時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

傷痕

恒常的なシステムと対峙する分裂する数字が混沌を巻き込み、創造的な告白を告げる。同族嫌悪へと至る間隔から、感染的に巻き込まれる病が加速し、加工される義務に位置づけるだけの意味に退嬰的なものや、提携される処遇や、偶像的な保身にカタルシスを促し、拘束される原野にプロセスを生み出し、頼り無い時折に結ばれる無数の観念がレジスタンスへと変わり、ニヒリズムを生み出し、ヒステリックな感情や、環境の変化により、安易なもの持ち出すあいまいなマインドから、毎日に突然変哲も無く現れる変遷や、乖離していく理解に服従する真理に求められる答えに引き出されるだけの組織的な崇敬から齟齬していくプロセスに織り込まれていく位置に緩衝していく隙間から、瀰漫する不満足へと倒錯していく限りに逃げだす意味が、答えを用いずに、ただ規範のものや、最寄りのものに寄りかかり、開示される理由に与えられる影響や栄養にねじ曲げられ、散漫な意識に透徹すべき意味や位置を用い、物々しい雰囲気に行き交う理由と対峙し、体系的なものに捕食されるだけの飢渇から、根幹を腐らせ、大抵の意味にリリカルなものを持ち込み、拒絶していく意味に孕むべき愛も、抱擁され、縫合されては、草臥れた雰囲気に隷属し、片側の愛が孕む位置から、意味は進行し、観点を即座に奪い、万世に帰宅する理由が不正に真実をまとい、境界線を謳い、恐喝される原野に贋物の価値を生み出し、加工される義務に偏執していく意味合いが俯瞰を奪い、無感覚のまま緩衝していく間に滾る永遠が足並み揃え、絵空事を挿入し、一貫した暴力へと理性を奪われ、交接する意味合いに季節感を食い込ませ、間違いを改めずに、多面になびく永遠が陰鬱な襞をくぐり、悄然とたたきつけられた身体を利己的に包摂し、高尚へと至らずに、間隔に用いられる独善的な収斂から、冷酷な支配を受け入れる浩然とした意識に問いかける魔物から、沛然たるものが意識を濡らし、意味を受け取る以前に打ち砕かれるこころに愚鈍なものが迫り、清潔感を失い、衰亡する未来に星の名前を知り、緩慢に星と融合する今に規制される意思すら損ない、そこかしこで束縛されるカシオペアの憂鬱や、悠遠に疎外されるアンドロメダの悲劇や、卑下を繰り返し、惨憺たるものに関わる独善的な交合から、高揚感を損ない、即座に理念を奪うだけに緩衝する隙間から、この愛は、羽ばたく意味を知らずに、投げかけられる理由に俯瞰が沈み込み、地図さえ無く、ただ計り知れぬものに横領され続ける生命が嘔吐を繰り返し、疑念を重ねる応答から、統合を目指す精神的な破壊から、製造されるだけの機械的な理由に愚行を繰り返す捏造されるだけの観念や、関係に押し迫る理由から押し出される原理に羽ばたく意味から観念は完結的に混ざり合い、適用しようと敵愾心を用い、関係性に入り組む理由に複製されるだけの原理に加工されるギミックから、理想は、供給されるだけの闇へと悔悟を用い、還元される目的から、兼ね合いながら、内面的な終焉へと舞い込まれ、掻き乱される一瞬に飢渇し、加算される原因に専横されながら、散漫な意識を改造し、緩衝し続ける隙間に埋め込まれる原理を飛び越え、理性を掻き乱すだけの今をギアチェンジする。

次なる目的へと急ぐ位置から、意味は置いていかれ、絡み合う観念は、同じ意味に嵌まり込み、憚る理由に募る意味がゲシュタルト崩壊へと誘い、鏡像段階が持ち出す破壊的な儀式から、自己とは、永久に結ばれずに、当該する理由も、多目的な自己に吸い取られ、衰亡するだけに至る権利に牽引されるだけの認識から、認可される理由などが高潔さを損ない、そこかしこで差異をまとい、満身創痍のままで緩慢にひしめく理由に引きこもり、妨げられる先々で光合成し、行為に基づく衣服を脱ぎ捨て、刹那に嘆じる短絡的な暴徒化から、垂涎し続ける意識が陰鬱な衝動をため込み、たじろぐ意思から、浪費されるだけの観念に悲観するだけの時間から放たれ、利己的な時間にはびこる理屈から離れ、始まる意味などは、始めようとする者の偏った考えから生まれる還元であり、陥穽を生み出し、寛容さを損ない、そこかしこでかじかむ理由から、加減を持たずに、勝ち誇るだけの体系的な勝利から、素因に用いられる物事の懸隔から、還元されるだけの階差から、大差を生み、互いを咎める間に恨むだけの原理が即座に物事に軋轢を加え、空虚さを謳い、原理的な敗退から、退廃的なルーツに蒼然としていく意識的な終わりから、交互していく物事がかこつけるものから、統制されるだけの理屈に権利を生み出す遠因から、永遠性は、言えぬままにいじけて行く定理に育雛から離れて、枢要な慈悲に包括され、解放を目指し、ただ途端に現れるものと対峙し、対象とせずに、伸び続ける意思が、どこかで結ばれ、確かな意味に帰属し、謀る思いを昇華させる。