時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

夜の圧力


 逃げずに闘う夜道。間隔に近づく普遍的な実情がそこかしこで花開き、悠遠になびく誰かの言葉も、浮遊し、その場で表現を失っていく。枢要な事実などは、その場でバビロンに吸収されるのだ、とラスタマンが語り、フラストレーションをため込んだ思春期の暴走から、天体を泳ぐ傷のある少女がルノアールが羽化させたような風景に記録を残し、その場その場で苛烈な実情を忍ばせ、憂鬱へと併走していく偏頭痛の演奏が促す痛みから、万象に迫る意味とのしのぎ合いから、幾ばくに有する過程から、理論は症状を悪化させるだけに陰鬱は、速度を増し、その場を束縛するだけに至る今とは何か?と欺瞞ばかりで、不満足ばかりを促すルサンチマンどもの至福や、有する価値に引きずられるだけに韜晦する意味などは、固執するばかりで、万端な体制に蔓延る悪意みたいなものをポップなものに変えるべく哲学は存在するのであるし、やがて加勢するだけの意味が、政治闘争の膿へと変わり、偏執するだけの評議を重ねる奴らが、人間という名を記号に変え、安易な数字へと筋交いになる精神構造に嵌め込む南京錠や、情交に馳せる倦怠感に運動的な対立を終え、終末論的に逃走する真理から、生命的な互換とは、悪寒を交えた治らない風邪的な社にまつられる退嬰的な信仰とは、中身も無い習俗であるのだ、と妥当な位置に意味をほころばせるのが、哲学者の役目であると宣言し、鮮明な位置とは、惰性な意味をこぼすだけに混淆され、顕揚し、高揚感の元で止揚していく限りに終わらぬ弁証法的な云云がしくしくと泣き、妄りに浸る原理から、理想は、供給される罪を過剰に受け取り、理論上に排斥されるものを、真実として神経的に入れ込み、適度に飛躍する完全性から、惰性な意味を引き取る限りに、位置を用い、敢行する夜にドメスティックなものを持ち込み、奴隷化し、隷属する風景に愚鈍な象徴たる神か誠かを独善的に消費していくだけの経済的な伴侶や、判然としないおざなりな今をたおやかにすべく、すべては、この夜風になびく下に集まり、革命的で稀有なものへと、あるいは、高次に至り、高尚に帰り着き、つくづくを超越し、自らの意味へと帰結し、寛容に世界を受け取る辺りに微々たるものが重なり、悔悟をため込むだけに惰性な出来事に制圧されずに、自らに重なる軋轢とは、適度に距離を置き、運命的な錯綜から、性差を超越し、嗚咽する夜を抱きかかえるような優雅さに優劣は無くなり、自らの内外で果てる理由がフュージョンし、現行と対立する意思が、足かせを外し、世界と認識するものなどは、今すぐ取り外し、溌剌と弾ける今に時系列すら打ち砕くような鉄槌を用い、静謐を用い、物事をこの場でこぼすだけに、降り注ぐ豪雨や、空虚さに与える影響に迫る暗闇に不当な事実などは、整合されるだけの月日に傾倒し、懸隔が生まれ、倦厭していくだけに至るテクノロジーの呪詛や、路地裏の秘蹟や、貧寒な時代に与える影響と、投影されるだけの大抵の出来事に現れるダメージや、体制にこびうる既得権や、理想論的な作られた奇跡や、ときめく思いが、中庸を持たずに平衡感覚を騙すだけに超克すべき苦しみも、繰り返すほどに快楽に変わるものであり、従うほどに、魯鈍な意識は、路地裏で折り返す夜の闇に吸収される憂鬱に沈み込み、その場にあふれる意味をくみ取れずに、反復するほどに出来事とは、軽くなり、その場で浮遊し、俯瞰を失い、空間的な感覚を削がれ、苛む意識は、視界を失わせ、わずらわしく絡まる先に猥雑な意識が生まれ、レジスタンスへと変わる過激な思想から、観点はルサンチマンに利用され、理論的なニヒリズムに陥り、行動とうたわれるものは、アナクロニズムに陥り、自らをプリミティブなものに倒錯させ、等位を用い、持ち出される平等に騙され、その場で闘争へと至らずに、労働こそが尊いものであるのだ、と妥当な位置から引き出す意味とは、食い込む今に依存し、媒介するほどに、侵蝕される意識は、誰のものでも無く、ただ扇動され、意識的なものに食い荒らされるだけに至る現時点に錯綜する原理がゲリラ化し、虐げられた意識との闘争を始めるべく、ベクトルを怒りだけに持ち込み、持ち替える意味は、今に倒錯し、作成される意味は、今に踏破され、些細な出来事として普遍的な物事に変わり、統合されるだけに至る今に欺瞞を用い、疑問を有さずに、ただ従い、互いに流されていき、咎められては、当てはめられる意味に閉じる現在などに生まれる懸隔などに、自ら嵌まり込むような答えを用い、自らが、自らを苦しめるだけに至る。