読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

君と意味の裏側


 夜が無くなり、感覚になびく悠遠から、束縛されるだけに放たれる間に詰まる愛から、移行していく存在が、心音をたずさえ、空疎な由縁にからまる空洞化していく精神に詰める陰影から、印象は、統監されるだけの憂鬱に支配されるだけの空間的な余りに嬲られ、浸透する意味に無神経な動機を攪拌させ、用いる半径は、やがてやせ細った価値に敢行されるだけの意味に濫觴する存在の残りをかき集めるような対応から、浪費していく価値に均等な意味などは、無意味な意思を攪拌させ、さえずる半径に、散々な動機を攪拌させるだけに牢記する思いも、いつかは毒素に変わり、体系的なものや、組織的なものに隔離され、誰かの権力が横行するほどに、足りないものを補う頼り無い者として、指定される義務に入れ込まれ、混同する意識は、異物感を感じ、大抵の出来事に義務的なものを感じ、物事に葬られ、報じられることごとくに関わり、感情移入しては、訝る思いにがんじがらめになり、寛容に物事を受け入れられずに、隠微な結末に不当な出来事が迫り、狭い価値へと入れ込まれ、連動する意識が転用され、理想を損ない、そこかしこで関連する事業や、昏倒する意味合いに意識的な終わりを聡明な出来事にはめ込み、蔓延る悪意へと転移していく病から、悪意に転換していく日々にニヒリズムが迫り、あらがう感情に即座にヒットする理由も、近似する出来事に相似するほどに、酷使する心身は、同じ動機などをかき集め、革命へと至らぬ形式から、軽視するだけに権限を謳い、用いられる動機に勝利を求めるほどに、魯鈍な支配を受け入れ、運動的なものや、運命的なものに束縛され、齟齬する意識が、攪拌される半径に、革命的なものを用い、戦争へと移行していく意識から、観点は即座に理論を損ない、短絡的な暴力へと阻まれ、蔓延る悪意に兼用していく出来事が、恒常的なものや、相似するだけの物事にデカダンなものを用い、物事を混沌へと引き込み、相乗効果を狙い、強請るだけの愛は、負荷を与え、依存的に互いに適応していくだけの道理に理屈は、消費されるだけの価値に散漫になり、担うべき愛も、強要されるだけの愛から、放たれる儀式的な意識に連綿と綴る意識的な疎外から、聡明な時折に慢性的な痛みを抱え、加算される原理に悲観し、否定的に受け取る見解から、堅持する意味に答礼を繰り返し、応じるだけの答えにメロディーを与え、弛む感情から、応じるだけの答えに道理を移し替えるだけの経済から、同期を執り行い、投影される真実に耽溺し、時代へと依存していくだけの対比から、関係は、対立し、足りないものを補おうと、おざなりなものを嘔吐し、応用されるほどに、吐き気が増し、慢性的な胃病へと変化し、意思を損ない、そこかしこで苦悩を巻き込み、起動修正を施す間に怠慢なものや、犠牲心などを促し、同情心へと逸脱していくシンフォニーから、緩慢なオーケストラへとフラストレーションは連動し、大きな音で静寂を掻き乱し、訝る言動に悽愴な時が迫り、鮮明な意味を掴めずに、この位置に用いられる悲しみに、憎しみが迫り、ペシミズムへと至り、終わらぬ戦争へと駆り立てるルサンチマンへと続く意識的な互換性に攻め入るべき正義も、悪に転移し、互いの対立を祝福するかのような終わらぬ闘争へと狭い意見が、識見を狂わせ、猥雑な意識に迫る世代的な羊歯が備わり、物事を覆い尽くし、出来事を隠し、見えぬ表面を凝視し、物事を独善的に追いかける間に革命の犠牲を謳うだけの革命家が拡散する動機に乱立する風景に用いられる表情に狂わされ、最たる意味を損ない、相続する意識に倦怠感を攪拌させ、配される間にむせび泣く快楽から、解体される真理に原型も無くたゆたう日々ですと詩的にうなだれる精神世界などに終わりを伝えるだけの終末論的な倒錯から、逃避行へと至るような現実的な終焉に周辺は、対立を定期的な提携を強要し、有する価値で強請り、互いをバビロン的な労働へと、あるいはテクノロジーの呪いへと引き込み、根幹を腐らせ、サイファーを失い、引きつる由縁に、かかずらう瞬間が、存在すらも愚鈍なものに変え、出来事を愚鈍なもので染め上げ、無神経に疎外されるだけに関連する無機質な身体を捨てるまでに距離すらも無く、促す主観から超越し、外観に迫る概念を飛び越え、昇華する創造性だけが、意味の味方であり、善悪から超脱し、逸脱するからこそ、君自体は、意味を飛び越え、存在自体を知る。