時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

対抗

ロジカルな恋人たちが交わるビートに無垢な感情たちが、立場も捨て去り、あらゆる理由に想起する影に重なる現実も、成否を飛び越え、たばかるものを砕いては、度重なる永遠に描写は無く、病理をたどり、たちまちに現れるものが昇華し、偶像を飛び越え、逍遙する先に悶える意思が青々とし、都会に妨げられるメロディーが零落しては、淀んだ雰囲気に迫る夜の端々から綺麗事や、豪壮なものが投下され、些細な出来事へと分離し、科学的なものから放たれ、はびこる理由に反し、解明する意味が緻密になり、担うべき意味も、悩ましいままに不屈なものを掲げ、意味に反していく記号たる若人たちは、止まらずにたてつく喜びに触れ、複雑で幼稚なギミックに照らし合わせるべき意味すら無関心な様子を装い、要する過程や、融合する先に癒着し、有する過程に意味を残し、今に引き裂かれ、魯鈍なままに至るようなリテラシーや、リミットなどを謳い、半径に装う正義が、後ろめたいものを謳い、体系的なものに誘われ、ないがしろにするものが酷薄し、迫害される先々でアンサンブルを携え、対抗していく先々で乖離し、理解する間に触れ合う激情から、懸隔を携え、安易な考えが縺れ、感性を奪い、現在を束縛するだけに至る退嬰的な日々にいびつなものが迫り、願いで膠着させる今などに建前だけが生まれ、体制的なものに媚びへつらい、平衡を失い、元凶へと倒錯していく節々に迫る嫌悪感が、剣呑なものを抱え、かじかむ先で苦しみなどに浸りたがる。互いは、とがめる場面で行き違い、対する間に敷衍するものが悶え、のさばる意味が普遍性を謳い、背後に迫る鈍麻なものが、まがい物に変わり、関わる間に不謹慎な意味を重ね、取り繕う意味から引き出されるエゴが悲観しては、被害者意識を作り出し、贋物の価値へと引き裂かれる間から不満ばかりが交差する。憂悶する君が妄想する論理的な時計がこころの中でチクタク鳴る。なびく音は、不可思議なエゴを謳い、怠慢な実情に敷衍していくジレンマが、世界性を瓦解させ、解脱する可愛さに敷衍する愛が、間からこぼれ、妄りに迫る窮屈な観念から、観点を奪う闘争へと阻まれる隙間に過ぎ行く試練を乗り越え、あらゆる意味を調達し、自らの罪を乗り越え、確かな意味へと帰り着く。機械的な思いが乖離していく。行き交うジレンマが互いを引き裂き、ひたすらに乖離していく間に迫る苦しみだけが凝縮され、能動する苦しみが悲観的な様相に迫る意味から罪と罰を引き取り、短絡的なペシミズムへと変貌していく。苦しみは、今に厭う限りに疎ましく変貌し、今に偏執していく。違うものがとがめる間に悲観するものが脳裏に浮かんでは、結ぼれへと偏向していくシステム的な汚穢をかぶさり、去りゆく厳寒へと並走していくものが苛立ちを伝え、対比するものが、退廃的に至り、物事を膠着させ、些細な抵抗を生みながら、見出す意味に塞ぎ込み、こだわる今に止まり、今に塞ぎ込み、確かな意味を見失う。支えとは、虐げられた身体からつながり、相対するものが、こじつける苦しみが駆動し、酔いしれる痛みに憚り続ける意思が飲み込む過程から、感じる痛みへと麻痺していく。限界をすぐさま超えて、確かな自分に帰り着くことへの分裂を終え、形成された闇に支配されずに、自らを乗り越える喜びだけが敷衍し、変化するものをとがめずに、途絶えずに執行う意思が到達する今に深まる意味が高揚し、刹那にとどろき、肥大する意味がインタラクティブなものを生み出し、互いに与える影響が、運命的なものすらも飛び越える。飛び越えるとは、今に与えられるだけのものを飛び越え、現実に食い込むものを汲み取る以前に履き違えたものを脱ぎ捨て、自らの見出す意思だけで現実を捉え、確かなものを形成させるための超越であり、確かなものとは、自らが生み出す創造性だけが操作されずに、確かなものを形成させ、些細な出来事に交錯し、互いに絡み合う理由から、理性を損ない、堅実であることにとがめられずに、たちまちにあふれる出来事に踏襲するものが、滔々とし、端的な言い方を秤にかけるだけに打算されるものは、関係性に制度を生み、妄想的な質感に迫る迎合される身体に介する他者から乖離していく倫理観などが、空席を埋め、センチメンタリズムを謳い、妄想的な支配から、独裁的な主観に迫る物々しい影や、禍々しい思念が蠢く乖離した悪魔的なものが生み出す資産などが光景を硬化させる。人の温もりも忘れた先に真実も生まれる。あらゆる論理は、想起される先で真実を見つけ、薄っぺらい真理を打ち砕き、自らの意思に帰り着き、荘厳なイメージをたどり、リリカルに受け取る先にあらゆる意味が生まれ、飛び越える間にとめどなくあふれるものが静寂や正常を超越し、あらゆる意味を調達し、寂れた雰囲気を超越し、抗い続ける先々でたまゆらに揺らぐ不安を超越する先に君は君を見つけるだろうし、狭めるだけの意味を飛び越え、確かな自分に帰り着くの、だ。