読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

高次


 省かれ、償いを求めるだけの瞬間に序列を与えるだけの空間的な依存心などが、きらめき果てる主観から、傍観者を生み出すまでの瀰漫や、複製されるだけの真実に隷属していくだけの苦悩から、凡庸なものが膨張し、帳尻合わせるだけに迫る出来合の日々に帰任していく意味合いが、規律を作り出し、運命を迷わせ、備わる意味も、受理する今に俯瞰を授けるだけで、制限を生み出し、用いられる原理に、帰巣する真実から、競争へと対立し、帰り着く意味に昏倒していく今に起源を持たずに、幻想的な理論や、拘束される欺瞞から、憤懣は加速し、解除される理由に去りゆく根源や、マスターピースを求め、帝国主義的な偽装をほどこし、舗装される原理を歩くゲリラたちの夕暮れや、簡素な理由に基づき流動する本質も、真実を見失い、拘束される疑念や、悔悟を謳うだけの理想から、相続するものへと毒されていく駆動から、緩衝していく隙間に垂涎していく苦悩から、空疎な理由に帰依し、浸透する信仰心へと没落していく空疎な人間観に迫る観念論的な悦楽に連想されるものが想念を奪い、観点を寂寞へと放ち、みすぼらしい生き方へと虐げていくだけに安易な理想が疑念を運び、用いられる衝動に攻め入る疑念や、敢行する意志に迫る疑問や、観点を奪う答えにモノクロームな呪いを放ち、運命を謳い、虐げられた思念は、逆算する神経や、さえずる記憶に愚鈍な象徴を与え、すかさず迫る意味合いに疑問符を投げかけ、加点されるだけの関係へと意図を錯綜させ、性差を加え、犠牲を与え、緩慢に攻め入る制限や、尤もなものへと吸収され、森厳な境界へと加算される原因が孔食を繰り返し、生まれる穴からロジカルな相似から、アナグラムは加速し、カオスへと至り、ドメスティックな聡明さや、起源を用い、最たる意味を損ない、そこかしこに重縁を作り出し、織り成す悲劇や、軌跡に結ばれるたゆたう密度や、密接に結ばれるほどに、内部は腐敗する因果や、構築されるものほど、魯鈍なものを生み出し、打算される真理にもとづく弊害や、平静を保とうとすればするほどに、自身の平衡は保たれずに、ただ偏る思念が、生み出す軋轢により、思想とは、歪んだものを崇拝するだけに至り、思想とは、信仰心の変わった業態のようであり、ただ事業的に簡素な思考が生み出す悲劇だけが、自身の中で加速し、見えないプロパガンダに占領され、洗脳されるだけに専横される心身から乖離しない対立から、戒律を生み出す現前に支配されるだけに保とうと攻め入る価値から、観点は、仮装を続け、演技的に社会へと加わり、猥雑な支配は、初々しいものを求め、支配的に制止されるだけに至る抑圧から、欲動する精神は、栄進し続け、つたない革命へと悲劇を加速させる。些細な動機は、安易な闘争へとモチベーションを加速させ、ベクトルは、欺瞞を不満に用い、朦朧とする意識に作成される統合から、道理へと軋轢を加え、自らを密接にさせる済世から、悽愴な意識は、過誤を加え、空洞化したアニミズムを悲劇へと加速させ、仮称する意識に神を用い、物事にうずくまる嘯くだけの思念が関与する理由に整然としていき、行き交う意味に枢要なものを見出すべく、未来を破壊し、蔓延る悪意に鎮座し、座標軸を引っこ抜き、どこにでも居て、どこにも居ないようなあいまいさに没落し、落胆するだけの精神を飛び越え、長じる由縁に引き込まれ、引き出される由縁に生じる事柄に反し、理解を深める以前に貸与する理由に嵩ましされるだけに去りゆく理由に対象とされるものにことごとくは、蔓延る破潰から、毀れる自己から、疑う関係に制限を用い、正義を偽装し、高揚する観点から、底も無く、高尚へと至る昇華から、完全性を保つ死へと膨張していく宇宙の極まりから、汚い動機を吐き出す機械的なニヒリズムが追いやるタナトスに対立し、交換される疑問や、疑念を逍遥させ、制限を持たずに、保たれる均衡に用いられる腐った価値から、機械的な生産性へと注がれる潤滑油や、循環していくだけの機械的な人間を生み出すだけに次元へと呈する理由が硬直し、疑念を運び、蔓延る悪意へと緩衝し、交換される疑念は、偽善的なものを定理に、今を破壊するだけに潰えるものを追従し、自らの異常に気づかずに、移住する先々に提唱するものが、次々に憂鬱を生み出し、悲劇を模倣していく影を背負うだけに高次へと至る道筋は、そのような苦しみすらも超越し、自らへ没落していく限りに上がろうと攻め入る価値や、形に遮られても尚、自ら進む意志だけが、確かな力を加える。