時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

信じる者の現れ


 届かぬ思いを羽ばたかせ、世界性を掴むまでと、滞らぬ意思は、鮮明な過去をくぐり抜け、倦怠感を攪拌し、用いる半径に戻るものも無く、物事は、ねじれ折れ曲がり、場面を旋回し、選定されるだけの意識に仮想するものを、あたかも本質のように捉える矢先に消え去る物事が、些細な物語を形成し、形骸化する意識や、陰鬱な街並みにこぼす意識的な浄土や、要する形に揺らぐ普遍的な日常こそ、誰かが作り出した形跡でもあるし、誰かが織り成した奇跡でもあるし、やがて溌剌と消え去るだけの心身は、どこにも帰る値を持たずに、反り返る意識は、静謐な預言を繰り返し、観点を奪いながら、永い意識に生後からあふれた意識的な勇敢さで緩衝する先々に対象とする愛を用い、物々しい雰囲気につんけんしながら、追憶に比する価値に簡単に操作されるだけに逍遥し、きらめく草木に関係していく季節的な和毛や、安易な権威を謳い、物事へと疎外されていく意識的な快楽を飛び越え、長じる思いが愚鈍なものを携え分裂的に増やす意識的な横溢から、終わりを用い、言葉を遮る意識から、更迭される意識に迎え入れるべき愛も持たずに、用いられる独善的な作用から、量子的な思いが相乗効果をもくろみ、応じる事柄に整合され、途端に念じることが、咎められずに本当や、本物を謳う限りに、用いられる言葉とは、何かを利用し、要する形に閉じ込めるだけに至り、いたわることを忘れ、ただ途端に支配的なものを用い、物事へと疎外させるためだけに扱われる命に位置的なものが迫り、物事へと咎める矢先に配される愛などの配下に下るだけに、空間的なものに倒錯し、閉じ込められる意識は、形式的なものに疎外され、蒼然としていく意識は、回遊する先々を経巡る間に疎外される己の孤独こそを愛し、貫く意志だけが、意味を掴み、そこかしこで正しさを謳うよりも、要理に相対し、疎外される自らをよろこんで受け入れることにウキウキとし、想念が浮かび、ことごとくを廃絶し、配する愛からあいまいなものを打ち砕き、培うものが、やがて生命を根ざし、ゆだねる愛から、聡明な時に行為をすり込み、伝わる思いがつくづくに迫り、要する形に横溢するものが、正しさを謳う以前に、構築する理由に咎められずに、ただ敷衍する意識が正しさを用いずに、一途につながることごとくを備えるだけに、装備する意識は、抗原を繁殖させ、自らに反する物質として、指定される義務を飛び越え、倒錯する原野に生える物事が俯瞰を覆い尽くし、空間的な荘厳さや、フラッシュバックする過去に隷属するだけの本心に悲惨なここから、快活な動機は、カルマを用い緩慢な罪と罰へと押しやる形式などは、神を操り、神を作っては、独善的な道徳から、たしなむ倫理観に意思を持たずに、ただそこに与える権力の影響だけを頼りに、何かを裁くという意識を生み出した形式から、疎外されるよろこびこそが、孤独を乗り越え、今に与えられる影響に強要されるだけの倫理などは不必要であり、応じる答えに用いられる事柄などは、依然として不潔なままであり、まちまちに備わる答えなどが、故郷を求め、固執する意味に具現化されることだけを頼りに、寄りかかる意味に貸し付ける意思が、改竄し続ける理由に流動する意味が、保身を携え、確かな意味を案じ、軟弱な意識を携え、脆弱なものへと退行していくだけの意識的な終焉に巻き込まれていく形から、酔いしれるだけの意思が代価を求め、退廃的なものへと偏向し、こじれる矢先に苛まれ、最たる意味を損ない、差異を用い、対価へと加算されるだけの現存在に対する値から卑劣な支配は進み、荒んだ意識は、懶惰な意識へと変わり、旋回する意識は、退廃的なものを抱え、貸与されるだけの観念にデカダンなものを用い、ニヒリズムへと陥る先に鬱々としていく思念は、指定される義務的な悲観へと俯瞰を移し、空間的な終わりへと肥大化する苦悩から念じる言葉にねじれていき、提起されるものなどに愚鈍な意識を配備させ、あらがうことから孕むものまでの距離を測り、ただあいまいな支配へと従属し、陥ることから、応じる答えに怯えるだけの虚偽を距離に生み、与えられる倫理などが、今を束縛し、正しいものとは、今に与えられるだけの影響に反さずに、ただ従うことだけに対処される理由が、堆積する物事を批判的に乗り越えずに、拘泥するだけの意識的な正しさに示唆する正しさに、懐疑的なものすら持ち込まずに、物事に瀰漫する不満足に負担する理由などに応じる事柄などに偏執せずに、ただ従うことだけに答えを用いるのだ、と迫る独裁的な主観から、質感は奪われ、執政が下す不吉な理由に妨げられる精神は、抑圧されてることにも気がつかずに、ただ与えられるものだけを上手にむさぼる。