時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

すり減らす意味


 物事の顛末におとずれる軌跡が自制を求め、抑止され、制限を用い、物事を抑圧し続ける限りに欲動する今に境目を用い、物事を偏執させるだけに統合を求め、投影される出来事に反し、かかずらう激情から短絡的な嘔吐を繰り返す現在に浸る物事に統制されるだけの自己から、嫌悪感を引き出し、悲観するだけに至るような現在に貧寒としたものを重ね、取り柄も無く、投影される出来事に諦観を告げ、続く限りに訂正されるだけの印象から吐き出されるものが当該するものへと訂正を加え、吐き出される現状に迫る由縁が物事を成立させる間にファシズムが迫り、全体主義的にボタンを押すだけに同じような言葉が氾濫し、反応するほどに、魯鈍で愚鈍なものがまき散らされ、言葉は間違いを誘い、応じるだけの答えに堅持するだけの理由に最たる意味を求め、見出すべき意味へと補完されるだけの言葉に軋轢を加えるような輩が支配するネットワークへと錯綜し、最たる意味を失い、損なう限りに陰謀を膨らませ、強調される原理に可決していく意味などがあいまいに縫い付けられ、あたかも真実かのように仕向ける間に思想は硬直し、因果は理論的なものを固執するだけに売る者と買う物が迫り、狭い価値にギミックを与えるだけに低劣なものや俗悪なものが支配するだけの現代社会などと名付ける以前に超越する者は、何も捉えず、何事にも捕らえられずに、自由である事すら厭う限りに憤懣をこぼすだけに交互する意識に構造的なものすら無くなり、心地よい眠りに誘うように現在から逃げずに、脱ぎ出す間から俯瞰は、現状におとずれるものを補完し、行為にもとづく厳令から抜け出し、ほとばしる意味に負担するだけの原因から抜け出し、緩慢な意味や迫るカルマに反し、緩衝する意味の感触だけを頼りにし、大抵の出来事に迫る俯瞰から整合されるだけの物事へとわかりにくい言葉が流行り、寛容に世代を飛び抜け、求める意味に位置を用いる以前に求められるだけの権力闘争へと至るような権威的な哀れから、用いる言葉に緩衝し、均等な意思や意味を用い、平等などを謳うほどに奪われる感覚がメロディーと踊り、応じる答えに不当なものが折檻するだけの世界に織り込まれる理由などが永遠性を謳う、道楽へと浸るような懸隔や、感覚を奪い、観点を疎外するだけの集団意識などに疎外されずに、この場に現れる個人的な見解に迫る憂鬱や偏頭痛のマーチや空間的な有限さに悟るだけのリモートコントロールされるだけの疑問から、愚問を正すほどに悪意へと近づくらしいと虐げる間に視界は奪われ、弛緩する先々で隷属するだけの理論的な有痛へとひた走るマゾヒズムや、空疎な問題に出来合の史実を突き刺す権限からほとばしる悪意に隷属していく毎日に出来合の真実が継続していくだけの日々に悲観するだけの連中が支配するコードやジレンマや人格などが、商売へとひた走り、悲観的に愛する端々にシンフォニーは生まれず、心音すら聞こえずに、ぎこちなく現れ笑うほどに魯鈍なものに陥るだけに些細な出来事は深まる儀式に支配され、儀式の生贄として捧げられるありがとうという無責任な言葉から、あいまいな悲恋へと錯綜していく雑音が鼓膜をくすぐり、憐憫へと施工されるだけの契約的なリミットから、理性は時間論にとどまり、悲観するだけに至り、空間的な紐を手繰り、互いに専横していく意思から抵抗を生み出し、些細な出来事が戦争へと運び出す間に現れる時間的な提唱から終わらない報復が始まる幸福論へと倒錯していく行き過ぎた愛は、ただ悪意を生み出し、憎悪へと至る。

 私は、あなたを勇気づけるべく、もう少し寄り添うべきなのかと、問い質す間が、近づくほどに増える悪意や、憎悪に支配されるだけに至るのだ、と謳う空疎な問題が迫り、可決する理由も、意味を失い、錯綜する原理に帰巣する意味も、母の愛情を見失い、逆撫でする原理に理想を供給するだけの過剰な夢や由縁にかこつける事を信じ込み、きっとでたらめなものを愛し、データ上の事柄を愛し、仮説を信じ、奴隷のように生きるのかと鮮明な過去は、ここに誘導されるだけの普遍性を現金に換え、偽装される原因に独占される現前から吐き出されるものを信じるほどに、緩衝する間に迫る愛から、贋物を集めるだけにあいまいなものが占領し、間接的に迫る憎悪や、観点を奪うだけの専横から、モンスターが徘徊し、破棄する未来が離別し、関係を奪うだけの災害や、最愛に時に比するだけの貧寒なものが迫り、狭い価値に迫る現実から、現行のものに支配され、芝居を続ける先に残るものと言えば、端的な優しさであるのだと請願するほどに、厳寒なものが迫り、現実を喪失し、損なう限りに、この思いとは、応じる答えに尖鋭的なものを集め、寄り添う意味に命をすり減らし、平衡する意識に除外される意味が貸与するものに保身を与え、恬淡にいびつにもだえる意味から意思は遮られる。