読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

攪拌


 突拍子も無く促す過去にうなだれる必要すら無く、つたない意識を支える些細な希望が、さんさんと現在を照らして、つたない思いが蔓延る悪意を捨て去り、つたない思いに配備する間にこぼす愛が無限性を伝え、厳正な時に混ざり合い、荘厳な思いへと変化し、仮説をたずさえ、遠因に解け、時間を持たずに、たちまちにあふれるものだけが意味を形成し、垂涎する輩や、たちまちにあふれる感情的な束縛や、相互依存していく意味合いに不潔なものが迫り、負担ばかりを謳い、憤懣ばかりため込み、まかりとおる意味も不当な位置に意味づけるだけに追従したり、呼応したりと忙しいばかりが、世界は、世界として名付けられるだけにつたないものを寂寞に絡め、仮象を眺める本質から、真実は抜き取られ、統合されるだけに兌換される価値から、観点は奪われ、浪費する形や、刹那にとどろく悦楽や、永劫回帰していくシステムや、思想に偏りを示すだけの考えなどが、観点を奪い、運命的なものに緊縛され、均等さや、平等を謳うほどに幼稚な仕組みに関わり、悔悟をため込み、前衛的な意味を損ない、つながる先々に犀利な感覚だけが、陥穽をたずさえ、観念を落とし込み、応じるものに偏屈な問題を授け、偏向していく限りに乖離し、陰る思いが、応用する真実の引力に引き込まれずに連動し、連綿たる様相をたずさえ、監禁される間にジレンマを用い、物事へと不平不満を伝え、機械的な記憶に貪食を繰り返し、淡々と迫る鈍麻なものや、感情的な齟齬から、観点は抑圧や軋轢をたずさえ、今に交わる奇跡すらも否定する。観点は、その場に苦悩を生み出し、全貌にとろける前衛的な関係から、契約や、経過に滅ぶイメージや、接近する感動から、胴体は外れ、宇宙外へと飛び立ち、情緒纏綿し続ける先に戒律を生み出すだけの現時点から放たれ、空間から乖離し、理解を含む以前に包括する愛がラビリンスに変わり、淫蕩な風景に応じる答えに散漫としていく意識的な壊乱から、状態は、剥離し、管理下に置かれるほどに横行する意識的な終末から、鮮明な意識をたずさえ、整合される先々に証明されるものすら認識するほどにほとんど補填される意味に負担を重ね、解除する先々の奴隷として、指定される義務に先行していく意識的な聡明さをほどき、浩然たる態度で胎動へとイメージを引き延ばし、揺らぐ空間にほとばしる感情などは、うるさい御託に過ぎず、貪婪なものが促すだけの飢渇や、記号化する先に生命的な論理や、根底に響くペインや、何小節にも響く音階の恐怖や、競合し、共鳴するだけに競争は激化し、現用に嬲られ、現時点に演技を続け、追憶に比するだけに貧する間にパノプティコンや、膨張する刺激的な過去たる宇宙のはじまりと交わる音と音の悲劇や、貧寒な運命を嘆くだけに苦しみは倍増し、用いるほどに不幸になる的な交わりから、観点は不幸へと束縛され、思う価値が意味を束縛し、観点を奪う結末に至る事を知らずに、万物流転していきエクソダスし、空疎な偉観が生み出す俯瞰から、金銭や卑賤な価値やカタストロフや、ロジカルな訪問者や、即座に臆する観点に寂れていく雰囲気に行き違う思いが、淫靡な結末へと快楽のガイダンスに従い、賛嘆されるほどに保持し、補完するするだけの自己から乖離し、懐疑的な日常へと孤立していき陰湿な結末に関わり、緩衝していく間に事象にからまり、簡素な理由に即席の自由を促し、運命的な疎外感から、感覚は寛容さを損ない、そこかしこに主知主義的に食らいつくビジネスライクな笑顔が氾濫し、反抗を誘わずに、おざなりなままに慢性的な痛みを瀰漫させずに、怒りは間違った法へと知を加速させ、ルサンチマンが支配する地上や、上空を浮くだけの骸が促すリクルートのファッショたちが促す改竄から、改定すべき意味も、意思を失い、意味を損ない、どこまでの悲劇をなびかせ、バビロンへと這いつくばり、自らが正しいもののように刺激していくだけの淫靡な結末に気負うだけの形に規制されるだけの真理にもとづく陰影に隠れる結合から、奴隷化していく今が敢行していく意味に欠乏していく陰鬱さに支配され、浸透していく陰鬱さに囲われ、開示すべきものも偏ったものを表示し、信じるべきは、どこにも無く、そこにあふれるものなどは、卑下する意識だけが加速するだけに至り、自らを少しでも良いものだと見せつけるだけの価値や名前に蔓延る悲劇から乖離し、延々と自らの価値だけに至る。