時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

帰り道


 帰る意味も持たずに、もたつく身体を遮る日常が、清貧な由縁を携え、モノクロームな大地をさまよい、物事を質感を頼りに、静寂に比する空っぽな悠遠から引き出す午前の陽光が、高揚感を誘い、陰鬱な衝動を昇華させ、ぶつぶつに千切れる要因から、連綿たる私情が有意義なものを携え、整合される月日に、支えすら無くとも、この優雅な瞬間の孤独とは、永遠に貧することなく、永遠を引きずる身体から、ここまでの距離に心象は自らだけに帰還し、そこに有する時間などは、すぐさま飛び越えてしまうからこそ、行動理論的な実情に整合される訳も無く、猥雑な身体が空虚に抗い、説明されるだけに記号的な憂鬱に加速し、ゾディアックに絡まる静謐な夜明けのアナグラムに解放され、関与する間に実現されるものなどは、今に愚鈍なものに変わり、逸するだけに締結する理論上の喪失感や、必然的に絡まる現実が、心ない何かを携え、らいらくなままに空洞化するだけの感情を前衛的に処理し、詩的なほほえみで偶像を包み、無言のままで出口を塞ぎ、うるさい過去を消失させ、創造的な進歩だけが、真理や神秘に触れ、敷衍されるだけの実情に空疎なものを持ち込まずに、用いるべき意味なども、優越感に浸るだけに至り、いたわることを忘れ、いたずらに引きずる過去から、空疎なものを生み出すだけに夜道に這いつくばり、吐いて捨てるほどある愛などに関わるだけに兌換される価値から、斂葬し続けるだけに裂ける次元から、はみ出す愛憎から、過干渉し続ける経路から、緩和しない痛みまでに施される虚偽から、距離感に阻まれ、世界的な清潔感を追い求め、止めどなくあふれる憂鬱が支配する老化するだけの身体を置いていき、負い続けるだけに打算されるだけの真偽に嗄声を促し、運命的な濁流に押し流され、帰らぬ時に鳴き続ける保身が、抱擁を求め、低劣なものが求める報いが信仰を謳い、実現されるものなど、時が告げる激情に瓦解し、果敢に挑むほどに生まれるシンフォニーが心音と折り重なり、加算される心情が、正否を促し、雲散霧消していく日々にニヒリズムを重ね、にじむ由縁に潜む思いが、締結しては、妨げるだけの心情とは、そこかしこに詩的な優劣を生み、アニミズム的な膿に変わり、慟哭を誘い、胸打つ集約から、縮減を折り重ね、整然としていく浮遊感が雲に変わり、空席を埋めるだけの具現化しない訂正から、恬淡に促すものが原子に変わり、希望的観測を終え、簡素に生み出されるあいまいな時代を乗り越え、生じる由縁につくづくは、続けば続くだけの懸隔に変わり、仮想するだけに過疎化し、加勢するほどに軽々しく馬鹿どものワルツに惨禍する最中に用いられるものなどは、愚衆が生み出す休日に関わり、寛容なものを失い、ただ何かを恨むだけのルサンチマンに変わり、ちんたら歩くから、そこに関わり、絡まるほどに補填される憎悪の中での裸の王様として祭り上げられ、奉る意味も、今に阻まれ、配備される間に質感を損ない、生じる由縁が、延々と誠実さを歌い上げ、偽装される真実が、欣然として長け、対比されるだけの心身を乗り越え、信じることこそが、姑息なものから抜けだし、このいらつく無意味さや、収まらぬ怒りに収縮を謳い、奴隷化する日常などに参加せずに、解放を謳わず、自由をまとわずに、このまつわるだけに意味を加速させるだけの包括や、縫合されるほどに邪魔になる空間から抜け出し、時間的に阻まれるよりも、敵意剥き出しに、無為なものや、反するだけに跳ね上がる意志が、適切な力を用い、団体や、個人すらも乗り越え、能動し続ける限りに主体性とは、同一性を求めずに、自我などを乗り越え、混沌としていく意味や、心境に現れる現実を分裂的に乗り越え、些細な出来事を超過し、まさぐる思いが偶像を打ち倒し、偶然に処理されずに、最たる意味にぶつかり、高揚し続ける限りに現れるジレンマに抗い、退廃的な物事に長じる由縁を旋回し、大抵の異物感を吐き出すだけの現存から放たれ、大抵の事実などは、自制するほどに、自我を乗り越えられずに、自らの時間に絡まり、過去に拘泥するだけに至るようなものなどが、あたかも現実のように見え透いたものを生み出し、衰退する時間から、関わる物事が、高尚なものを生み出せずに、惰性なものを吐き出し、加算される現状に相互依存するだけに齟齬するものが軋轢を誘い、そこかしこに善悪を決め込み、優劣に浸り、悲観するだけのものを生み出すだけにはみ出すものが、見出す意味が、今を囲い込み、身動きをとれなくする。