時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

いたわる愛


 沈み込むしじまに折れ曲がる夕べが快楽をたずさえ、物事の段階をのぼり、回収される真理にもとづくセオリーを毒づきながら、戦列を離れ、なあなあな意味から放たれ、あなぐらに隠れ、明けない夜は無いのだ、と日めくり迫る憂鬱の心音や、現存に果てる至福のトレードや、冷然と長ける命が、永遠に綺麗なものをたずさえ、この現前に捌けるものが、征服欲に満たされる以前に、あるいは、金銭たる発明を超える愛をたずさえ、エゴを捨て去り、老化するだけの身体を捨て去り、廃れた思いが安易なデカダンをたずさえ、アンニュイなものを繰り広げる以前に、不当な思いを捨て去り、偏頭痛を抱え、腰掛ける夜の隙間に分裂していく思考から、拘泥していくものをぬぐい去り、定めなどを謳う以前に、召される心情に常用するものなどが卑劣なものを攪拌し、邪推する先々に手入れを加え、抵抗し続ける辺りに至福をたずさえ、訂正されるだけの深夜にあいまいなマインドは、毎日のやかましさから離れ、連動する意識に聡明なものが生まれ、物々しい雰囲気に息吹き返し、不当な位置や、意味に用いられる現実に疎外され、最たる意味を損ない、そこかしこにこぼすノイズや、能動する意識に受理する意味を腐敗させるだけの信用や、要する価値に用いられる聖域や、観点を奪うだけの概念に、蓋然性を用い、征服するだけに至る痛みから、意味は公平性を用い、弊害を生み出すだけに至りるのだ、と妥当な位置に用いられる運命論的な相互依存性から、理念を謳い、奪われる意味から抜き取る意味がジレンマをたずさえ、連綿たる私情へと敷衍していく実情が、地図になり、担う意味を測るだけの意味を軽薄な理論で埋め尽くし、運命的なものへと疎外されるだけの壮大な理論へと懊悩していく順序から逸脱する事こそが、次なる革命へと移行していくものであり、この物語を退廃させるのは、自らのあやまちに罪と罰を重ね、加算される思念に加工されるだけの義務を与え、諦観へと移行していくだけのプロセスにプロパガンダや、がんじがらめな憂鬱や、そぐうだけに相互依存的に処理されるだけの更迭から、しどろもどろになる意識ともどもに破壊工作を繰り返し、空疎な理念へと疎外されては、観念を奪われ、改善されるものが物語る愛の波形や、形容されるものから逃げだし、自らの価値こそが、至福を生み出し、定例とされる慣習から抜け出し、自らの理想こそが、創造的なものを生み出し、さえずる記憶が、結ぶ過去などが結ぶ今などに浮遊し、浮揚する過去などが示す意味が今に拘泥し、枯渇する心情に過去の面影などをこぼす事の魯鈍さから放たれ、自らの意志こそが、契約とされるものから飛び立ち、自らの意味だけにいくばくの猶予をたずさえ、清潔感を用い、物事に権利を謳うよりも、独善的な愛や、へだてる意識に惰性なものが組み込まれ、空疎な理由を捏造し、連綿たる心情へと齟齬していく哀れみから、連動していく思惟や、深層心理にもとづく永劫にひずむ悠然とした実情に果てる真相から、拘束されずに、ただあらがうセンチメンタリズムや、整合される月日に抗い、生命的な語源を追いかけ、生い茂る意味や、横溢する瞬間にあふれる切なさや、刹那に嘆じる君の明晰な思いが、拘束されずに、自らの情調を倒錯させ、遮る宇宙を飛び越え、理性にへだてられ、惰性な位置に意味を滅ぼす以前に、進み続ける現前に課せる意味など無くなる。滞積する悲しみが阻む段差を飛び越え、透徹していく意識に虐げられずに、空席を埋めるだけの演技を終え、自らに帰り着き、あらがう先々にシンフォニーを生み出し、氾濫する意識に草臥れた理想が迫り、リセットを迫るだけに、改まる意識は、言い分けを重ね、願いばかりが先行し、整然とした思いをたずさえずに、昏倒していく意識が諧謔を求め、もとづく意味を飛び越え、不当なものをたずさえる以前に、互いを咎め、他愛ない日々へと移行し、行為に模倣されるだけの人間性や、人徳などを謳うほどに、疑いは晴れず、ただ疑わしいものに虐げられ、思考回路を停止させ、理念へと移行していくほどに、補填されるものなどは、無駄なものばかりだ、と妥当な意味を位置にほころばせ、模倣するだけの意味に陰鬱なものばかりが生まれ、物事を拘束するだけに至る。