時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

つたなく空疎なもの

 
 幸せも不幸せも両成敗さ、と諭す原理から、乖離していくシーンが断続し、存在の襞に吸い込まれる過去から、ここへのドアをくぐり抜け、枯渇する原因から、妨げる理由へと取り急ぐ意味から、価値的なものへの修繕に取り組み、取り違える意味や、発散される先々に厭わぬように葬られる意味から俯瞰にふさぎ込む君のめざましい活躍から、勇躍し、昇華し続ける意味合いから創造的なものが愚論を飛び越え、不老不死を謳う不当な輩に絶えず巻き込まれる表面上の価値に飢渇するだけの偶像崇拝的な行為に基づく指針や、無神経な意味に絡まる視神経が酩酊し、滑落する現用から、陥る先に見出すべき未来も、疲れた今に疎外され、最たる意味を見失い、見損なう限りに失われる現状に攪拌され、寛容に物事を受け入れられずに、受け取るべき意味も、今に廃れ、スタティックに掴むべき物事に収斂されるデカダンな日々から、きらめく律動へと旋回していく意識的な音階に上り下りし、自らの意志で飛び越える現在に刻々と迫る原理的なものが増減し、システム的に屠られる現状から、統治される意味のひずみへと葬られる後から構築される幸福も、誰かが騙ったものであり、誰かに訪れるべき一瞬を妨げるような幸福の中で引きこもるような意味合いに緩衝していく先々で対立を繰り返し、対象に差異を持ち込み、偶像を積み重ねながら、虚偽や罪を折り込み、応じる答えに肉薄し、迫害を受けながら、内外に果てる延々と迫る永遠性に迫害されては、妨げられる後から倒錯し、闘争へと陥る本能が打ち出す暴力的なものから、拘泥し続ける意識は、陰鬱な衝動にアンチテーゼを重ね、応じる答えに感情を損なわせながら、相対する現状から、交互に位置づける意味に敵対し続ける限りにつたないものが襞に変わり、内面性を包み込み、表面へと本心は出でこれないように差し向ける自己に対立していく自我的な魔物から、慢性的な痛みを引きずり、自らのゆがみを生み出す間に値とされるものなどは、今に訝り、位置づけられるものに言い直される間に俯瞰は、空間的な痛みを引き込み、あいまいなままに生み出されるブリザードや、文化的な貧寒さに絡まる際から、相対する現状に悲観的な物事を集団ヒステリーにより操作する国家的な空疎さに差額を求め、用いられる言葉に簡素な理由を持ち込ませ、安易な情報操作や、情報統制をもくろむモノクロームなメディアから、開示される謙虚さや、コマーシャリズム化した普遍性から、平均的な核家族へと描く真実に麻痺しますようにと願う祈祷師や、機関的で体系的な独裁者と相似していくだけの闘争から、踏破していく意味合いに均等していく事実が、折檻を繰り返し、世界に織り込まれるものが、扶養を求め、浮遊するものを捉え、浮上するものをすなどり、不要とされるものを裁く間に最たる意味を用い、持ち込まれる事柄に騙されるだけの闘争から、逃走すべく、すべてに用いられることから、ことごとくは、騙し合う限りに、自己の欠如を埋めようと、一切の用途に引きこもり、こじれる後から時間的な猶予や、要する理念に価値観をすり込み、あてがわれる意味から、意思を抜き取り、その場に閉じ込めようとするバミューダトライアングルが用いる磁場から、理性は削がれ、誰かの言葉が横溢し、オプティミストを生み出し、バイタルを奪い、相対する現状にコギトは、陥るすべてに問いを用い、統合しようと用途に絡まり、悔悟を用いる論理から、昏睡していく意識は、薄命な時折に用いられる現象へと引き込まれ、悲観するだけに陰惨な現象に相互依存していき、損得で描く保身から、謳われる善悪に幻覚を持ち込み、謀る人物像から、想念にねじ伏せられる倒錯から、監護される自己から、無関心なものが自分自身を疎外し続ける。

 用いられるものとは、依然として空疎なものへと変わり、物事の模様や、染まるだけの意味へと空白を埋めるだけの暇つぶしや、憤懣を用い、物事の摂理に頓挫しては、倒錯する現用から、攪拌される欺瞞に求められる不満足から、粉砕される状態に構築していく過去や、構造的な敗退や、退廃的な物事に遷延していく自己が補完されるだけのイデオロギーが、いつか歪んだものへと変わり、物事に倒錯し、あいまいなままにマインドを奪うだけの意味に意思は奪われ、運命的なものに昏睡し、恒常的な意味に絡まり、加工される義務に拘束され、統治される理由から、こしらえられる規律を抱え、空疎な出来事に固結していくだけに、高潔さは奪われ、用いられる物事に支配的に利用され、溌剌と生き、自由をまとわずに、ただ現れるままを愛する現状に、逃避していく観念は、還元されるだけの意味に退嬰的なものを用いずに、自ら乗り越える先々に迫る後を負い続ける意思から放たれ、乖離していく。