時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

なすりつけあい


 刹那になびく永遠は、正義を持たず、ただたじろぎもたつく永遠に永遠自体が疎外されながら、長らくに住まう感情に疎外されながら、壮大な理論や、アニマを葬り、完全性を歌う限りに滾る言葉も、永遠を忍ばせながら、ほころぶ瞬間に従事し、何事をも遂げる後から迫る雄大な憂鬱や、俯瞰に染みいる観点に踪跡すらも残さずに、多感に広がる遊歩道にメロディーが真理を超え、神秘を根ざし、新品の思いへと陥る先々で接続され、その刹那が永遠へと巻き込まれ、咎められることなく、頃合いに反し、かかずらう瞬間に厭い続ける思いからかけ離れ、デカダンを乗り越え、寛容な世界に引き込まれ、孤独に苛まれずに連動する意識や、連想するものが誇大妄想を乗り越え、孤独を空間に用いずに、簡易な物事に反し、利用されることなく、漠然とした意識に枯渇するだけの退嬰的なものからかけ離れ、改善すべく、泰然として受け入れることごとくに理由すら無く、ただ現れるものに関し、完結的に迫る次元に反し、緩衝する間柄から、緩和する世界や、屠られる以前に統合される意味から、今が軋轢を用い、攻め入る加減に豊かさすら撥ね除け、配備される間に基礎を用い、寛容な時代へと緩衝しては、自我を乗り越え、領地を授けるだけの観念に虐げられずに、自ら選ぶことに間違いすら無く、用いられる善悪こそが、いちばんの悪であり、支配的なものであると宣言し、尖端に嬲られ、安易な意味に膠着し、行動範囲を用いられ、高揚すべき意思に至らずに、この場でセンチメンタリズムに攻め入られ、生命の起源などを謳う限りに求められる答えに差異は生まれ、最たる意味も損なわれる限りに裏切りに従事し、重要な意味を見失い、浄土を謳い、思想的な豊かさにたゆたわずに、用いられる原理に妨げられることに関する原理などに理由が攻め入り、生命自体を見失い、生きるとは、安直な死へと咎められずに、とどまることなく先々に続く限りの意思を突きつけられる現実を乗り越え、反する間に利用される価値などを謳う事に生み出されるものなどが兌換するものが、価値観を捏造し、勘違いを生み出し、簡易な快楽へと誘う逃げ道に倒錯するだけに明け暮れる快楽受容体や、重要な歴史に埋もれるだけの歴史などは、その場で逝き果てるだけに至った形跡を踏み続けるだけの過去へと包括され、些細な出来事に時間を突きつけ、その場で答えにねじ伏せられただけに至った契機を、その場に当てこすり、あいまいな理論で寂寞を奪うだけに、観念的なものに還元される理由がファシズムへと至り、ヒステリックな位置に退嬰的な感情を持ち込み、体系的なものに発信される情報を厭わしく感じずに、寛容な意味へと俯瞰を空間に巻き込みながら、邁進する意識が惰性なものを疎外し、備わる意思に散漫な歴史が鎮座し、惰性に行き交うものが、モニュメントと化し、観点を奪い、物事へと従属する意思が、十全としたものを謳い出し、正当な理由などと押しつける辺りから、築き上げた構造的な何かが邪険にし、意思を遮り、陰鬱なものを抱え、デカダンや、ニヒリズムを抱え込んでは、混濁する意思が、発進する苛むだけのルサンチマンへと変貌を遂げ、打開すべく革命的に至ろうともくろむ意思が、独裁者へと変わり、闊達な革命家が暴力的な理想を掲げ、幼稚な統治を繰り返す以前に陥る革命的な偽善から、独裁者へと偏向していく辺りに生まれる偏りから、快活なものなどは、用いられる善意により疎外され、用いられた正義も、ただの偏りへと至り、あったはずの正義も、あてがわれる理想に偏りを示し、ただの暴力的な思想へと変化していく限りに変換される価値などは、所詮用いられた価値を今に当てこすり、意味を履き違え、端的な理由を疎外させ、生まれる憎悪に偏り続け、垂涎する意識から、自らが見出す未来や理想や価値こそが、正解であると偏った答えに過去をも枯渇させ、誇大妄想的に示す離間から、理由は即座に懸隔を生み出し、改革を謳った快活な理想も、統治しよう、ともくろむ正義が、自然に悪へと転嫁していく意思に遮られていく自身が、自分により操作されるだけに至るような理想に帰巣するシーンの独房へと入り込み、孤独が苛む正論も、物事の整理がつかずに、一貫した偏りを示す辺りに使命感すら奪われ、宿命を謳い、偽善的に示す辺りに祟りなどを謳い、計り知れぬ痛みを抱え込んだ出来合の真実が液状化し、安易な出来事に絵空事を騙り、物事の傀儡として操作する先々に生み出されるものなどは、魯鈍なものであり、偶像崇拝に至り、自らの保身を抱え、可決される理由に流動し、本質すらも見失う辺りに、用いられる場や位置などに本質などは、一切存在しないの、だ。