を謳うだけで誰もが保身をまさぐり、又借りし、またぐ間にも偶像崇拝は進み、荒んだ意味に懶惰なものを用いる。