時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

シンクロ


 密かに思うことが開花し、取り急ぐ必要も無く、ただ連なる意識は、空間や俯瞰に花を咲かせ、悪趣味なものや、閉鎖的な物事に彩りを与え、刹那に輝く質感や、悔悟をため込む浪費されるだけの心身に期待感を孕ませ、慢性的な痛みや、かじかむ思いが、孤独に苛まれ、眠れぬ夜を重ね、不安感を加速させ、思うことだけに重きを置き、接続される観念に居心地の悪さを伝え、退廃的な部分から乖離していく意味合いが、物事の均等さや、文言を孕み、尖鋭的な意味合いに帰巣しては、帰結していく意味が奔走し、混沌へと加工されるギミックや、優劣を決め込み、善悪を連鎖し、端的な理由に捕食されるだけの構造的な好悪や、姦悪へと移行していくだけに爛れる意識は、憐憫などを用い、物事を支配的に交差させ、あわされる点と線は、互いを強固なものにしようともくろむよりも、互いを操作し、互いをツールとして扱うだけに至り、その場で結ばれる愛も、月日がたてば、互いを扱うだけに至り、いたわることを忘れ、わずらわしく思い、応ずることにも変化を捉えず、恒常的に痛む身体に万世は透過されずに、ただ与えられる歴史を受け取るだけの意味から寛容なものを喪失し、齟齬をきたす今にイメージは、同化していくだけに一律の痛みを吐き出し、破壊的な情事に至り、言い分けがましく連鎖し、孤独を利用し、交差する意識は、陰鬱な衝動をため込み、光景に彩る意識的な崇拝や、枢要なものを失い、短絡的な神を扱い、人間の弱さにつけ込み、わかりやすく言い伝える支配から、気配は損なわれ、相似していく今に指定される意味も、支配的なものに変わり、悔悟をため込み、互いを咎める間に対価を求め、与えられる影響から屠られる身体が離人的に傍観する自己顕示欲や、自己嫌悪に至るだけの自己愛から連鎖し、どんどんナルシシズムは加速し、自己分析へと至らずに、自己の中へとため込まれる体系的で利己的な権力へと伝う独裁的な主観が、用いる欲望を本能のままに扱う獣として指定される意味を超越し、自己超克へと至る原理から、利息を支払う原理的な主観に敷衍していく憎悪が生まれ、創造的に至らずに、ただ己の欲望のままに執り行う意味から位置的なものは偶然を装い、自らに攻め入り、凄絶なものを送り込み、応じるものや、ひとつの行いに応用されるだけの原理に懸隔を与え、懐疑的な今や、意味に陥り、横溢する原理に攪拌される無神経な状態に迎合されるだけの愚衆から放り込まれる流儀などが、現在を支配し、最たる意味を見失い、アカデミックなものや、短絡的な政治性などは、個人を謳い、応用されるだけの答えを嗅ぎつけ、懐疑的な日常に迫るニヒリズムや、遊蕩に至ることにより、自由とは、自由と思わずに、ただ与えられる影響を示唆するだけの自由などを超越し、応じる先々で答えを巻き込み、己を唯一として、あらゆる現象を飛び越え、唯一無二や、天上天下唯我独尊などを謳わずに、典麗になびく自己から、自ら、些細な出来事を完璧なものに変え、寛容に世界をすなどる辺りから、世界とは、自らを世界の基軸として、美しいものだけを信じ貫く限りに生まれる創造性は、漫ろなものになびき、相対する時間に取引されるだけの最大の発明である金銭に偏らずに、この命とは、回避する限りに懐疑的なものから逃げ惑い、逃げることにも正しさはあるのであり、誰かが騙る真実などに偏りを示すよりも、自分を受け入れることから、理由とは強固なものに変わり、誰かに騙されずに、、自らの命が、自らの意思だけで輝くことを知り、こじれる後先に生み出される存在に損得などを求めずに、相互する関連から、敢行する意志へと力は唯一の権力を個人に帰還させ、開豁な思いや、滑落せずに、感情が損なわれる限りに根治する意味をミメシスしていく限りに指定される義務を孕む以前に高揚し続ける意識が、意味を掴む以前に、この命とは、自由を用いる以前に自らの弱さを超克し、自らのジレンマを水増しせずに、自らのネガティブに帰巣せずに、センチメンタリズムに離床するだけの思春期の経路から抜け出し、自ずと理解する意味だけが、確かな答えを生み、応じるものなどに魯鈍なものを生み出し、後続する意識は、陰鬱な衝動をため込み、自らの焦土を傍観し、悲しみに暮れる先々を乗り越えるために、自分とは備わるものであるし、探す自分などに、存在の価値を測るだけの者を生み出すだけに、退嬰的に至り、体系的なものに関わるからこそ、自らを見失うのだ、ということに気がつかずに、着せられた意味で着飾る機械的な現在に退く意味などに組み込まれる憎しみだけを兌換するような価値観に屠られるだけの人間などから抜け出し、あらゆる原理を超えた辺りから、産まれる意味とシンクロする。